人気ブログランキング |

十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:報告・受賞・贈呈( 315 )


三中陸上部選手が全国大会出場を市長に報告

 8月8日、市立三本木中学校(佐々木俊弘校長)陸上部の畑中常似(じょうじ)くん(3年)らが市役所を訪れ、8月21日~24日に大阪市で行われる「第46回全日本中学校陸上競技選手権大会」と10月11日~13日に川崎市で行われる「第50回ジュニアオリンピック陸上競技大会」の個人110メートルハードル競技に出場することを小山田久市長に報告しました。
 畑中くんは6月29日~30日に青森市で行われた「第65回全日本中学校通信陸上競技青森大会」共通110メートルハードルで14秒45の大会新記録で優勝し、選手権大会などへの出場権を獲得しました。また、7月14日~15日に青森市で行われた「第70回青森県中学校体育大会夏季大会」共通110メートルハードルでも14秒40の大会新記録で優勝し、8月5日~7日に福島県福島市で行われた「第40回東北中学校陸上競技大会」にも出場しました。
 畑中くんは「与えられた時間にきっちり練習し、休む時はしっかり休むことを心掛けています。日ごろから家族やさまざまな人に支えられているので、恩返しできるよう全国大会で頑張ってきます」と抱負を話しました。
 小山田市長は「0.1秒でもタイムを縮めるというのは、本当に大変なことだと思いますが、練習を積めばトップクラスになれると思います。夢を持ち続けて頑張ってほしいです」と激励しました。
f0237658_10081460.jpg
(左より)伊藤翔太陸上部顧問、畑中くん、小山田市長

by towada-city | 2019-08-09 10:09 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

「十和田スリー☆スターズ」準優勝を報告

 8月7日、十和田スリー☆スターズ スポーツ少年団(高渕義幸育成会会長・山辺健二監督)の選手らが市役所を訪れ、7月27日から30日に高知県高知市で開催された「第9回龍馬旗争奪西日本小学生野球大会」で準優勝したことを小山田久市長に報告しました。
 同スポーツ少年団は、平成30年11月23日から12月9日に弘前市の克雪ドームで行われた青森県ジュニア学童野球選手権2018の本戦トーナメントで3位となり、西日本小学生野球大会の出場権を獲得しました。
 全国から66チームが参加した「第9回龍馬旗争奪西日本小学生野球大会」では、4日間で6試合(第2戦は不戦勝)というタイトなスケジュールの中、決勝まで全試合0点で抑える好成績を残し見事、準優勝に輝きました。また、同大会では開会式で入場行進や大会へ臨む姿勢が特に素晴らしいと評価された3チームに授与される「ベストマナー賞」も受賞しています。
 キャプテンで10番の斉藤洸太(こうた)くん(三本木小・6年)は「3回戦で1番バッターとして初回にランニングホームランを打ち、チームを勢い付けることができて良かったです。準決勝まで相手を0点で抑えることができ、チームが一つとなって戦うことができたので嬉しかったです」と話しました。
 小山田市長は「全国レベルの大会で準優勝は素晴らしいことです。これからも自信を持って何事にも取り組んでください。準優勝おめでとうございます」と選手たちを労い、丸井英子教育長は「皆さんの態度は立派で、十和田スリー☆スターズで得た経験を通して、身体だけでなく心もたくましく成長しているのが分かります。今後の活躍も期待しています」と選手たちに伝えていました。


 十和田スリー☆ スターズは市立三本木小学校(坂本稔校長)、市立北園小学校(三上和一校長)、市立南小学校(内山幸治校長)、市立ちとせ小学校(今井昇校長)の4校の児童で構成されるスポーツ少年団です。
 今回、準優勝したことで令和2年に開催予定の「第10回龍馬旗争奪西日本小学生野球大会」への出場権も獲得しました。
f0237658_08335700.jpg
大会での貴重な経験を話す十和田スリー☆スターズの皆さん
f0237658_08343038.jpg
小山田市長、丸井教育長と記念撮影


by towada-city | 2019-08-09 08:46 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田レスリングクラブの選手らが全国大会優勝などを教育長に報告

 7月29日、十和田レスリングクラブの選手らが、7月26~28日に和歌山県和歌山市で開催された第36回全国少年少女レスリング選手権大会において、優勝などの好成績を残したことを丸井英子教育長に報告しました。

◆大会結果◆
 177.png女子の部4年生26kg級 3位
  米田 莉緒(よねた りお)さん(七戸小)

