十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
スマイルラボの地域づくり..
by タケ at 20:45
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

南小6年生が修学旅行でとわだ産品をPR

 7月10日、市立南小学校(内山幸治校長)の6年生らが、6月14日に修学旅行先の函館駅で行ったとわだ産品のPR活動の報告のため、市役所を訪れました。
 これは、市が市内小学校などで実施している「とわだ育ち地産地消給食提供事業」の「バイキング給食」をきっかけに、平成26年度から行っているものです。
 各クラス代表の4人は、活動の様子の写真を見せながら「中国の人に十和田産品をPRしました。事前に中国語と英語の簡単な会話を学習していたので、思い切って話しかけ、PRすることができました」や「十和田の特産物の話を紹介すると興味深く話しを聞いてくれ、ありがとうとお礼をいただくこともありました」などと小山田市長に報告しました。
 続いて、函館駅でとわだ産品のPRを呼びかけた人から届いたたくさんの手紙の中から、感想の一部を市長に紹介しました。手紙には、「いただいた『まっしぐら』がとてもおいしかったです」、「『十和田湖美水』でコーヒーを入れたら、とてもまろやかで、これはうまいと叫んでしまいました」、「いつか十和田を訪れたいです」、「十和田市の魅力を聞いて、次の旅行先の候補になりました」などの感想がありました。
 小山田市長は「報告を聞いていて皆さんが教室にいるだけでは経験できない、大変貴重な経験をしてきたと感じました。皆さんの活動に対して、感謝の手紙がたくさん来ていることは本当に素晴らしいことです。知らない人に話しかけて、PRするのはとても難しいことだったでしょう。この経験は皆さんに自信を与え、大きく成長させてくれたことと思います。これからも、より多くの市外の人に十和田の素晴らしさを伝えてください」と児童らに感謝の言葉を述べました。
f0237658_11563550.jpg
活動の様子を市長に報告する南小児童代表4人
f0237658_11565487.jpg
後日送られてきた感想の手紙の紹介に耳を傾ける小山田市長
f0237658_11571039.jpg
(写真左から)増尾敏彦(ますおとしひこ)教頭、和田実咲(みさき)さん、直町美那(みな)さん、小山田市長、山口詩竜(しりゅう)くん、向平優介(むかいだいゆうすけ)くん、沼尾千恵美教諭
[PR]

by towada-city | 2018-07-11 12:01 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< 三農ラグビー部が7人制ラグビー... ママさんバレーボール 「きたぞ... >>