十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
スマイルラボの地域づくり..
by タケ at 20:45
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:イベント( 590 )


現代美術館開館10周年記念企画展「毛利悠子:ただし抵抗はあるものとする」

 11月3日、現代美術館で10月27日から開催されている企画展「毛利悠子:ただし抵抗はあるものとする」の作家である毛利悠子さんのトークイベントが行われました。
 毛利さんは、展示空間全体を作品に変えるインスタレーションという手法で創作活動を行っており、その作品は、はたきやスプーン、空き缶など日常生活で目にするものを使い、電気や磁力、空気の動きなど、普段は目に見えないエネルギーの存在を明るみに出したものとなっています。
 今回の企画展では、アンモナイトからケーブルのより線を使ってさまざまなレベルで見られる渦や回転、螺旋(らせん)階段や音響を使った大規模な彫刻作品、そのほか、映像を使った作品や、版画作品を展示しています。
 毛利さんは、「今回展示している大型彫刻作品『墓の中に閉じ込めたのなら、せめて墓なみに静かにしてくれForV.T.』は、これで完成ではなく、企画展の期間中にも変えていきたい。映像作品もまだまだ、使っていない映像があるので違う映像も見せたい」と語っていました。
 毛利さんにとっては初の美術館での個展となる、この企画展の会期は来年の3月24日までとなっています。
 皆さんもぜひ足を運んでみてください。
f0237658_11423240.jpg
音響を使った大規模な新作彫刻
『墓の中に閉じ込めたのなら、せめて墓なみに静かにしてくれForV.T.』
f0237658_11425283.jpg
『ただし抵抗はあるものとする』
f0237658_11430518.jpg
渦や螺旋、回転をテーマにした版画作品
f0237658_11432096.jpg
作家の毛利悠子さん
[PR]

by towada-city | 2018-11-05 11:46 | イベント | Comments(0)

指導手と警察犬種が訓練の成果を披露「第1回東北・北海道訓練チャンピオン決定競技会」開催

 8月5日、湯の台牧場で、公益社団法人日本警察犬協会青森県支部(戸来傳支部長)の主催により「2018年度(第1回)東北・北海道訓練チャンピオン決定競技会」が開催されました。
 同支部は、昨年県内4支部を一つに統合。統合後、初めての競技会を開催しました。
 東北・北海道を中心に遠くは埼玉県や茨城県などから、指導手とドイツ・シェパードなど延べ100頭の犬が、日頃の訓練の成果を披露しました。
 当日は、犯罪捜査や遭難の捜索などで警察から要請を受けて実際に活躍している嘱託犬から家庭犬までさまざまな犬が参加し、「服従」、「選別」、「追及」などの競技を行いました。
f0237658_17394264.jpg
指導手の指示通りに動く「服従」の競技
f0237658_17401744.jpg
布に染み込ませた匂いを当てる「選別」の競技
f0237658_17403368.jpg
5つの布から同じ匂いを当て、指導手のもとへ
f0237658_17404645.jpg
犯人役の逃走経路を追跡する「追及」の競技
f0237658_17405880.jpg
小雨が降る中、犯人役の足取りを追っています
[PR]

by towada-city | 2018-08-06 17:43 | イベント | Comments(0)

太陽のような笑顔で観客を魅了「十和田サンバカーニバル2018」

 8月4日、官庁街通りで「十和田サンバカーニバル2018」(十和田サンバカーニバル実行委員会(山端政博委員長)主催)が開催されました。
 産馬(さんば)通りでサンバを行い、賑わいを取り戻したいという思いから始まったこのサンバカーニバルは、3年前より会場を官庁街通りに移し、今年で8回目になります。
 パレードには、地元の子どもたちを中心とした「オスサンボンギス」や浅草サンバのトップチーム「仲見世バルバロス」、本場ブラジル人ダンサーらの「サマートレジャー」のチームなどが参加。また、昨年より参加の「花魁(おいらん)サンバ」や、地元のダンススタジオ「PEACE MAKER(ピースメーカー)」の子どもたちもカーニバルに色を添え、観客の手拍子や歓声に応えていました。
 市内の主婦、中川原祐子さんは「毎年観に来ていますが、年々バージョンアップしていて、観客も楽しめます。来年も楽しみにしています」と話していました。
f0237658_10570633.jpg
官庁街にサンバのリズムが響き渡ります
f0237658_10565479.jpg
子どもたちもカーニバルを盛り上げます
f0237658_10572393.jpg
「花魁サンバ」でおしとやかに練り歩きます
f0237658_10563549.jpg
太陽のような笑顔で観客を魅了
f0237658_10573396.jpg
たくさんの観客の声援に応えていました
[PR]