 177.png女子の部4年生28kg級 3位
  菅原 美紅(すがわら みく)さん(ちとせ小)

 177.png女子の部4年生++36kg級 優勝 
  齋藤 寧彩(さいとう ねいろ)さん(三本木小)

 米田さんは「練習後、ご褒美のアイスが食べられることを楽しみに毎日頑張っています。得意のタックルをもっと練習したいです」、菅原さんは「たくさん練習をしているので勝てると思っていました。普段から、自分が出場した試合のDVDなどを見て、さまざまなことを研究しています」、齋藤さんは「対戦相手を見て優勝する自信がありました。昨年に続き2連覇できて嬉しいです」とそれぞれ話してくれました。
 丸井教育長は「勉強もしながらレスリングでも好成績を残していて素晴らしいです。家族の応援があってこそのことなので、これからも家族に感謝しながら頑張ってほしいです」と激励しました。
f0237658_10395809.jpg
(左から)十和田レスリングクラブの清水目(しみずめ)伸監督、米田さん、齋藤さん、菅原さん、丸井教育長


by towada-city | 2019-07-30 10:43 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田ジュニアハンドボールクラブが全国大会などへの出場を報告

 7月25日、十和田ジュニアハンドボールクラブの選手らが市役所を訪れ、小山田久市長に、男子チームが全国大会、女子チームが東日本大会へそれぞれ出場することを報告しました。
 男子と女子チームは、6月9日に野辺地町立体育館で行われた令和元年度第2回青森県小学生ハンドボール大会兼第32回全国小学生ハンドボール大会県予選会兼第2回野辺地町ハンドボール協会長杯小学生ハンドボール大会で、それぞれ優勝し各大会への出場枠を勝ち取りました。
 男子チームは8月1日から5日にかけて京都府京田辺市(田辺中央体育館と同志社大学デイヴィス記念館)で開催される第32回全国小学生ハンドボール大会へ、女子チームは8月23日から25日にかけて山形県東根市(東根市民体育館)で開催されるチェリーカップ第27回東日本小学生ハンドボール大会へ出場します。
 男子チームのキャプテン酒井悠李(ゆうり)くん(北園小・6年)は、「全国大会は強いチームが集まっているので、チーム一丸となって強いチームを倒し『十和田』の名を広めたいです」と話し、女子チームのキャプテン中野渡彩純(なかのわたりあすみ)さん(南小・6年)は、「普段、(練習や試合で)コーチから教わっていることを生かして、みんなで強いチームに勝ちたいです」とそれぞれ初の全国大会や東日本大会へ向けての意気込みを話しました。
 小山田市長が「日頃のつらい練習は自分たちを精神的にも肉体的にも強くするためのものです。今までの練習で身に付けた技を出し切れば、全国大会などの大きな大会でも良い成績を残すことができると思います。自信を持って普段どおりの力で試合に臨めばきっと大丈夫。頑張ってください」と激励しました。
f0237658_16554501.jpg
子どもたち一人一人の意気込みを小山田市長は熱心に聴いていました
f0237658_16555416.jpg
小山田市長を囲んで記念撮影
f0237658_16561955.jpg
報告を終え、やっとリラックス

■男子チーム(男子の部(4年生以上)選手)指導者:前山 雄一
 酒井 悠李くん(キャプテン)
 榊 來飛(らいと)くん(北園小・6年)
 中村 凌太郎くん(西小・6年)
 仁和 礼王(れお)くん(東小・6年)
 櫻田 大智(だいち)くん(ちとせ小・5年)
 高村 周明(しゅうめい)くん(東小・5年)
 滝田 陽人(はると)くん(東小・5年)
 荒尾 洸太(こうた)くん(北園小・5年)
 前山 颯太朗(ふうたろう)くん(南小・5年)
 三浦 大樹(だいき)くん(ちとせ小・5年)
 川村 芽久(がく)くん(三本木小・5年)
 石井 愛琉(あいる)くん(北園小・5年)
f0237658_16563828.jpg
男子チームの選手たち

■女子チーム(女子の部(4年生以上)選手)指導者:櫻田 歩(あゆみ)
 中野渡 彩純さん(キャプテン)
 末田 蒼空(すえた そあ)さん(東小・6年)
 長谷川 朱羽(しゅう)さん(藤坂小・6年)
 江渡 愛莉(あいり)さん(藤坂小・6年)
 小又 七海(ななみ)さん(西小・6年)
 中野渡 芭奈(はな)さん(三本木小・6年)
 清水目 寧々さん(南小・6年)
 櫻田 陽奈(はるな)さん(北園小・5年)
 伊沢 未都(みと)さん(東小・5年)
 佐々木 優奈(ゆな)さん(東小・5年)
f0237658_16564726.jpg
女子チームの選手たち(指導者の櫻田さんと一緒に)


by towada-city | 2019-07-29 17:03 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

