人気ブログランキング |

十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

北里大学公開講座が開講

 7月18日、市民文化センターで北里大学公開講座の開講式が行われました。
 開講式に続き、とわだ市民カレッジと共同開講となった第1講座では、独立行政法人家畜改良センター理事長の入江正和さんが「食肉を科学する~食肉の歴史、生産から消費まで~」をテーマに講演しました。
 講演会には、市内外から105人の聴講者が訪れ、入江さんの話に耳を傾けていました。
 入江さんは、人が肉を好む理由や肉質の違いを生む要因、味の良い肉の特徴など、食肉について話し、講演の最後には「動物が好きで畜産の研究を始めました。世界の人口は年々増え続け、より多くの食料が必要となりますが、食肉は生き物から得ています。どうか命をいただいていることを意識して食べてください」と聴講者に伝えました。
 北里大学公開講座は全8回、9月19日まで行われます。
f0237658_11461526.jpg
開講式の様子~髙井伸二獣医学部長あいさつ~

f0237658_11464828.jpg
食肉について講演する入江さん

# by towada-city | 2019-07-22 11:50 | 講座 | Comments(0)

元水泳選手の内田翔さんと元フットサル選手の久光邦明さんが「夢先生」として南小学校で授業

 7月17日、市立南小学校(内山幸治校長)で、アスリートが自らの体験をもとに「夢を持つこと、夢に向かって努力することの大切さ」「仲間と協力することや、助け合うことの重要さ」などを講義と実技を通して子どもたちに伝える「JFAこころのプロジェクト・夢の教室」が5学年児童3クラスを対象に行われました。
 このプロジェクトは、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)が平成19年度に始め、子どもたちの心身の健全な発達に貢献していくことを目的とした取り組みで、本市での開催は4回目となります。
 今年度は、5年1組と3組に元水泳選手の内田翔さん、2組に元フットサル選手の久光邦明さんを「夢先生」として招き、クラスごとに授業を行いました。
 最初に体育館で行った「ゲームの時間」では、内田さんと久光さんも児童と一緒にゲームに挑戦し、楽しみながらゲームを行う中で「目標を達成するためにどうするかを自分たちで考え、アイデアを出し合い、仲間と協力して全力で挑戦すること」を伝えました。
f0237658_10144647.jpg
元フットサル選手のテクニックを披露する久光さん
f0237658_10145997.jpg
協力して難しいゲームに挑戦する子どもたち
f0237658_10152235.jpg
目標達成に向けてアイデアを出し合いました

 次に教室での「トークの時間」で、内田さんはオリンピックを夢として意識したきっかけや北京オリンピックに出場するまでの話をし「人生に夢があるのではなく、夢が人生をつくる」と言葉を送りました。
f0237658_10153369.jpg
夢を持つことの大切さを伝える内田さん

 久光さんは夢だったプロサッカー選手を諦めたがプロフットサル選手という新たな夢をかなえた話から「夢に向かって頑張ることが大事で、たとえその夢がかなわなかったとしても、新たな夢を見つけたときに生かすことができます」と伝えました。
f0237658_10150886.jpg
児童に夢を聞く久光さん

 最後に児童一人一人が夢について考え「アナウンサーになってみんなに情報を伝えたいです」「科学者になって世界に貢献したいです」など自分の夢について発表しました。

# by towada-city | 2019-07-22 10:29 | 学校・教育委員会 | Comments(0)

志道館剣道少年チームが全国大会出場を市長に報告

 7月18日、志道館剣道少年チーム(大木春男代表指導者)の皆さんが市役所を訪れ、7月29日、30日に日本武道館で行われる「第54回全国道場少年剣道大会」へ出場することを小山田久市長に報告しました。
 志道館剣道少年チームの皆さんは、4月29日に青森市で行われた「第43回青森県道場少年剣道大会兼第54回全国道場少年剣道大会県予選会兼全国道場少年剣道選手権大会(第44回賞・中学生男子の部)県予選会」で、小学生団体で優勝、中学生団体でベスト4入りし、そろって全国大会出場を果たしました。
 小学生大将の佐々木嵐くん(ちとせ小・6年)は、「全国大会では全力で戦いたいです」、中学生大将の畑中獅童(しどう)さん(三本木中・3年)は、「周りの雰囲気にのまれず、自分の試合をしっかりできるよう頑張りたいです」とそれぞれ意気込みを話しました。
 小山田市長は「自分の力を十分に出し切れるように頑張ってきてください。志道館、十和田市の名前を全国に知らせてきてほしいです」と、激励しました。

