十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
スマイルラボの地域づくり..
by タケ at 20:45
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

家庭での読書の習慣づけを 家読(うちどく)フォーラム

 9月23日、市民文化センターで家読フォーラムが行われました。家読とは、家族で読書の習慣を共有することで、近年の子どもたちの読書離れが増えているため、読書の大切さを学ぼうと市教育委員会が主催したものです。市では、毎月第4日曜日を「十和田市家庭読書の日」と定め、家庭での読書の推進を行っています。
 フォーラムでは、米田省三教育長が「家庭での読書の楽しさを広く知ってもらい、親子が共に本を親しむことで心の豊かさを育んで行けるよう、このフォーラムがきっかけとなってほしい」と挨拶。
 また、学校での朝の読書の先駆者である家読推進プロジェクト代表の佐川二亮(つぐすけ)さんを講師に招き「家読で家族の読みニケーション」と題し、講演会が行われました。佐川さんは「読書離れにより、コミュニケーション能力の低下や感情のコントロールができなかったり、他人を思いやることができない子どもたちが増えています。家族で同じ本を読み、読んだ後に本の感想などを話し、家族でコミュニケーションを取ることが大切です」と、家読の大切さを呼びかけました。
 講演会終了後には、講談社の本とあそぼう全国訪問おはなし隊による絵本の読み聞かせが行われ、参加した親子らが楽しげに聞き入っていました。

f0237658_16535776.jpg
講演を行った佐川さん
f0237658_16543925.jpg
絵本の読み聞かせにはたくさんの親子が参加しました
f0237658_16554632.jpg
遊びに来た(写真左から)ねばっち、ごんぼう、ねぎん、にんにんは子どもたちに大人気

by towada-city | 2012-09-24 16:57 | イベント | Comments(0)
<< いっぱい食べてね 保育園児らが... 暴力団排除のため連携を密に 十... >>