十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
スマイルラボの地域づくり..
by タケ at 20:45
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

株式会社三沢奥入瀬観光開発、宝産業株式会社が企業版ふるさと納税として市へ寄付


 4月17日、株式会社三沢奥入瀬観光開発(三沢市、佐藤正満代表取締役)の前山仁(ひとし)執行役員副社長が市役所を訪れ、企業版ふるさと納税として同社より1,000万円、親会社の宝産業株式会社(神戸市、佐藤正満代表取締役)より1,000万円の寄付がありました。
 企業版ふるさと納税とは、企業が寄付を通じて地方公共団体の行う地方創生の取り組みを応援した場合に、税制上の優遇措置が受けられるものです。このたび、市が地方創生の取り組みとして行っている「冬季観光充実・強化による地方創生推進プロジェクト(※)」の趣旨に同社が賛同し寄付の運びとなりました。
 前山執行役員副社長は「かねてから冬の奥入瀬の素晴らしさを聞いていたため、このプロジェクトの趣旨に賛同しました。地元の人たちに奥入瀬の魅力を知ってもらう機会としても大変良かったと思います。3年程度は継続して寄付していきたいと思っています」と述べ、小山田市長は「海外からの観光客も増えているこの時期に寄付をいただけて、大変ありがたいです。氷瀑を体験したいと思う観光客に多数来ていただけるよう、引き続き宣伝していきたいと思います」と感謝の言葉を述べました。

※「冬季観光充実・強化による地方創生推進プロジェクト」とは、冬季の観光客数が落ち込む本市において、冬の奥入瀬渓流でしか見ることができない自然景観を鑑賞できる環境を整えることや市営のスキー場を活用した冬の体験メニューを創出することで、観光客数などの増加につなげ、安定した雇用の創出を図り、人口の維持、減少を緩和することを目的としたもの。

〇平成29年度の取り組み
 ①奥入瀬渓流氷瀑ツアー
  約14の滝や岩などにできるさまざまな形の氷瀑(氷結した滝)を見るツアーを実施
 ②十和田湖温泉スキー場スノーパーク整備
  スキーやスノーボード以外にもスノーチューブやそり遊びなど気軽に楽しむことができるエリアをオープン 
f0237658_11044091.jpg
(写真左から)前山執行役員副社長、小山田市長
f0237658_11045184.jpg
小山田市長から寄付に対する感謝状が贈呈されました
[PR]

by towada-city | 2018-04-18 11:13 | 寄付 | Comments(0)
<< 官庁街通りに華やかな春到来 開花宣言 交通事故の犠牲者を増やしません... >>