by towada-city | 2018-08-06 11:00 | イベント | Comments(0)

「観光を軸とした地域活性化セミナー」開催

 7月11日、市民文化センターで十和田版DMO(※市全域の観光地域づくりを担う組織)の設立に向けた取り組みの一環として「観光を軸とした地域活性化セミナー」が開催されました。
 このセミナーは、観光産業に携わる事業者のみならず、広く市民の皆さんにも「稼いで潤う」地域の参加者になってもらい、その意義を共有することを目的に開催されたものです。
 
 セミナーは、タイムアウト東京株式会社の伏谷博之(ふしたにひろゆき)代表取締役による基調講演『地方が稼ぐためのツーリズム』や株式会社リクルートライフスタイル じゃらんリサーチの竹直也エリアプロデューサーのマーケティングレポート『十和田市は観光地としてどう見られているか』など盛りだくさんの内容で行われ、約200人の聴講者が耳を傾けました。

 伏谷さんは、講演の中で「外国人をはじめ観光客は、その地域でしか味わえない体験を求めている。十和田市ならではの体験を消費できる価値に変えることで地域が潤う力となる」と地域が稼ぐためのヒントを紹介されました。
f0237658_10063264.jpg
伏谷さんは、講演で「観光で地域が潤うヒント」を紹介

 竹さんは、十和田市のイメージ、観光資源に関する認知度、興味度などさまざまな分野について、インターネットによる調査結果を報告し、観光で地域が潤うためには、観光面での強みや弱み、地域課題などを明らかにし、プロモーション展開の方向性を明確化にすることが大切と述べました。
f0237658_10065972.jpg
熱心に調査結果を報告する竹さん

 最後に、市の地域支援マネージャーとして平成29年7月から駐在している(株)ANA総合研究所主席研究員である関宏司さんによる駐在レポート『十和田市のみんなが関わる観光地域づくり』の発表が行われました。レポートでは、「観光地域に必要なのは究極のおもてなし、おもてなしは行政や観光産業に携わる事業者だけではなく、市民の皆さんも含めみんなで出来ること」と話しました。
f0237658_10073945.jpg
関さんは、「十和田市版DMO」など観光地域づくりとして市が進めている取り組みを紹介
f0237658_10081692.jpg
約200人の聴講者が熱心に聴いていました
[PR]

by towada-city | 2018-07-18 10:17 | イベント | Comments(0)

~雪と光のページェント~2018十和田湖冬物語開幕


 2月2日、十和田湖畔休屋特設イベント会場で、北東北最大級の雪祭り、十和田湖冬物語が開幕しました。
 オープニングセレモニーでは主催者を代表し、中村秀行(ひでゆき)(一社)十和田湖国立公園協会理事長が「たくさんの方々のご協力によりこのイベントを開催することができました。今年は初めての試みで3月2~4日に後祭(のちのまつり)も開催しますので、ぜひお楽しみください」とあいさつしました。
 引き続き、西村副市長ら関係者により、陸上自衛隊八戸駐屯地の皆さんが制作した高さ7メートル、幅23.4メートルのメイン雪像「雪龍(せつりゅう)」の点灯式が行われ、オープニングを華々しく飾りました。会場は約3万個のLEDのイルミネーションに彩られ、観光客などが写真撮影を楽しんでいました。
 十和田湖の冬を満喫できる「十和田湖冬物語」は2月25日まで。毎夜打ち上げられる冬花火のほか、温かいスープが飲める「スープストックTOWADAKO」やカクテル・お酒を堪能できる「かまくらBar」、ものづくり工房でのランタン・ひめますアイテム作りなど、大人から子どもまで楽しむことができます。
f0237658_13292142.jpg
メイン雪像点灯式。2018十和田湖冬物語の開幕です
f0237658_13293700.jpg
雪像が点灯され、幻想的な雰囲気に包まれます
f0237658_13294659.jpg
青森・秋田両県の郷土料理が味わえる「ゆきあかり横丁」
f0237658_13295658.jpg
期間中、毎日午後8時から約10分間打ち上げられる200発の花火
[PR]