外国語指導助手(ALT)が退任の報告に市長を訪問

 7月19日、外国語指導助手として市内小・中学校で英語を教えてきたサーミエント・マイケルさん(カナダ出身・5年在任)、カークランド・ゾーイさん(オーストラリア出身・4年在任)、スノッディー・ジェニファーさん(英国(北アイルランド)出身・1年在任)が退任することを小山田久市長に報告しました。
 小山田市長から「一番の思い出は何ですか」と質問されると、マイケルさんは「この5年間、十和田でたくさんのイベントを楽しんできました。一番の思い出は、太鼓を担当した秋まつりです」と話し、ゾーイさんは「小学校での子どもたちとの授業が一番心に残っています。小学校の先生になりたいので、これからは米国で教育の勉強を頑張ります」と語り、ジェニファーさんは「温泉が好きで県内の温泉を巡ったことです。十和田の温泉も大好きで、週2回通いました」と十和田市で過ごした思い出について話しました。
 小山田市長は「子どもたちも皆さんから教わったことが楽しい思い出になっていると思います。今まで本当にありがとうございます。退任は残念ですが、機会があれば、十和田に遊びに来ていただければありがたいです」と感謝の言葉を述べました。

f0237658_18341798.jpg
市長に十和田市の思い出などを話しました

f0237658_18342860.jpg
記念撮影(左から)マイケルさん、小山田市長、ゾーイさん、ジェニファーさん

by towada-city | 2019-07-23 18:38 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

志道館剣道少年チームが全国大会出場を市長に報告

 7月18日、志道館剣道少年チーム(大木春男代表指導者)の皆さんが市役所を訪れ、7月29日、30日に日本武道館で行われる「第54回全国道場少年剣道大会」へ出場することを小山田久市長に報告しました。
 志道館剣道少年チームの皆さんは、4月29日に青森市で行われた「第43回青森県道場少年剣道大会兼第54回全国道場少年剣道大会県予選会兼全国道場少年剣道選手権大会(第44回賞・中学生男子の部)県予選会」で、小学生団体で優勝、中学生団体でベスト4入りし、そろって全国大会出場を果たしました。
 小学生大将の佐々木嵐くん(ちとせ小・6年)は、「全国大会では全力で戦いたいです」、中学生大将の畑中獅童(しどう)さん(三本木中・3年)は、「周りの雰囲気にのまれず、自分の試合をしっかりできるよう頑張りたいです」とそれぞれ意気込みを話しました。
 小山田市長は「自分の力を十分に出し切れるように頑張ってきてください。志道館、十和田市の名前を全国に知らせてきてほしいです」と、激励しました。

■小学生団体の部選手(監督:畑中 健一、選手名は県大会時の先鋒から大将の順)
先鋒:長根 隆三(りゅうぞう)(三本木小・4年)
次鋒:高橋 一華(いちか)(東小・5年)
中堅:小野寺 彩琉(いろる)(三本木小・6年)
副将:石田 佳乃子(かのこ)(北園小・6年)
大将:佐々木 嵐(ちとせ小・6年)

■中学生団体の部選手(監督:松村 明昇(あきのり)、選手名は県大会時の先鋒から大将の順)
先鋒:星川 裕哉(三本木中・2年)
次鋒:下田 健人(けんと)(東中・3年)
中堅:戸間替 大翔(まさと)(三本木中・3年)
副将:秋元 大晴(たいせい)(三本木中・2年)
大将:畑中 獅童(三本木中・3年)

f0237658_08414948.jpg
「次につなげるような試合をしたい」と抱負を語った志道館の皆さん


by towada-city | 2019-07-22 08:43 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田STC(ソフトテニスクラブ)が全国大会出場を市長に報告

