人気ブログランキング |

十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2019年 07月 17日 ( 1 )


北里大学生と市民団体などがまちづくりについて意見交換

 7月11日、北里大学で北里大学生と市民団体の代表者や行政関係者が「イベントを通した大学生と地元市民との交流」について話し合うワークショップを開催しました。
 このワークショップは、「地元市民も大学生も、住みよく、充実した生活のできる十和田市の実現」に向けて、市民と北里大学生との交流を増やし、協働によるまちづくりの活動に結び付けるために行われたものです。
 2回目となる今回は、1回目(8日)に開かれたワークショップでの「既存の祭りやイベントで大学と地域が密着する十和田フェスの開催」「紅葉祭(こうようさい)など大学のイベントの情報を発信し、もっと市民に伝えたい」など、出された意見の中から、必須テーマ「情報伝達、情報共有の仕方」と4つの選択テーマ「学祭における市民参加と協働、十和田フェス、十和田体育祭、その他」の中から1つテーマを選び、グループごとに話し合い具体的な企画にまとめ発表しました。
f0237658_17505737.jpg
f0237658_17510649.jpg
f0237658_17511389.jpg
ワークショップの様子

 
 発表では、必須テーマに対して「北里大学を知ってもらう取り組みとして、幼児や小・中学生に対して動物(牛、ヒツジ、ヤギ、馬など)との触れ合い体験、市民農園を利用している人を手伝い一緒に農作業を行う」「市民との情報共有サイトを作る」「トイレットペーパーなどの生活用品にいろいろなイベント情報を表示する」「イベントの情報を知る機会が少ないので、選挙ポスターの掲示版を活用してイベント周知をする」など、さまざまな企画が提案されました。
f0237658_17511998.jpg
f0237658_17512651.jpg
グループごとに話し合った企画を発表


 ワークショップは終始、和やかな雰囲気で行われ、参加者たちは率直な意見を言い合い、アイデアを出し合っていました。参加した学生は「(今回のワークショップは)いろいろな人と知り合うきっかけになりました。今回のような市民と交流する場を定期的に開催してほしいです」と話していました。


※市のイベントや政策の情報は「広報とわだ」で発信しています。
 「広報とわだ」はスマートフォンの無料アプリ「マチイロ」で読むことができます。
 「マチイロ 十和田市」で検索してご覧ください。


by towada-city | 2019-07-17 17:59 | セーフコミュニティ・まちづくり | Comments(0)