by towada-city | 2018-02-05 13:32 | イベント | Comments(0)

各種競技で白熱した戦い!「十和田市少年少女発明クラブロボット競技会」


 1月13日、南公民館で「平成29年度十和田市少年少女発明クラブロボット競技会」が開催され、約40人のクラブ員がロボコップ相撲、甲虫ロボ競走、オーバー・ヒル・アタック、ロボ・カーリングの4種目で自作のロボットを操作し競い合いました。
 競技会に先立ち、主催者を代表して、同クラブの佐々木忠一会長が「勝ち負けに関係なく、競技に参加することに意義があります。勝負が終わったら、競技した人を讃えて大きな拍手をしてあげてください」とあいさつしました。
 クラブ員は小学3・4年生の「ドリーム班」と小学5年生以上の「エジソン班」に分かれ、それぞれの競技で熱戦を展開。日頃の練習の成果を発揮しようと夢中でロボットを操作すると、周りからも力のこもった応援の声が響いていました。
f0237658_13533258.jpg
紙コップで作ったロボットを操作し戦う「ロボコップ相撲」
f0237658_13535190.jpg
障害物が置かれたコースを8の次で走行しタイムを競う「甲虫ロボ競走」
f0237658_13540917.jpg
甲虫ロボ競走で優勝した布施裕翔(ゆうと)くん(三本木小・3年)の「あばれる虫1号」。「最初はタイムが伸びなくて悔しかったけど、最終的に優勝できて嬉しかったです」
f0237658_13542072.jpg
ロボットでゴルフボールを押して、相手側の得点ゾーンに入れる「オーバー・ヒル・アタックⅢ」
f0237658_13543383.jpg
ロボットを操作し、4球の持ち球を順番に押し出す「ロボ・カーリング」
[PR]

by towada-city | 2018-01-15 13:57 | イベント | Comments(0)

約1,700人のランナーが秋空の下を駆け抜ける「とわだ駒街道マラソン」


 10月8日、「第22回とわだ駒街道マラソン大会」が市陸上競技場を中心に行われ、全国から約1,700人のランナーが、日本の道百選である官庁街通り「駒街道」を メインコースに力走しました。
 開会式で小山田市長は、「駒マラソンは家族や友人などと気軽に楽しめる秋の一大イベントです。気持ちよく走って無事ゴールできることを願っています」とあいさつした後、ランナーを代表し里村喜美夫さんご家族が、「この大会を開催していただいた方々に感謝し、最後まで走り抜くことを誓います」と選手宣誓を行いました。 
 選手らは、2km、3km、5km、10km、ハーフのそれぞれのコースに分かれ、秋の彩りを見せる十和田を駆け抜けました。 
 2km小学生(4~6年生)女子の部で優勝した松田涼那(すずな)さん(野辺地町・若葉小6年)は、「昨年は4位で悔しい思いをしましたが、今年は優勝できて嬉しかったです」、北海道・札幌市よりハーフの部に初参加した池田将人(まさひと)さんは、「コースはきつかったですが、自己ベストを更新できて良かったです」と満足そうに話しました。
f0237658_15415880.jpg
里村喜美夫さんご家族が選手宣誓
f0237658_15421853.jpg
勢いよくスタートした選手の皆さん(3kmコース)
f0237658_15434881.jpg
かわいらしい仮装で走り、会場を沸かせました
f0237658_15441251.jpg
ハーフコースで力走する選手
f0237658_15450176.jpg
自慢の健脚を競うランナーたち(10kmコース)
f0237658_15454913.jpg
2㎞小学生(4~6年生)女子の部で優勝した松田涼那さん
[PR]

by towada-city | 2017-10-10 15:50 | イベント | Comments(0)

