人気ブログランキング |

十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:防災・消防・震災( 53 )


令和元年度十和田市消防団観閲式

 6月9日、官庁街通りと中央公園緑地で「令和元年度十和田市消防団観閲式」が開催されました。観閲式では、本部大隊をはじめ8大隊692人が参加し、官庁街通りを分列行進しました。
 その後、中央公園緑地で消防ポンプ操法など、日頃の消火訓練の成果を披露しました。

 ============================
 消防団は、地域を火災などの災害から守るボランティアです。
 市では防災力の向上のため、消防団員を随時募集しています。
 ============================

消防団員についてのお問い合わせ先
 十和田地域広域事務組合消防本部警防課消防団係 0176-25-4111
 総務課防災危機管理室 0176-51-6703
f0237658_18342913.jpg
一糸乱れぬ分列行進
f0237658_18343454.jpg
官庁街通りに整列した徒歩部隊、車両部隊を巡閲する小山田市長ら
f0237658_18344090.jpg
勇壮な消防ポンプ車の分列行進
f0237658_18344536.jpg
消防団員の志気を高めるラッパ隊の演奏
f0237658_18344940.jpg
(消防ポンプ操法)消防団員が日頃の訓練の成果を発揮
f0237658_18345498.jpg
(玉落し競技)放水で頭上の球を落とす速さを競います

by towada-city | 2019-06-11 18:39 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

防災意識の高揚を図る 令和元年度十和田市総合防災訓練

 5月29日、市役所、旧上切田小学校、市立切田中学校(中田孝幹(たかよし)校長)を会場に令和元年度十和田市総合防災訓練が開催されました。
 これは、災害時に各機関と自主防災組織などが連携して防災対策を展開できるよう市が毎年行っているものです。
 訓練は、大雨洪水警報と土砂災害警戒情報発表時に、本県東方沖約100㎞を震源とするマグニチュード9.0の地震が発生し、市が震度6強の地震に襲われたことを想定して行われました。


 市役所では、地震発生後、火災が発生したことを想定した避難訓練と災害対策本部の設置訓練が行われました。


f0237658_14384821.jpg


 その後、旧上切田小学校では、大雨と地震により、切田地区で土砂崩れ被害が発生したことを想定して、市建設業協会による崩壊土砂等撤去訓練、市消防団(第3分団)による水防(土のう作成)訓練などが行われました。
f0237658_14395277.jpg

消防団による水防訓練(土のう作成)
f0237658_14402232.jpg

上下水道部水道課による応急給水訓練



 続いて、市立切田中学校では、生徒らが避難訓練を行ったほか、県防災航空センターの防災ヘリ「しらかみ」による救助・救出訓練、自主防災組織などによる避難所開設・運営訓練などが行われました。
f0237658_14430791.jpg

防災ヘリ「しらかみ」による救助・救出訓練
f0237658_14434101.jpg

県トラック協会上十三支部が運んできた備蓄物資を、バケツリレーで運びます
f0237658_14442138.jpg

市立中央病院災害派遣医療チーム(DMAT)による救急所設置訓練
f0237658_14445547.jpg

十和田消防署による救助・救出訓練



 閉会式では、統監を務めた小山田久市長が「市では消防団の充実や、自主防災組織設立の支援、市内全域に防災無線の整備などを進めていますが、防災体制をより強化するためには、関係機関の皆さんのご支援が不可欠となりますので、今後ともご協力お願いします」と述べました。


by towada-city | 2019-05-31 14:50 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

春の火災予防運動として消防車両による防火広報パレードが行われました

 4月8日、県下一斉に春の火災予防運動が実施されるにあたり、十和田消防署による防火広報パレードが行われました。
 十和田消防署を出発した消防車両は、市内東方面と西方面に分かれ、地域住民に対し、火災が起こりやすい春の時季の火災予防を呼び掛けました。
 春の火災予防運動は、火災の発生を防止し、火災による犠牲者を減少させ地域住民の財産の損失を防ぐため、4月8日から14日までの7日間行われます。

 全国統一防火標語 『忘れてない?サイフにスマホに火の確認』
f0237658_18053520.jpg
春の火災予防運動実施中の十和田消防署
f0237658_18054641.jpg
消防車両による防火広報パレード

by towada-city | 2019-04-08 18:14 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

