十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
スマイルラボの地域づくり..
by タケ at 20:45
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


南部裂織保存会がふるさとづくり大賞受賞


 3月27日、南部裂織保存会(小林輝子会長)が、全国各地でそれぞれのこころをよせる地域「ふるさと」をより良くしようと頑張る団体、個人に贈られるふるさとづくり大賞(総務大臣賞)を受賞したことを小山田市長に報告しました。
 同保存会は昭和50年に設立されてから約40年にわたり、裂織という伝統文化を次世代に引き継ぐため、保存伝承活動に取り組んでいます。長年にわたる活動や、地元の小・中学生や観光客を対象とした裂織体験、作品を地場産品として販売するなど、地域の活性化に貢献したことなどが評価され、今回の受賞に至りました。
 小林会長は「この賞を受賞し、ふるさとのために頑張っている人たちがたくさんいると実感しました。『人づくり』をしなければ活動もできないため、これからは技を伝えるために『人づくり』が必要だと思っています」と話し、小山田市長は、これまでの活動に敬意を表した後、「伝統工芸として、裂織をこれからもつなげてほしいです」と激励しました。

f0237658_16243287.jpg

(写真左から)小野寺枝津子(えつこ)南部裂織保存会運営委員、

 小林会長、小山田市長、十文字恵美子運営委員、和田ヒロ子運営委員



[PR]

by towada-city | 2018-03-27 16:25 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

けんしんよう十和田友の会がチャリティ募金を市に寄付

 3月13日、けんしんよう十和田友の会の大竹正美会長と、県信用十和田支店の山本貢支店長が市役所を訪れ、同会が昨年8月に開催した納涼会や12月の忘年会で、参加者からいただいたチャリティ募金94,692円を、「市子ども夢チャレンジ基金と、児童図書購入費に役立ててください」と述べ寄付しました。 
 同会の寄付は、平成24年度から始まり今回で6回目となります。小山田市長は「毎回ありがとうございます。子どもたちの活動に使わせていただきます」とお礼を言い、同会の篤志に感謝しました。 これまでの市夢チャレンジ基金(子ども全国大会等選手派遣補助金)と、児童図書購入費の寄付金総額は60万円余りとなり、子どもたちのスポーツ・文化の大会参加費用や読書活動に、今後役立っていきます。

f0237658_16195860.jpg
(写真左から)山本支店長、大竹会長、小山田市長、丸井教育長


[PR]

by towada-city | 2018-03-20 16:23 | 寄付 | Comments(0)

『開拓』『報恩』『叡智(えいち)と実践』『不撓不屈(ふとうふくつ)』の精神を胸に刻み社会へ巣立つ~北里大学学位記授与式~

 3月8日、市民文化センターで北里大学学位記授与式が行われ、獣医学科、動物資源科学科、生物環境科学科の学部生332人と大学院獣医学系研究科生22人に学位記が手渡されました。
 式で、伊藤智夫学長は「仕事ができて人のために働ける『いい人』になってください。北里柴三郎先生やノーベル賞を受賞した大村智先生は、世のため人のため人類のために働いたことが評価されています。人のために働くという北里大学の伝統をみなさんも継承していってください」と式辞を述べました。
 卒業生を代表し、獣医学科6年の櫻田晴子さんは「人のために、社会のために、そして動物たちのために本学で学び、経験したことをこれからの社会に活かしていきます。そして、支えてもらった方々に恩返しできるように精進していきたいと思います」と答辞を述べました。
 式終了後には、文化センター前で卒業を祝う在学生が、花束や記念品などを手渡し、卒業生に感謝の言葉を伝える光景が広がりました。
f0237658_17334802.jpg
学位記を授与される卒業生
f0237658_17340559.jpg
式辞を述べる伊藤学長
f0237658_17342098.jpg
答辞を述べる櫻田さん
[PR]

by towada-city | 2018-03-08 17:34 | 学校・教育委員会 | Comments(0)

3月6日付け市ブログおよびフェイスブックでお知らせした桜田マコトさんのニューヨークのカーネギーホールへの出演日の訂正のお知らせ

 3月6日に市のブログおよびフェイスブックでお知らせしました出演日に次のとおり誤りがありました。

【誤】7月30日
【正】7月10日

 お詫びして、訂正します。

 なお、市のブログおよびフェイスブックの日付は訂正済となっていますことを併せてお知らせします。
[PR]

by towada-city | 2018-03-07 09:42 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田流鏑馬(やぶさめ)観光連盟がアメリカアトランタでのさくらまつりで流鏑馬を披露することを市長に報告


