人気ブログランキング |

十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

現代美術館企画展出展作品「LOST TERMINAL」が市民図書館に

 9月1日、市民図書館の敷地内に現代美術館で開催していた企画展「LOST TERMINAL(ロスト・ターミナル)」の出展作品「インドネシアで街中を走る乗り物『ベチャ』」などを活用した読書スペースが出現しました。
 「LOST TERMINAL」は、企画展「ウソから出た、まこと―地域を超えていま生まれ出るアート」の一環で、アーティスト北澤潤さんによるプロジェクトです。
 このプロジェクトは、「異国」の乗り物を現代美術館に持ち込み、来館者に貸し出しするというもので、現代美術館の屋外空間が「発着場―ターミナル」となり、市内のあちこちに「異国」の乗り物が出発し、また帰ってきます。「異国」の乗り物に乗ったり、目撃したり、使ったり、さまざまな活用により、新しい楽しみ方を生み出すものです。
 今回は、乗り物4台を使って、市民図書館の敷地内に屋外の風に当たりながら本を読むことのできる場所を作りました。図書館で借りてきた本を読んだり、「LOST TERMINAL」メンバーの私物の本を読んだり、メンバーとの会話を楽しんだりと、図書館を訪れた人や親子連れなどが楽しんでいました。
 
 「LOST TERMINAL」は、9月1日で会期終了となりましたが、現代美術館では9月14日から次の企画展「AKI INOMATA:Significant Otherness(シグニフィカント・アザネス)生きものと私が出会うとき」が開催されます。

 皆さんも、市民図書館や現代美術館に足を運んでみませんか。新しい発見があるかもしれません。

f0237658_15483714.jpg
快晴の中、1日限定の図書スペースを楽しんでいました
f0237658_15482720.jpg
インドネシアの乗り物「ベチャ」


by towada-city | 2019-09-02 15:57 | ART | Comments(0)
<< 商店街に賑(にぎ)わいを!「と... 女性の視点で「6次産業化」を発... >>