現代美術館企画展「遠くからでも見える人 森北 伸 展 絵画と彫刻」

 現代美術館で、企画展「遠くからでも見える人 森北 伸 展 絵画と彫刻」が10月7日から開催されています。
 本企画展の作者、森北伸は、空間を読み込み、素材の特性を生かした素朴な味わいの絵画や彫刻作品を、絶妙なバランスで展示します。作品には人や家、木といったモチーフがよく見られ、環境と作品、建築と作品、人と作品、作品と作品といったさまざまな関係性が「間」に漂い、詩的なユーモアに包まれます。
 森北さんは「いったりきたりしながら、作品と作品の間みたいなものを感じてもらいたいです。作品と作品が一つ一つ関係無いようでいて、関係があるといった展示になっています。見る人が、それぞれの物語を紡いで、ゆったりとした時間を過ごしていただきたいです。」と企画展の楽しみ方を話しました。
 人も事物も情報となり、複雑な関係性のうちに、息苦しく、先が見えづらくなっている今の時代に、立ち止まり、自分と周囲を見つめ直すひとときを、十和田市現代美術館で体験してください。会期は平成30年1月28日までです。ぜひ足をお運びください。
f0237658_08473715.jpg
アーティスト・森北伸さんと作品
f0237658_08480063.jpg
最新作の絵画と大型彫刻作品
f0237658_08482284.jpg
十和田市現代美術館の常設展示作品≪フライングマン・アンド・ハンター≫の原型となるモチーフ
f0237658_08484400.jpg
光と影と音が不思議な空間をつくりだしています。
[PR]

by towada-city | 2017-10-10 08:49 | イベント | Comments(0)

秋空を約4,000発の花火が彩る~十和田市夏まつり花火大会~

 9月16日、市陸上競技場などで「第60回十和田市夏まつり花火大会」が開催されました。
 県内で唯一まちなかで開催される十和田市の花火大会。今年は天候不良のため2度延期になりましたが、この日は天候にも恵まれ午後7時から約4,000発の花火が打ち上がり、約3万5千人の観客の目を楽しませました。夜空に映し出された色とりどりの光の競演に観客からは大きな歓声が上がっていました。

f0237658_14575408.jpg

            市役所前から見る花火


f0237658_14581139.jpg

現代美術館から見る花火は、十和田市ならではの光景


f0237658_14582177.jpg
            秋空に大輪の花を咲かせました

[PR]

by towada-city | 2017-09-19 15:02 | イベント | Comments(0)

若手演奏家がさわやかな調べを奏でる「サマーフレッシュコンサート」開催

 8月20日、市民文化センターで本市にゆかりのある若手演奏家による「サマーフレッシュコンサート」が開催され、約200人の聴衆を魅了しました。
 今年の出演者は9人。日頃の練習の成果を堂々と披露し、聴衆を演奏に引き込み、たくさんの拍手を巻き起こしました。
出演者
・村田 妃菜子(むらた ひなこ)ピアノ 北海道教育大学1年
・石田 海(いしだ かい)バリトン 東京学芸大学2年
・笹谷 侑大(ささや ゆうだい)トランペット 宮城教育大学3年
・田中 結(たなか ゆい)ピアノ 昭和音楽大学卒
・阿部 史歩(あべ しほ)ヴァイオリン 東京音楽大学2年
・濱岡 珠恵(はまおか たまえ)サクソフォーン 洗足学園音楽大学3年
・田中 翔(たなか しょう)テノール 昭和音楽大学3年
・山下 実希(やました みつき)サクソフォーン 東京音楽大学3年
・平 眞子(たいら まこ)ピアノ 北海道教育大学3年
f0237658_11290229.jpg
息の合った演奏を披露しました
f0237658_11291272.jpg
力強い歌声を会場に響かせました
[PR]

by towada-city | 2017-08-22 11:29 | イベント | Comments(0)