人気ブログランキング |

十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

高校生パワーでまちおこし!十和田高校会議所設立

 6月30日、十和田商工会館で「高校生によるまちづくり」の場として市内在住の高校生が自主運営する「十和田高校会議所」の設立総会が開催されました。
 同会議所は十和田西高校、三本木農業高校、十和田工業高校、三沢高校の4校に通う高校生20人で組織され、十和田市でバラ色の人生を実現できるまちづくりを目指し「医」「食」「住」の3分野で活動を展開していきます。「医」はみんなの健康を守るために、短命県返上のための調査研究と事業を実施、「食」は食を通じて感謝の心を育てるために十和田産食材の普及に向けた調査研究と事業を実施、「住」は楽しく住みよいまちをつくるために住んでみたくなるまちづくりの調査研究と事業実施を行うこととしています。
 総会では同会議所の規約や役員の選任、事業計画などが承認され、初代会頭となった増山さくらさん(十和田西高3年)は「十和田バラ焼きゼミナールベストパートナーとしての活動を通して、十和田のまちづくりを進める上で、高校生が自ら考え行動することの大切さを感じてきました。十和田市をより良くしたい、まちづくりに奮闘したいと集まった高校生の私たちをよろしくお願いします」とあいさつしました。
 祝辞を述べた小山田久市長は「高校生の皆さんが、若い視点で地域の将来を考えるということは、行政が施策を進めるに当たって大いに参考になるとともに、心強く思います。高校生が当市をより良くしたいと考え、同会議所が発信することにより、同世代の高校生がまちづくりに関心を持ち輪が広がっていけば、当市の将来は明るく、頼もしくもあります。できることから、一つずつでも進めてください」と同会議所のメンバーを激励しました。
f0237658_13330766.jpg
初代会頭となった増山さん
f0237658_13332189.jpg
祝辞を述べる小山田市長

 同会議所のメンバーでシンボルマークをデザインした「医」担当副会頭の豊川唯桜(いお)さん(十和田西高3年)は「シンボルマークのデザインは約1カ月かかりました。みんなに相談しながら、いろいろ考え決定しました」と話してくれました。
f0237658_13335555.jpg
同会議所のシンボルマーク
 
 シンボルマークは当市に縁が深い「馬」と春の官庁街通りを彩る156本の「桜」の花、背景の円は十和田市に住む「高校生の輪」をイメージ。また、青色は「十和田湖」、緑色は「奥入瀬の自然」を表しています。
f0237658_13341159.jpg
総会終了後、小山田市長は同会議所メンバーに、激励の言葉を掛けていました
f0237658_13342447.jpg
総会終了後、記念撮影をする増山会頭(前列左から4番目)と十和田バラ焼きゼミナールの畑中舌校長(ぜっこうちょう)と同会議所メンバー

 同会議所では「自分たちの未来は自分たちが考える。自分たちのまちは自分たちがつくる」に賛同する高校生の参加を待っています。
 市内在住の高校生であれば参加できますので、興味のある高校生は十和田バラ焼きゼミナール(☎0176-25-7758)にお問い合わせください。

by towada-city | 2019-07-02 13:40 | セーフコミュニティ・まちづくり | Comments(0)
<< 東小学校夢応援プロジェクト「夢... 市役所新庁舎で開庁式 >>