人気ブログランキング |

十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2019年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


防災意識の高揚を図る 令和元年度十和田市総合防災訓練

 5月29日、市役所、旧上切田小学校、市立切田中学校(中田孝幹(たかよし)校長)を会場に令和元年度十和田市総合防災訓練が開催されました。
 これは、災害時に各機関と自主防災組織などが連携して防災対策を展開できるよう市が毎年行っているものです。
 訓練は、大雨洪水警報と土砂災害警戒情報発表時に、本県東方沖約100㎞を震源とするマグニチュード9.0の地震が発生し、市が震度6強の地震に襲われたことを想定して行われました。


 市役所では、地震発生後、火災が発生したことを想定した避難訓練と災害対策本部の設置訓練が行われました。


f0237658_14384821.jpg


 その後、旧上切田小学校では、大雨と地震により、切田地区で土砂崩れ被害が発生したことを想定して、市建設業協会による崩壊土砂等撤去訓練、市消防団(第3分団)による水防(土のう作成)訓練などが行われました。
f0237658_14395277.jpg

消防団による水防訓練(土のう作成)
f0237658_14402232.jpg

上下水道部水道課による応急給水訓練



 続いて、市立切田中学校では、生徒らが避難訓練を行ったほか、県防災航空センターの防災ヘリ「しらかみ」による救助・救出訓練、自主防災組織などによる避難所開設・運営訓練などが行われました。
f0237658_14430791.jpg

防災ヘリ「しらかみ」による救助・救出訓練
f0237658_14434101.jpg

県トラック協会上十三支部が運んできた備蓄物資を、バケツリレーで運びます
f0237658_14442138.jpg

市立中央病院災害派遣医療チーム(DMAT)による救急所設置訓練
f0237658_14445547.jpg

十和田消防署による救助・救出訓練



 閉会式では、統監を務めた小山田久市長が「市では消防団の充実や、自主防災組織設立の支援、市内全域に防災無線の整備などを進めていますが、防災体制をより強化するためには、関係機関の皆さんのご支援が不可欠となりますので、今後ともご協力お願いします」と述べました。


by towada-city | 2019-05-31 14:50 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

㈱小原工業十和田香美(こうみ)工房・十和田おいらせ農協が新商品完成を報告

 5月28日、㈱小原工業十和田香美工房の松田美穂子さんと十和田おいらせ農協(竹ヶ原幸光代表理事組合長)の斗澤康広常務理事らが市役所を訪れ、小山田久市長に十和田ミネラル野菜(TOM-VEGE:トムベジ)を活用した新商品「スープ以上 ごはん未満 優しすぎるスープ」の完成を報告しました。
 この商品は、㈱小原工業十和田香美工房と十和田おいらせ農協が連携して開発したもので、日本最大級の食の展示会『FOODEX JAPAN 2019』でも好評だった新しいスタイルのレトルトスープです。普段は廃棄されがちな野菜の皮がはいっていて、かみながら飲むスープとして販売されています。
 松田さんは「味が優しくなるように調理方法を考え、試行錯誤しながら開発した商品なので、おいしく食べていただければ嬉しいです」と話し、小山田市長は「地元産の野菜で商品開発してもらい嬉しいです。十和田をPRできる商品でありがたいです」とお礼を述べました。
f0237658_14360213.jpg
177.png商品の概要
 商品名   「コロコロ大豆ととろ~り長いものりんごスープ」
         「アマランサスと皮までまるごと南瓜(かぼちゃ)スープ」
         「プチプチ赤米(あかまい)と優しすぎるトマトスープ」 
 価格     各450円(税抜き) 
 販売場所   道の駅とわだ、アスパム、八食センターなど
 ※南瓜スープについては、収穫時期の7月上旬販売予定です。
f0237658_14373405.jpg
(左から)開発支援に携わった青森県よろず支援拠点 コーディネーターの山本進さん、松田さん、小山田市長、斗澤常務理事
f0237658_14384294.jpg
トマトスープを試食する小山田市長

by towada-city | 2019-05-29 14:46 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田青空商店組合が寄付

 5月14日、十和田青空商店組合の志田博俊(ひろとし)会長、齋藤たか副会長が市役所を訪れ、春まつり期間を含む桜の時期に露店で募ったチャリティー募金76,225円を市の社会福祉のために役立ててほしいと寄付しました。
 同組合からの寄付は、平成11年度から始まり、今回で17回目となります。
 また、今年は露店開設のほかに、平成に感謝する「平成最後の春まつり記念花火」と新元号を祝う「改元記念花火」の打ち上げのため同組合が募った個人や事業者など110件の協賛により2日間花火を打ち上げ、春まつりをさらに盛り上げました。
 志田会長から目録が手渡されると小山田久市長は「毎年継続していただいてありがたいです。今年も大事に使わせていただきます」とお礼を述べました。
f0237658_17094611.jpg
小山田市長に目録を手渡す志田会長(左)、齋藤副会長
f0237658_17100704.jpg
「平成最後の春まつり記念花火」と「改元記念花火」には合わせて約7,000人の観客が集まりました

by towada-city | 2019-05-15 17:11 | 寄付 | Comments(0)