■小学生団体の部選手(監督:畑中 健一、選手名は県大会時の先鋒から大将の順)
先鋒:長根 隆三(りゅうぞう)(三本木小・4年)
次鋒:高橋 一華(いちか)(東小・5年)
中堅:小野寺 彩琉(いろる)(三本木小・6年)
副将:石田 佳乃子(かのこ)(北園小・6年)
大将:佐々木 嵐(ちとせ小・6年)

■中学生団体の部選手(監督:松村 明昇(あきのり)、選手名は県大会時の先鋒から大将の順)
先鋒:星川 裕哉(三本木中・2年)
次鋒:下田 健人(けんと)(東中・3年)
中堅:戸間替 大翔(まさと)(三本木中・3年)
副将:秋元 大晴(たいせい)(三本木中・2年)
大将:畑中 獅童(三本木中・3年)

f0237658_08414948.jpg
「次につなげるような試合をしたい」と抱負を語った志道館の皆さん


# by towada-city | 2019-07-22 08:43 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田STC(ソフトテニスクラブ)が全国大会出場を市長に報告

 7月18日、十和田STC所属の苫米地空隼(そらと)くん(藤坂小・6年)と櫻橋仁力(さくらばし にちか)くん(六戸小・5年)らが市役所を訪れ、7月25日~27日に栃木県那須塩原市で行われる「第36回全日本小学生ソフトテニス選手権大会」へ出場することを小山田久市長に報告しました。
 苫米地くんらは、6月8日においらせ町で行われた「令和元年度青森県小学生ソフトテニス選手権大会兼全日本小学生最終予選会」個人戦(ダブルス)の部で準優勝し、全国大会出場を決めました。
 週3回の練習と、大会前の強化練習で力をつけた2人は「全国大会では練習以上の力を出せるよう頑張りたいです」と今大会に懸ける思いを話しました。
 小山田市長は「力がある選手たちなので、全国大会では普段以上の力を出せると思います。応援していますので頑張ってきてください」と激励しました。
f0237658_08395610.jpg
(左から)小山田市長、櫻橋くん、苫米地くん、丸井英子教育長


# by towada-city | 2019-07-22 08:40 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

未来の科学の夢絵画展 文部科学大臣賞受賞を報告

 7月18日、市立南小学校(内山幸治校長)の新関琥太郎(にいぜき こたろう)くん(5年)が、「第41回未来の科学の夢絵画展」で文部科学大臣賞を受賞したことを小山田久市長に報告しました。
 この絵画展は「未来の科学の夢」を子どもが自由な発想で表現することで、科学的な探究心や想像力を伸ばすことを目的に開催されているものです。今回は全国から8,069点の応募がありました。
 新関くんの作品は「折り紙電池」。折り紙のように折ったり、切ったりしてさまざまな形に変身する電池を描きました。災害時でも役に立つように太陽光で充電でき、紙のように薄く、軽いので保管場所も取りません。
 新関くんは「お父さんが東日本大震災の災害派遣で被災地に行ったときに、電気が使えなく多くの人が困っていたという話を聞き、この作品のアイデアが浮かびました。10月下旬にインドネシアでこの絵画展の世界大会があるので、そこで発表できるのが楽しみです」と話していました。
 小山田市長は「おめでとうございます。昨年は妹さん(乃英(のえ)さん、南小・2年)もこの絵画展で発明協会会長賞を受賞したとのことで、兄妹そろっての受賞は素晴らしいです。世界大会でも立派な姿を見せてきてください」と受賞を喜んでいました。
f0237658_08372098.jpg
小山田市長に絵の説明をする新関くん(右)
f0237658_08373086.jpg
(左から)小山田市長、新関くん、妹の乃英さん、丸井英子教育長


# by towada-city | 2019-07-22 08:38 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)