 3月6日、十和田流鏑馬観光連盟(上村(かみむら)鮎子会長)が市役所を訪問し、アメリカの在アトランタ日本国総領事館から招待を受け、3月24日・25日(現地時間)にアトランタ近郊で行われるさくらまつりで、流鏑馬デモンストレーションを披露することを報告しました。
 上村会長は、「現地の人に十和田市へ来ていただき本物の桜流鏑馬を見てもらえるよう、アメリカで流鏑馬などの伝統文化や青森県、十和田市の魅力を十分に紹介したいです」と話し、小山田市長は、「大きな役割を持って現地へ行くことになるので、海外のおもてなしも学んでいただき、市へも足を運んでもらえるようなアピールを期待しています」と激励しました。
 現地では、流鏑馬デモンストレーションのほかに、大学や高校での講演や乗馬関係者との交流会も予定されています。
f0237658_08374942.jpg
現地へ持参する流鏑馬の教本やパンフレットについて小山田市長に説明する上村会長
f0237658_08375733.jpg
(写真左から)十和田流鏑馬観光連盟の中村悟調教師、小山田市長、上村会長
[PR]

by towada-city | 2018-03-07 08:39 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

安全・安心なまちづくりのため道路照明灯を寄付


 3月6日、電気を通じて地域社会の明るく、安全・安心なまちづくりを支援しようと、東北電力㈱と㈱ユアテックが、LED道路照明灯1基と取り付け工事一式を寄付するため、小山田市長を訪問しました。
 取り付け場所は三光ボルト付近交差点(東十二番町)です。この日訪れたのは東北電力㈱堤幸治(こうじ)十和田営業所長、同前田修克(まえたのぶかつ)総務課長、㈱ユアテック夏坂直樹十和田営業所長、同三津谷(みつや)勉副所長の4人。「市の安心安全のために役立ててください」と小山田市長へ目録を手渡すと、市長は「毎年ありがとうございます。設置場所は事故が多い場所と聞いていますので、大変助かります」と感謝の言葉を述べました。
 同寄贈は昭和40年から始まり今年で53年目、今回が512基目の寄贈となります。
f0237658_08342589.jpg
LED道路照明灯1基を寄付する東北電力㈱の堤十和田営業所長
f0237658_08343685.jpg
取り付け工事一式を寄付する㈱ユアテックの夏坂十和田営業所長
[PR]

by towada-city | 2018-03-07 08:36 | 寄付 | Comments(0)

桜田マコトさんがニューヨークのカーネギーホールへの出演決定を市長に報告

 3月6日、市内在住のアーティスト桜田マコトさんと「桜田マコトカーネギーホール出演を応援する会」の皆さんが、市役所を訪問し、桜田さんが7月10日にニューヨークのカーネギーホールで行われる「Kajiki’s Artist Show/花と音楽の祭典」に出演することを報告しました。
 この出演は、IFA国連NGO・OCCAMプロジェクトが行った「ラジオブロードウェイ~葛飾から世界へ羽ばたくアーティスト~カーネギーホール Kajiki’s Artist Show」の出演オーディションにおいて、桜田さんが優勝したことで決定したものです。
 桜田さんは、「オーディションでは、東日本大震災後の復興にかかわる取り組みや、地元十和田を盛り上げる取り組みなども評価されたと思います」と優勝の要因を話し、「地元十和田を大切に思う想いものせて、公演をしてきたいです」と意気込みを話しました。
 小山田市長は、「歌はもちろんのこと、日頃の活動や桜田さんの人徳が評価されたと思います。すばらしい公演を期待しています」と激励しました。
 また、「桜田マコトカーネギーホール出演を応援する会」が、桜田マコトさんの公演を多くの人に体験してほしいとのことから、カーネギーホールでの公演後の8月10日午後6時から市民文化センターで桜田さんのコンサートを開催することを予定しています。
 市の誇りであるアーティスト桜田マコトさんの出演を応援し、公演を聴いてみませんか。
f0237658_16050440.jpg
桜田マコトさんと小山田市長
f0237658_16052640.jpg
人を大切に思う気持ちを歌った「First Love~この地球のどこかで~」をカーネギーホールで披露したいと伝える桜田さん
[PR]

by towada-city | 2018-03-06 16:06 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

市立中央病院の米永一理(よねながかずみち)医師が医学をわかりやすく講演~市健康都市宣言推進講演会~

 2月28日、市民文化センターで市健康都市宣言推進講演会が行われました。
 講演会は、市立中央病院総合内科の米永医師が「なるほど医学~こうイメージすればわかりやすい!~」というテーマで行い、市内外から約300人の聴講者が訪れ、講演に耳を傾けました。
 米永医師は、糖尿病を「血液中に金平糖がたくさん流れている状態」とイメージさせたり、高血圧の血管の状態を「硬くなったゴムチューブ」とイメージさせたりすることで、難しい医学知識をわかりやすくユーモアを交えて話し、聴講者を飽きさせない講演を展開しました。
 講演の中で「患者さんに納得できる人生だったと思ってもらえるようにサポートすることが医療の1つの役割であると思います」と医師としての考え方を話し、講演の結びに「あなたの幸せが周りを幸せにします。人生を楽しみましょう」と聴講者に伝えました。
f0237658_17305827.jpg
親しみのある語り口調で、聴講者を引き込む米永医師
f0237658_17311316.jpg
聴講者に質問をなげかけ、笑いを誘ったりし、飽きさせない講演を展開しました
f0237658_17312707.jpg
約300人の聴講者でホールが埋め尽くされました
[PR]

by towada-city | 2018-03-01 17:32 | 健康 | Comments(0)