新規高等学校卒業予定者に対する雇用確保および求人票の早期提出要請

 5月13日、小山田久市長が三沢公共職業安定所十和田出張所の丸山史朗(しろう)所長と共に十和田商工会議所を訪問し、新規高等学校卒業予定者の雇用の確保と求人票の早期提出を要請しました。
 その後、岩間惠美郎(えみお)副会頭が同行し、十和田市建設業協会、上十三電気工事協同組合、十和田おいらせ農業協同組合に対して同様の要請を行い、従業員20人以上の市内企業151社に対しては、市から要請文を送付しました。
 前年度の同出張所管内の高等学校卒業生のうち、就職希望者の就職率は県内で唯一100%であり、就職者206人のうち40人が市内に就業しています。

f0237658_11274599.jpg
小山田市長と丸山所長(左)から要請書を受け取る岩間副会頭(右)

by towada-city | 2019-05-15 11:34 | 市政の動き | Comments(0)

子育て応援フォーラムinとわだ2019~子育てのパパママを応援し隊!~開催

 5月12日、市民交流プラザ「トワーレ」で、子育て応援フォーラムinとわだ2019が開催されました。
 子育て中の人や子育てを応援したい人が集まり、子どもや家庭、子どもの健やかな成長を共に考える一日となりました。当日は、1,254人の親子連れなどがイベントに参加しました。

○当日の様子
オープニング
 小山田市長が開催に当たってのあいさつを述べました。
f0237658_11413502.jpg
市長あいさつ

○基調講演
 講師 NPO法人 JAMネットワーク 高取(たかとり)しづか 代表
 演題 ことば力のある子を育てよう!
     ~これからの時代に欠かせないコミュニケーション力~

 自分の意見や思いを相手に伝わるように話すためのコミュニケーション力を育むプログラム「ことばキャンプ」から、家庭での子どもに対する話し方や、子どもの話の聞き方について講演しました。
 参加者同士で、言葉遣いや聞く態度の違いについて実践する時間もあり、講演は和やかな雰囲気で行われました。
f0237658_11420549.jpg
講師の高取さん
f0237658_11415727.jpg
講演の様子

○パネルディスカッション
 「子育てを大切にするまちを目指して」をテーマに4人のパネリスト(高取代表、NPO法人十和田NPO子どもセンター・ハピたの 中沢洋子代表理事、認定こども園さつき幼稚園 田中眞由美園長、子育て世代パパ 中野雄一郎さん)によるディスカッションが行われました。
f0237658_11421139.jpg
ディスカッションの様子

○その他のイベント
 子育てを応援する関係団体やとわだ産品関係団体などが集まり、展示ブースや子ども向けイベントが行われました。来場した子どもたちは、野菜ソムリエプロの中村陵子(りょうこ)さんと十和田ふぁみりーずによる「親子で学ぼう‼とわだ野菜クイズ」や、北里大学ジャグリング部による「ジャグリングショー」、市の食材を使った料理の試食など、思い思いに楽しんでいるようでした。
f0237658_11423460.jpg
親子で学ぼう‼とわだ野菜クイズ
f0237658_11425849.jpg
北里大学ジャグリング部によるジャグリングショー
f0237658_11430690.jpg
地域子育て支援センターひろば
f0237658_11424967.jpg
市の食材を使った、おいしい!簡単!レシピの紹介

by towada-city | 2019-05-14 11:54 | イベント | Comments(0)

商店街に賑(にぎ)わいを!十和田市の魅力を自販機で発信プロジェクト

 5月8日、市の魅力を広く海外に発信させ、次の世代を担う子どもたちへ受け継ぐことができる魅力ある地域社会の形成を目的として活動している市民団体インバウンド十和田(米内山和正(よないやま かずまさ)会長)による「商店街に賑わいを!十和田市の魅力を自販機で発信プロジェクト」のキックオフミーティングが「14-54」で開催されました。
 この事業は、商店街に人を呼び寄せ、交流人口を増やすことを目的に、商店街地区の新しい魅力づくりの一つとして、たばこ自動販売機を再利用して、市の魅力ある商品を詰め込んだ自動販売機を設置するものです。
 今回の会議では、協力している3団体(十和田市中央商店街振興組合、(一社)十和田奥入瀬観光機構、十和田市現代美術館)の出席者と、自動販売機のデザインや商品の内容などについて意見交換をしました。
 米内山会長は、「アイデアをかたちにしていきたいですし、市民と連動しながら話題を追求し、9月の設置に間に合わせていきたいです」と今後の活動について話しました。
f0237658_13310577.jpg
キックオフミーティングの様子

by towada-city | 2019-05-09 13:35 | お知らせ・募集 | Comments(0)

天皇陛下のご退位および皇太子さまのご即位にあたり記帳所を設置しました

 5月1日、天皇陛下のご退位にあたって天皇皇后両陛下へ感謝を伝えるとともに、皇太子さまのご即位に対しお祝いを伝えるための記帳所を、市役所新館1階エントランスホールに設置しました。
 記帳所は5月2日まで設置し、午前9時から午後9時まで受け付けしています。お受けした記帳は後日、宮内庁へお届けします。

f0237658_09503283.jpg
記帳所の様子

f0237658_09502034.jpg
5月31日まで市役所新館に懸垂幕を掲揚します

by towada-city | 2019-05-01 09:55 | お知らせ・募集 | Comments(0)