十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
スマイルラボの地域づくり..
by タケ at 20:45
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

道の駅「奥入瀬」はおかげさまで20周年!   2014奥入瀬ろまんパークフェスティバル 

 7月5日と6日の2日間、道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパークで「2014奥入瀬ろまんパークフェスティバル」が開催され、チビッコよさこいや、むかし語りべなどの催しが行われました。
 6日のステージで行われた「県南郷土芸能フェスティバル」には県南地方の5団体が出演し、各地で伝承している貴重な郷土芸能が披露されました。次第に日差しが強まる中、多くの観客が自前の小さな折りたたみ椅子を持参して周囲に陣取り、熱心な演舞に盛んに拍手を送っていました。          
 物産館周辺では多くの屋台が出店し、おからドーナツやヨーグルトが無料で振る舞われるなど、多くの人で賑わいました。
 駐車場特設コーナーではチェンソーアートが実演され、チェンソーの大きな音を鳴り響かせながらも巧みに操り、作品を仕上げていきました。昨日結婚披露宴をあげたという七戸町の二宮渉(わたる)さんは「学生時代のたくさんの仲間と来ています」と笑顔で実演を楽しんでいました。
 このほか、あおもり単角和牛の試食販売会や、ハーレーダビットソンの試乗会など、広い敷地のあちらこちらで、いろいろな楽しみが提供されたフェスティバルとなりました。

f0237658_13452823.jpg
沢田鶏舞保存会・鶏舞くらぶの演技。鶏舞は悪霊退散の供養踊りとして始まったそうです。霊力があるという鶏信仰が底流とも考えられているこの舞には、神秘的な迫力を感じます
f0237658_134551100.jpg
田子高校郷土芸能部は、450年以上の歴史を持つ県の無形民俗文化財である田子神楽を披露しました。今月広島県で開催される全国神楽甲子園に出演します
f0237658_13461742.jpg
物産館周辺に屋台が立ち、友達同士や家族連れなどで賑わいを見せていました
f0237658_13471153.jpg
おからドーナツは先着100人に振る舞われました
f0237658_13471411.jpg
強い日差しに、思わず水遊びが始まりました
[PR]

by towada-city | 2014-07-08 13:52 | イベント | Comments(0)
<< 四和小・中学校の新校舎完成を祝... 高知県土佐町から交流記念にあじ... >>