十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
スマイルラボの地域づくり..
by タケ at 20:45
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アートを活用したまちづくりに取り組む地域おこし協力隊員を任命

 9月3日、市は地域おこし協力隊員に、中国雲南省昆明市出身の上官 妮娜(じょうかん にな)さん(29)を任命しました。
 上官さんは主に市街地地区でアートによるまちづくり活動の展開や、現代美術館と連携した観光・地域振興への活動支援、アートの魅力を活用した観光企画の提案などに取り組みます。
 委嘱状交付式で西村雅博副市長は「早く十和田市に慣れていただき、十和田の魅力を多く発信してください」と激励すると、上官さんは、「協力隊の仕事では、外からの違った感覚で刺激を与えながら、地域の人とコミュニケーションを図り、楽しみや悩みを共有することで地域づくりを支援していきたい」と意気込みを語っていました。
 副市長から「十和田市の印象はどうですか」と尋ねられると、「夏が涼しくて過ごしやすいです。自然も多く、いい所だと思います。これからいろいろな所を見て回りたいです」と笑顔で答えていました。
f0237658_14422881.jpg
西村副市長から委嘱状を受け取る上官さん
f0237658_14425302.jpg
「活躍を期待しています」と西村副市長

 上官さんは、中国湖北省にある武漢大学の経済とマネジメント学部物流管理学科を卒業し、さらに華中科技大学外国語学部日本語学科にて学士を取得。その後、地元の新聞社で5年ほど働き、中国資本で設立されたIT関係の会社への転職を機に来日し、地域おこし協力隊に任命されるまでは、埼玉県川口市で勤務していました。日本の漫画を見て、日本文化に興味を持ったそうです。

※地域おこし隊とは、都市部の若者が地方自治体の募集に応じて委嘱を受け、国から生活費などの支援を受けながら地方に移り住み、地域活性化などに取り組む活動です。

[PR]

by towada-city | 2018-09-04 14:53 | 地方創生 | Comments(0)
<< 元バスケットボール選手の岡里明... 農工園千里平の職員らが県畜産共... >>