 7月18日、十和田STC所属の苫米地空隼(そらと)くん(藤坂小・6年)と櫻橋仁力(さくらばし にちか)くん(六戸小・5年)らが市役所を訪れ、7月25日~27日に栃木県那須塩原市で行われる「第36回全日本小学生ソフトテニス選手権大会」へ出場することを小山田久市長に報告しました。
 苫米地くんらは、6月8日においらせ町で行われた「令和元年度青森県小学生ソフトテニス選手権大会兼全日本小学生最終予選会」個人戦(ダブルス)の部で準優勝し、全国大会出場を決めました。
 週3回の練習と、大会前の強化練習で力をつけた2人は「全国大会では練習以上の力を出せるよう頑張りたいです」と今大会に懸ける思いを話しました。
 小山田市長は「力がある選手たちなので、全国大会では普段以上の力を出せると思います。応援していますので頑張ってきてください」と激励しました。
f0237658_08395610.jpg
(左から)小山田市長、櫻橋くん、苫米地くん、丸井英子教育長


by towada-city | 2019-07-22 08:40 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

未来の科学の夢絵画展 文部科学大臣賞受賞を報告

 7月18日、市立南小学校(内山幸治校長)の新関琥太郎(にいぜき こたろう)くん(5年)が、「第41回未来の科学の夢絵画展」で文部科学大臣賞を受賞したことを小山田久市長に報告しました。
 この絵画展は「未来の科学の夢」を子どもが自由な発想で表現することで、科学的な探究心や想像力を伸ばすことを目的に開催されているものです。今回は全国から8,069点の応募がありました。
 新関くんの作品は「折り紙電池」。折り紙のように折ったり、切ったりしてさまざまな形に変身する電池を描きました。災害時でも役に立つように太陽光で充電でき、紙のように薄く、軽いので保管場所も取りません。
 新関くんは「お父さんが東日本大震災の災害派遣で被災地に行ったときに、電気が使えなく多くの人が困っていたという話を聞き、この作品のアイデアが浮かびました。10月下旬にインドネシアでこの絵画展の世界大会があるので、そこで発表できるのが楽しみです」と話していました。
 小山田市長は「おめでとうございます。昨年は妹さん(乃英(のえ)さん、南小・2年)もこの絵画展で発明協会会長賞を受賞したとのことで、兄妹そろっての受賞は素晴らしいです。世界大会でも立派な姿を見せてきてください」と受賞を喜んでいました。
f0237658_08372098.jpg
小山田市長に絵の説明をする新関くん(右)
f0237658_08373086.jpg
(左から)小山田市長、新関くん、妹の乃英さん、丸井英子教育長


by towada-city | 2019-07-22 08:38 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田南卓球スポーツ少年団が全国大会出場を市長に報告

 7月18日、十和田南卓球スポーツ少年団の岡田彩郁(あい)さん(南小・2年)が市役所を訪れ、7月26日~28日に神戸市で行われる「全農杯2019年全日本卓球選手権大会」へ出場することを小山田久市長に報告しました。
 岡田さんは、5月19日に黒石市で行われた「全農杯2019年全日本卓球選手権大会青森県予選会」バンビ(小学2年生以下)女子の部でベスト10入りし、初の全国大会出場を決めました。
 「全国大会は緊張しますが、まだ対戦したことのない相手にも勝って、ぜひ優勝したいです」と意気込みを語った岡田さんに対し、小山田市長は「普段の練習の成果を生かして、優勝目指して頑張ってください」と激励しました。
f0237658_08350691.jpg
(左から)小山田市長、岡田さん、丸井英子教育長
f0237658_08351458.jpg
市長に卓球のフォームを披露しました


by towada-city | 2019-07-22 08:36 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

㈱青森銀行・「小さな親切」運動青森県本部が新庁舎落成記念で寄贈

 7月3日、㈱青森銀行の成田晋(すすむ)取締役頭取らが市役所新庁舎落成を記念し、「ホールクロック」(時計)を寄贈しました。併せて、㈱青森銀行が事務局を務めている「小さな親切」運動青森県本部(成田晋本部長)からも車いすが寄贈されました。
 「小さな親切」運動とは、「できる親切はみんなでしよう それが社会の習慣となるように」をスローガンに活動している団体で、青森県本部の会員は現在2,500人います。同団体では、春のクリーン大作戦で官庁街通りを清掃したり、車いす寄贈運動で、市内の福祉施設や病院などへ車いすを寄贈する活動をしています。
 成田取締役頭取が「新庁舎とともに新たな歴史を刻んでほしいという思いから、ホールクロックを寄贈しました。車いすは、高齢者や体の不自由な人にも開かれた社会になるように活用していただければと思います」と述べると、小山田久市長は「ありがとうございます。大切に使わせていただきます」とお礼を述べました。
f0237658_17011673.jpg
記念撮影する小山田市長(左)と成田取締役頭取

by towada-city | 2019-07-03 17:02 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)