祝 十和田市消防出初式

 1月20日、火災や災害から地域を守る市消防の出初め式、「十和田市消防出初式」が官庁街通りで行われました。
 雪がちらつく中、消防団8大隊の団員680人と消防隊員20人、総勢700人が、本部大隊と徒歩部隊、車両部隊に分かれ、一糸乱れぬ分列行進を行い、今年の防災活動に向け士気を高めました。 分列行進の後は、市民文化センターにおいて式典が行われ、小山田久市長から30年以上勤続した退職消防団員11人に感謝状が贈られました。
 続いて、優良消防分団(2団)、準優良消防分団(2団)、優良消防部(7部)、優良消防団員(8人)、現場功労団員(2人)、無火災地区防火クラブ(9クラブ)などが表彰されました。
 小山田市長は、「規律厳正にして士気極めて旺盛な分列行進を拝見し、日頃の訓練の成果が十分に発揮されていて、改めて頼もしく感じました。昨年は、幸いにも当市においては甚大な自然災害は無かったものの、日本全体に目を向けると7月の西日本を襲った豪雨、9月には北海道胆振東部(ほっかいどういぶりとうぶ)で発生した地震と災害の多い年であり、そのような中、地域の防災の要である消防職員や消防団員に対する市民の期待は、ますます高まっています。市民の安全、安心を守るため、いっそう精進してください」と激励しました。
f0237658_14575698.jpg
「祝 十和田市消防出初式」
f0237658_14582547.jpg
角田弘信消防団長を先頭に各部隊が官庁街通りに整列
f0237658_14584139.jpg
観閲者である十和田市長による巡閲
f0237658_14594190.jpg
角田消防団長の合図で分列行進が開始
f0237658_14574014.jpg
ラッパ隊が鳴らす音に合わせ各部隊が行進
f0237658_15000291.jpg
総勢700人の消防団員による分列行進
f0237658_15004941.jpg
車両部隊(消防車両46台)の分列行進

by towada-city | 2019-01-22 15:09 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

休屋・宇樽部地区の自主防災組織らが避難訓練を実施しました

 11月19日、十和田湖小・中学校を会場に休屋・宇樽部自主防災会、十和田湖小・中学校、陸上自衛隊、消防団と市が共催で、避難訓練が実施されました。
 これは、十和田湖小学校が十和田湖中学校と小中併置校になったことに伴い、十和田湖小学校が指定避難所ではなくなり、休屋・宇樽部の住民が災害時の避難などに不安を感じていることを受け、避難行動に対する住民の不安除去と防災力向上を図る目的で実施されました。
 訓練は、連続する低気圧と台風による大雨警報が発表され、休屋・宇樽部地区に「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されたという想定で行われました。
 休屋・宇樽部地区では、初めての避難訓練ということもあり、参加した住民や小中学校の児童・生徒らは、真剣な面持ちで訓練に取り組んでいました。
 市では、今後自主防災組織による避難訓練を、他の地域でも実施できるよう支援していきます。

f0237658_11504187.jpg
地域住民や観光客役の被災者をバスに乗車案内する消防団員

f0237658_11510584.jpg
避難所に到着した被災者は名簿に自分の名前を書きます。この名簿をもとに必要な食料の量などが把握できます

f0237658_11513104.jpg
市防災危機管理室の山田危機管理専門員による避難所開設に係る講義に真剣に耳を傾ける地域住民

f0237658_11515726.jpg
十和田湖小・中学校の児童・生徒も訓練に参加しました

f0237658_11522078.jpg
避難について多くの質問が出され、地域住民の防災意識の高さが伝わってきました

f0237658_11524635.jpg
避難所に設営する室内テントを実際に参加者で作ってみました

f0237658_11531285.jpg
完成した室内テントに入る十和田湖小・中学校の児童・生徒

f0237658_11533524.jpg
陸上自衛隊第101高射隊の隊員による防災用具の実演紹介もありました

by towada-city | 2018-11-28 11:56 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

