十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
スマイルラボの地域づくり..
by タケ at 20:45
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

市の農業振興に大きく寄与し十和田市農業賞を授与


 2月21日、十和田おいらせ農業協同組合本店で「第7回十和田市農業賞授与式」が行われました。
 この賞は、農業経営において生産性の高い経営や計画的な経営改善を実践するなど、地域農業の振興に貢献した個人や、生産・出荷および販売などの共同活動に優れた実績のあった農業者で組織する団体を表彰するもので、今年度で7回目となります。
 今年度は、布施圭治さんが受賞しました。
 式では、主催者を代表し、小山田市長が「市の農業の発展に貢献いただき、新たな分野にも挑戦する姿勢に強く感銘を受けるとともに、支えてこられたご家族や関係者の皆さまのご労苦に対しても、深く敬意と感謝の意を表します。今後ますますのご活躍をお祈り申し上げます」とあいさつし、表彰状を手渡しました。

 受賞者の主な功績などは次のとおり。
・酪農部会長を長年務め、巡回指導を行うなど、地域酪農の飼養管理技術の向上に尽力した。
・生産された堆肥を用いて、地域との耕畜連携による循環型農業を実践し、化学肥料を減らした飼料作物の生産において、粗飼料自給率100%となる自家生産を実践するなど、地域農業に大いに貢献している。

f0237658_16010494.jpg

(写真左から)小山田市長、布施さん



[PR]

# by towada-city | 2018-02-21 16:02 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

血液の安定供給に貢献 平成29年度十和田市献血功労者市長感謝状贈呈式


 2月19日、市役所議会会議室で「平成29年度十和田市献血功労者市長感謝状贈呈式」が行われました。
 この賞は、平成28年度の献血協力団体で献血本数が一定量を超えた団体に贈られるものです。
 今年度は市立南小学校PTA、医療法人泰仁会十和田第一病院に感謝状が贈呈されました。
 小山田市長は、「県内でも献血本数が減少しているなか、当市は献血バス1台あたりの人数がむつ市に次いで第2位となっており、献血に関する広報や場所の提供など多大な協力をいただいているおかげだと感謝しています。これからも献血事業の推進にご協力をお願いします」と話し、受賞を称えました。
f0237658_08592620.jpg
(写真左から)医療法人泰仁会十和田第一病院の工藤千恵子看護部長、小山田市長、市立南小学校の増尾(ますお)敏彦教頭
[PR]

# by towada-city | 2018-02-20 09:00 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

現代美術館企画展「ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学」


 2月9日、現代美術館で、10日から開催される企画展「ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学」の記者会見が行われました。
 ローゼンダールさんは、インターネット空間を発想と表現の場とする、時代の最前線を走るアーティストの1人で、同企画展は、公的な美術館で行う初めての個展です。16パターンの大型映像作品、タペストリー作品、2013年から取り組んでいる言葉の芸術「俳句」、鑑賞者がカーソルを動かして作品の動きを楽しめる映像などでその世界観を表現しています。
 ローゼンダールさんは「作品自体にメッセージはありません。日本人はちょっとしたことにでも喜びを感じる習慣があると思うので、感じる人の受け止め方それぞれで楽しめる作品になっていると思います」と同企画展の内容について語りました。
 会期は5月20日までです。ぜひ足をお運びください。
f0237658_11095229.jpg
新作のタペストリー作品
f0237658_11100782.jpg
展示室をつなぐ廊下に英語の俳句が並べられています
f0237658_11102091.jpg
画面上でタッチパネルを動かし、好きな作品を選べます
f0237658_11103524.jpg
作品を選びタッチパネルを動かすと・・・
f0237658_11104659.jpg
何が起こるでしょうか?
f0237658_11105905.jpg
作家のラファエル・ローゼンダールさん
[PR]

# by towada-city | 2018-02-13 11:13 | ART | Comments(0)

~雪と光のページェント~2018十和田湖冬物語開幕


 2月2日、十和田湖畔休屋特設イベント会場で、北東北最大級の雪祭り、十和田湖冬物語が開幕しました。
 オープニングセレモニーでは主催者を代表し、中村秀行(ひでゆき)(一社)十和田湖国立公園協会理事長が「たくさんの方々のご協力によりこのイベントを開催することができました。今年は初めての試みで3月2~4日に後祭(のちのまつり)も開催しますので、ぜひお楽しみください」とあいさつしました。
 引き続き、西村副市長ら関係者により、陸上自衛隊八戸駐屯地の皆さんが制作した高さ7メートル、幅23.4メートルのメイン雪像「雪龍(せつりゅう)」の点灯式が行われ、オープニングを華々しく飾りました。会場は約3万個のLEDのイルミネーションに彩られ、観光客などが写真撮影を楽しんでいました。
 十和田湖の冬を満喫できる「十和田湖冬物語」は2月25日まで。毎夜打ち上げられる冬花火のほか、温かいスープが飲める「スープストックTOWADAKO」やカクテル・お酒を堪能できる「かまくらBar」、ものづくり工房でのランタン・ひめますアイテム作りなど、大人から子どもまで楽しむことができます。
f0237658_13292142.jpg
メイン雪像点灯式。2018十和田湖冬物語の開幕です
f0237658_13293700.jpg
雪像が点灯され、幻想的な雰囲気に包まれます
f0237658_13294659.jpg
青森・秋田両県の郷土料理が味わえる「ゆきあかり横丁」
f0237658_13295658.jpg
期間中、毎日午後8時から約10分間打ち上げられる200発の花火
[PR]

# by towada-city | 2018-02-05 13:32 | イベント | Comments(0)

上十三・十和田湖定住自立圏第2次共生ビジョンが決定しました

 1月31日、上十三・十和田湖広域定住自立圏市町村長会議が市民交流プラザ「トワーレ」で行われ、圏域の10市町村の首長らが平成30年度から34年度までの5年間の第2次共生ビジョン策定方針の決定を行いました。
 第2次共生ビジョンには、圏域の大幅な人口減少の抑止を「移住促進」や「結婚支援」などにより目指す取り組みや、2次交通の整備・充実に関する取り組みなどが新たに盛り込まれました。
f0237658_13423098.jpg
圏域の10市町村の首長らが一堂に会して話し合いました
[PR]

# by towada-city | 2018-02-02 13:43 | 市政の動き | Comments(0)