十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

㈱みちのく銀行が「地方創生に係る包括連携協力に関する協定」に基づく取り組みの実施報告をしました

 8月29日、㈱みちのく銀行の工藤隆紀(たかのり)執行役員地域創生部長らが、平成27年12月に当市と㈱みちのく銀行が締結した「地方創生に係る包括連携協力に関する協定」の連携事業の一環として、2つの取り組みを実施していることを市長に報告しました。

1 CPS(シティプロモーションサポート)活動
 個人および法人のお客様に訪問する際、当市で9月23日、24日に開催される「あおもり10市大祭典in十和田」のパンフレットを配布し、十和田市のPRを実施している。これは、東京・仙台を含む全営業店(96カ所)で実施している。
2 名刺を活用した魅力発信事業
 名刺に当市の地域資源をプリントすることで、当市の魅力をPRする取り組みを実施している。この取り組みの対象職員は県外のお客様と接する機会が多い役職員を中心とした15人(副頭取、専務執行役員、函館営業部長、仙台支店長、地域創生部11人)で、実施期間は、8月22日から平成30年3月31日までとなっており、㈱みちのく銀行では初の取り組みとなっている。

 報告を受けた小山田市長は、「当市のPRにご協力いただいていて心強いです。ありがとうございます」と感謝の言葉を述べました。
f0237658_13325968.jpg
当市の地域資源がプリントされた名刺を持つ工藤執行役員地域創生部長(写真左)と「あおもり10市大祭典in十和田」のパンフレットを持つ小山田市長(写真右)
[PR]

# by towada-city | 2017-08-30 13:33 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田キッカーズ35が全国大会出場を市長に報告

 8月29日、十和田市を中心とした35歳以上で構成される「十和田キッカーズ35」の選手らが市役所を訪れ、小山田市長に、平成29年9月16日から19日にかけて兵庫県で開催される「日本スポーツマスターズ2017(サッカー競技)」へ出場することを報告しました。
 チームは今年7月1日から2日にかけて行われた「同東北予選会」で東北各県から選抜された6チームによるトーナメント戦で準優勝を飾り、東北地区に2枠与えられた全国大会出場の切符を手にしました。
 代表の大石洋樹(ひろき)さんは「全国大会では、予選突破を目標としてがんばってきます」と話しました。
 チームは、予選リーグで高知県一般選抜(四国第1代表)、アンフィニVANKEI.FC40(北海道代表)、羅針盤倶楽部NAGOYA(東海第2代表)と対戦します。
f0237658_13301549.jpg
(写真左から)今泉慎吾選手、大石代表、十和田市長、小林孝広(たかひろ)副代表
[PR]

# by towada-city | 2017-08-30 13:30 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

NPO法人プロ・ワークス十和田が市長を表敬訪問


 8月25日、NPO法人プロ・ワークス十和田(中野正三理事長)が、ベトナム国の幼児教育リーダー研修とベトナム文化交流プログラム確立事業の実施報告のため、市長を表敬訪問しました。
 この事業は、幼児教育に携わるベトナム国の幼児教育リーダー4人が、日本で幼児教育にかかる視察・研修を行うことでスキルアップを図り、地域との交流の輪を広げ、両国間のネットワークを構築することを目的として行われています。今回は、ベトナム国・バクサン省イエンズン県委員会主席、同県教育部長、幼児教育リーダー4人、通訳者の計7人が本市を訪れました。
 小山田市長は「十和田市は将来を担う子どもたちを大切にしています。文化の違いはありますが、さまざまなことを体験していただければ嬉しいです」と述べ、歓迎しました。
 幼児教育リーダーらの滞在期間は8月23日~9月1日までで、市内の保育園などで保育士による講義や研修を予定しています。

f0237658_16292289.jpg
ベトナム国幼児教育リーダーの皆さんらと記念撮影する小山田市長(写真中央)と中野理事長(写真右)


[PR]

# by towada-city | 2017-08-25 16:30 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

終戦から72年 平和を誓う~十和田市戦没者追悼式~

 8月22日、市民文化センターで平成29年度十和田市戦没者追悼式が行われました。  小山田市長の式辞に続き、遺族会を代表して十和田湖地区遺族会の東征悦会長が「悲惨な歴史を絶対に繰り返してはならないとの決意を新たに、そして戦争の史実と教訓を風化させることなく、子々孫々にわたり正しく継承し、恒久平和のために努力することを誓います」と追悼の辞を述べました。
 遺族など参加者約120人は、菊の花をささげ戦没者の御霊がとこしえに安らかならんことをお祈りするとともに平和への誓いを新たにしていました。
f0237658_09411647.jpg
追悼の辞を捧げる遺族会代表
f0237658_09413104.jpg
参列した参加者は戦没者を偲び菊花を献上しました
[PR]

# by towada-city | 2017-08-24 09:42 | Comments(0)

十和田青友会が市育英基金に寄付


 8月23日、青森銀行十和田支店の後援会組織である十和田青友会の桜田裕幸(ひろゆき)会長らが市役所を訪れ、十和田市育英基金として現金78,228円を寄付しました。
 これは、同会が8月4日に中央公園緑地で行った納涼パーティーの際に参加者から寄付を募ったもので、育英基金は、経済的理由で就学が困難な高校生・大学生などの奨学金貸与に使われます。
 桜田会長は「中央公園緑地を借りさせてもらうことで、毎年継続して行うことができ感謝しています」と述べ、小山田市長は「ありがとうございます。大事に使わせていただきます」とお礼を述べました。

f0237658_17213885.jpg

(写真左から)十和田青友会 市田俊次(いちだしゅんじ)副会長、桜田会長、小山田市長、青森銀行十和田支店 前田健栄(けんえい)支店長




[PR]

# by towada-city | 2017-08-23 17:23 | 寄付 | Comments(0)