幼年消防クラブ員と一日消防署長による防火広報パレードが行われました


 10月15日、官庁街通りの桜の広場から十和田消防庁舎の区間で、市幼年消防クラブ20クラブ・379人と一日消防署長らによる防火広報パレードが実施されました。
 このパレードは、火災予防を呼び掛けることで、地域住民の防火意識の高揚と幼年消防クラブ員の健全な育成を図ることを目的に毎年行われているものです。
 パレードの前に桜の広場で行われたセレモニーでは、クラブ員を代表して南太一(たいち)くんと起田優乃花(ゆのか)ちゃんの2人(いずれも白菊金崎保育園幼年消防クラブ)が、「ぼくたちわたしたちは、絶対に火遊びはしません」などと宣誓し、それに続いてクラブ員全員で、「火の用心の歌」を元気に歌いました。
 その後、今年度の一日消防署長となった第9回「ゆかたの似合う女性コンテスト」グランプリの宮内悠子(ゆうこ)さんを先頭に半纏(はんてん)を着たクラブ員らが官庁街通りを「火の用心の歌」に合わせて拍子木(ひょうしぎ)を叩きながらパレードを行いました。
 パレードの後、クラブ員らは十和田消防署で消防隊員らの訓練の様子を見学し、「かっこいい」、「すごい」などと歓声を上げていました。
f0237658_14310309.jpg
一日消防署長を務めた宮内さん
f0237658_14312204.jpg
クラブ員を代表して、宣誓する起田優乃花ちゃん(左)と南太一くん
f0237658_14315825.jpg
クラブ員が、桜の広場に集まって「火の用心の歌」を元気よく歌いました
f0237658_14385486.jpg
一日消防署長を先頭に官庁街通りをパレード
f0237658_14323449.jpg
「火の用心の歌」に合わせて拍子木(ひょうしぎ)を叩くクラブ員
f0237658_14333013.jpg
大きな歓声を上げて訓練を見学するクラブ員

by towada-city | 2018-10-19 14:42 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

十和田地域広域事務組合消防本部が山岳遭難に備える合同訓練を実施

 9月21日、十和田湖温泉スキー場(法量字焼山)を会場に山岳救助救出訓練が実施されました。
 この訓練は、秋の行楽シーズンを迎えるにあたり、登山や山菜採りなどの入山者が予想されることから、十和田地域広域事務組合消防本部(31人)、青森県防災航空隊(11人)およびドローンイノベーションネットワーク(関川明会長)(7人)が合同で訓練を実施することで、山岳地における救助救出技術の向上を図ることを目的として行われました。
 今回、初めて訓練に参加したドローンイノベーションネットワークは、防災・減災や地域貢献を目的として、十和田市内の有志により、今年7月30日に設立された民間団体です。
【訓練内容】
 山菜採り目的のため入山した2人が、けがなどにより山中で動けなくなったとの通報により救助出動。消防本部から救助隊など出動のほか、青森県防災ヘリコプター「しらかみ」の出動を要請。また、要救助者の位置情報が不明確なため、ドローンによる上空からの検索を目的とし、ドローンイノベーションネットワークに協力を依頼した。

f0237658_13423134.jpg
飛行前のドローンのチェック。ズーム付きのカメラ、遭難者に呼び掛けるスピーカーの動作などを確認しています

f0237658_13425829.jpg
ドローン離陸

f0237658_13431426.jpg
ドローンが写した映像をモニターで確認することができます

f0237658_13432545.jpg
生い茂った草を掻き分け、消防隊員が捜索開始です。捜索開始後、ドローンが遭難者の位置を特定し、無線で位置座標の連絡が入りました

f0237658_13433844.jpg
発見した遭難者を担架に乗せ、滑車を利用したロープで引き揚げます

f0237658_13440029.jpg
防災ヘリコプター「しらかみ」に遭難者を無事引き渡すことができました

by towada-city | 2018-09-25 13:48 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

