十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
スマイルラボの地域づくり..
by タケ at 20:45
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2018年 07月 18日 ( 3 )


下切田小学校の児童らが「第53回交通安全子供自転車全国大会」出場を市長に報告

 7月17日、下切田小学校(成田和雄校長)の児童らが市役所を訪れ、全国大会出場を小山田市長に報告しました。
 下切田小の児童らは、7月3日に行われた第52回交通安全子供自転車青森県大会で、県代表に選出され、17回目となる全国大会出場を果たしました。この大会では、自転車に関する学科テストと実技テストの点数で順位を競います。
 自転車部部長の笹森泉心(いずみ)さん(6年)は、「私は全国大会への出場は初めてですが、部長として部員を引っ張っていきたいです」と意気込みを話しました。
 小山田市長は「努力することは必ず自分たちの財産になるので、昨年以上の成績をとれるよう頑張ってほしいです。応援しています」と、激励しました。
 全国大会は8月8日に東京都の東京ビックサイトで開催され、各県の代表が出場し、頂点を目指します。
f0237658_10570397.jpg
(前列左)高見冬輝(ふゆき)くん(5年)、(後列左から)中屋敷政樹(まさき)教諭、久保遥菜(はるな)さん(6年)、笹森さん、小山田市長、畑山奈瑠(なる)さん(6年)、豊川ひなのさん(4年)、成田校長
[PR]

by towada-city | 2018-07-18 10:58 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

作詞家北川文化さん「十和田湖」の歌碑寄贈

 7月14日、北川さんが作詞を手掛け、歌手北島三郎さんが歌う「十和田湖」の歌碑が奥入瀬渓流館前の広場に完成し、除幕式が行われました。
 北川さんは「十和田湖」のほか、歌手山本譲二さんが歌う「奥入瀬」も作詞し、本市との関係も深く、2016年から市の十和田奥入瀬観光大使にも任命されています。
 
 除幕式では、西村雅博副市長が「(同敷地内にある)『奥入瀬』の歌碑に続き、『十和田湖』の歌碑が建てられたことにより、十和田湖、奥入瀬を訪れる人たちに、さらに魅力を伝えられる」と感謝の意を述べました。
 
 北川さんは「作詞家生活45年が経ち、いつかは建てたいと願っていた『十和田湖』の歌碑を、やっと建てることができた、この日を忘れません」と喜びを語っていました。
f0237658_10202854.jpg
主催者を代表し、感謝の意を述べる西村副市長
f0237658_10215793.jpg
北川さんから西村副市長へ感謝の手紙が手渡されました
f0237658_10221626.jpg
歌碑の完成を祝う北川さんと関係者の皆さん
f0237658_10224194.jpg
歌碑を背に記念撮影に応じる北川さん
[PR]

by towada-city | 2018-07-18 10:30 | 寄付 | Comments(0)

「観光を軸とした地域活性化セミナー」開催

 7月11日、市民文化センターで十和田版DMO(※市全域の観光地域づくりを担う組織)の設立に向けた取り組みの一環として「観光を軸とした地域活性化セミナー」が開催されました。
 このセミナーは、観光産業に携わる事業者のみならず、広く市民の皆さんにも「稼いで潤う」地域の参加者になってもらい、その意義を共有することを目的に開催されたものです。
 
 セミナーは、タイムアウト東京株式会社の伏谷博之(ふしたにひろゆき)代表取締役による基調講演『地方が稼ぐためのツーリズム』や株式会社リクルートライフスタイル じゃらんリサーチの竹直也エリアプロデューサーのマーケティングレポート『十和田市は観光地としてどう見られているか』など盛りだくさんの内容で行われ、約200人の聴講者が耳を傾けました。

 伏谷さんは、講演の中で「外国人をはじめ観光客は、その地域でしか味わえない体験を求めている。十和田市ならではの体験を消費できる価値に変えることで地域が潤う力となる」と地域が稼ぐためのヒントを紹介されました。
f0237658_10063264.jpg
伏谷さんは、講演で「観光で地域が潤うヒント」を紹介

 竹さんは、十和田市のイメージ、観光資源に関する認知度、興味度などさまざまな分野について、インターネットによる調査結果を報告し、観光で地域が潤うためには、観光面での強みや弱み、地域課題などを明らかにし、プロモーション展開の方向性を明確化にすることが大切と述べました。
f0237658_10065972.jpg
熱心に調査結果を報告する竹さん

 最後に、市の地域支援マネージャーとして平成29年7月から駐在している(株)ANA総合研究所主席研究員である関宏司さんによる駐在レポート『十和田市のみんなが関わる観光地域づくり』の発表が行われました。レポートでは、「観光地域に必要なのは究極のおもてなし、おもてなしは行政や観光産業に携わる事業者だけではなく、市民の皆さんも含めみんなで出来ること」と話しました。
f0237658_10073945.jpg
関さんは、「十和田市版DMO」など観光地域づくりとして市が進めている取り組みを紹介
f0237658_10081692.jpg
約200人の聴講者が熱心に聴いていました
[PR]

by towada-city | 2018-07-18 10:17 | イベント | Comments(0)