『安全・安心なまちづくり総決起大会』が開催されました

 安全・安心なまちづくりを進めている本市は、平成21年8月に「事故やけがは予防できる」という考え方に基づき国内で2番目、世界で159番目のセーフコミュニティとして、WHO(世界保健機構)セーフコミュニティ認証センターから認証を受けました。
 本市では、認証を受けた8月を『十和田市いのちを守る運動月間』とし、8月1日、市民文化センターで『安全・安心なまちづくり総決起大会』を開催し、市交通安全協会や町内会連合会、民生委員など、日ごろから安全・安心なまちづくりに取り組む関係団体や市民など約160人が参加しました。
 小山田市長は「各種機関や市民の皆さんとの協力・協働により、安全・安心なまちづくりの実現に向けて取り組みを進化させていきましょう」とあいさつし、続いて、南小学校リトルJUMPチームが「よく眠り、よく運動をして、心と体の健康を保ちます」などの5つの『十和田市いのちを守る運動宣言』を元気よく宣言しました。
 その後、市のセーフコミュニティの自殺予防対策部会と交通事故予防対策部会がセーフコミュニティ活動報告を行い、南小学校リトルJUMPチームと十和田中学校JUMPチームが活動発表を行いました。
 本市は、平成27年2月にセーフコミュニティの再認証を取得しています。現在、平成32年の再々認証の取得を目指し、行政機関、民間団体、地域住民が一体となって、さらなる安全・安心なまちづくりを推進しています。

f0237658_10343243.jpg
元気よく宣言を行った南小学校リトルJUMPチームの皆さん

f0237658_10351711.jpg
セーフコミュニティ活動を報告する自殺予防対策部会の皆さん

f0237658_10355407.jpg
交通事故予防対策部会の報告に真剣に耳を傾ける参加者ら

f0237658_10361922.jpg
十和田中学校JUMPチームによる活動発表

by towada-city | 2018-08-02 10:37 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

平成30年度上十三地区消防協会消防操法大会

 7月22日、六ヶ所村大石総合運動公園駐車場で「平成30年度上十三地区消防協会消防操法大会」が開催されました。
 十和田市からは、中央分団、第1分団の合同チームが、小型動力ポンプ操法の部に参加し、3位の成績を収めました。
 競技で指揮者を務めた工藤真央(まさお)さんは、「昨年の11月から3月まで、消防署内で月曜・木曜の週2回の練習をし、4月から大会前までは体育センターの駐車場で毎朝練習してきました。練習してきたことは出し切れたと思います。大会後も地域の皆さんの安全・安心のために、地域に貢献していきたいと思います」と競技の感想とこれからの消防団活動への抱負を語りました。

 消防団は、地域を災害から守るボランティアです。
 市では防災力の向上のため、消防団員を随時募集しています。

消防団員についてのお問い合わせ先
十和田地域広域事務組合消防本部警防課消防団係0176-25-4111
総務課防災係 0176-51-6703

f0237658_10342454.jpg
放水をする1番員

f0237658_10345633.jpg
競技の準備に取り掛かる市消防団中央分団、第1分団の団員。選手以外の団員も一致団結し、選手を支えています

f0237658_10351878.jpg
競技前の器具のセッティング。慎重、かつ丁寧に行われます

f0237658_10354013.jpg
スタートの合図を待ちます。後ろでは、選手を支える団員が、選手たちを見守っています

f0237658_10361266.jpg
競技開始。ホースを担いで、放水地点まで全速力で走ります

f0237658_10363220.jpg
キビキビとした無駄のない動きで、放水

f0237658_10365638.jpg
競技を終え、支えてくれた団員や家族に感謝のお礼

by towada-city | 2018-07-24 10:39 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

平成30年度十和田市消防団観閲式

 6月10日、官庁街通りと中央公園緑地で「平成30年度十和田市消防団観閲式」が開催されました。観閲式では、本部大隊ほか8大隊675人が参加し、官庁街通りを分列行進したあと、中央公園緑地で消防ポンプ操法など、日頃の消火訓練の成果を披露しました。

 消防団は、地域を災害から守るボランティアです。
 市では防災力の向上のため、消防団員を随時募集しています。

消防団員についてのお問い合わせ先
十和田地域広域事務組合消防本部警防課消防団係0176-25-4111
総務課防災係 0176-51-6703

f0237658_13094214.jpg
一糸乱れぬ分列行進

f0237658_13101095.jpg
官庁街通りに整列した徒歩部隊、車両部隊を巡閲する小山田市長ら

f0237658_13104438.jpg
ずらりと並んだ勇壮な消防ポンプ車

f0237658_13111214.jpg
ラッパ隊の演奏が消防団員の志気を高めました

f0237658_13113361.jpg
消防ポンプ操法。無駄のない動きは、日頃の鍛錬の賜物

f0237658_13115544.jpg
玉落し競技。水の吸管、水圧操作、放水の動作を的確に行い、チームワークで、頭上の球を放水で落としました

by towada-city | 2018-06-12 13:13 | 防災・消防・震災 | Comments(0)