十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

男女共同参画ワークショップ付き上映会を開催しました


 11月19日、市民交流プラザ「トワーレ」で男女共同参画ワークショップ付き上映会「おひとりさまを生きる~あなたは最期をどう暮らしますか~」(主催:青森県男女共同参画センター、共催:十和田市)を開催しました。 
 講師に、上級終活カウンセラーの村井麻矢さん(浄土宗 専求院(せんぐいん)住職妻)を迎え、「いつかは誰もがおひとりさま~最期まで自分らしく生きるために~」をテーマに、誰にでも訪れる人生のエンディングを自分らしく迎えるための活動や、体験について分かりやすく話しました。
 村井さんは「死というものはゴールではありません。死を思い、よく生きることで「生」が輝きだします」と述べ、近年増加しているおひとりさまを不安に思うのではなく、「おひとりさま力」をつけることが大切だと話しました。
 参加者らは、「限られた人生で何ができるかを考える良いきっかけになった」、「またこのような講演会を開催してほしい」などと、思い思いの感想を述べていました。
f0237658_16500934.jpg
おひとりさまで生活している女性11人のそれぞれの暮らし方を紹介するDVDを鑑賞
f0237658_16504809.jpg
講師の村井さんは、ワークショップで「エンディングノート」を書くことが大切と話しました
f0237658_16511536.jpg
「エンディングノート」とは、延命治療してほしいか、自分が亡くなったときに葬儀を実施してほしいかなど、終活に関するさまざまな希望を、生前に意思表示しておくものです。家族に対する自分の気持ちを伝えたり、自分のやりたいことをはっきりさせることができます
f0237658_16513626.jpg
3人1組のグループになり、最期の選択について考えたことがあるかなどを話し合いました
f0237658_16520796.jpg
会場には、最期まで自分らしく暮らすために役立つ本も多数紹介されていました
f0237658_16523013.jpg
参加者からは終活について不安に思っていることなど、多くの質問が寄せられました
[PR]

# by towada-city | 2017-11-20 16:56 | 男女共同参画 | Comments(0)

三中生・十和田バラ焼きゼミナールが「B-1グランプリ2017in中国瀋陽(しんよう)」出展の報告をしました


 11月14日、三本木中学校(伊藤宏校長)の1、3年生ら8人と十和田バラ焼きゼミナールの畑中宏之 舌校長が市役所を訪問し、10月28日、29日に中国で行われた「日中国交正常化45周年×B-1グランプリ2017in中国瀋陽」で出展、現地視察、ホームステイを通しての交流などの活動報告を行いました。
 生徒らは、ごみいただき隊として現地の学生らとともに、B-1グランプリの会場でのごみ集めを行い、「思いやり、おもてなしの気持ちは世界共通で大切なことだった」「現地の中学生とも交流し、積極性も学んだ」「楽しくボランティアできた」などと思い思いの感想を話しました。
 小山田市長は生徒たちの活動にお礼の言葉を述べたあと、「この経験を生かして、将来まちづくり、社会づくりを地元で進めていってほしいです」と期待を込めました。
f0237658_11500173.jpg
小山田市長(中央)を囲み記念撮影する、三中生の皆さんと伊藤校長(写真右から2番目)、十和田バラ焼きゼミナールの畑中舌校長(写真右)
[PR]

# by towada-city | 2017-11-15 11:51 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

伝統工芸にふれた「寺子屋稲生塾」最終講座・閉講式


 11月11日、市民交流プラザ「トワーレ」で、寺子屋稲生塾の最終講座と閉講式が行われました。
 最終講座では、十和田きみがらスリッパ生産組合の方々から、十和田市できみがらスリッパが作られるようになった歴史などを聞いた後、塾生全員で「ミニぞうり」作りに挑戦しました。
 また、講座に引き続いて行われた閉講式では、全員に修了証が授与されました。
 これまで全6回の稲生塾には47人が申し込み、稲生川の歴史探検や十和田市の特産品を使った調理やPR体験などを通して、開拓の心やふるさとを愛する心を学んできました。
 塾生を代表して、東 奏多(あずま かなた)くん(西小6年)は「自分の学校以外にも友達ができ、たくさんの楽しい体験ができました。来年は中学生なので、OBとして稲生塾をサポートできるようにしたいです」と受講の感想と抱負を述べました。
f0237658_16501326.jpg
きみがらスリッパは、昭和20年代の初め頃から、馬の飼料用作物であるデントコーン(きみ)の皮(から)を再利用して作られるようになりました
f0237658_16500076.jpg
全て手作業のため、1日に作ることができるのは2足ほどです
f0237658_16502743.jpg
乾燥させたきみがらを水で湿らせ、丁寧に編み込んでいきます。手際よく編み込む実演を見て、子どもたちはとても驚いていました
f0237658_16503937.jpg
実際に体験してみると、とても根気のいる作業です
f0237658_16505091.jpg
最後に、完成したミニぞうりを手に記念撮影
[PR]

# by towada-city | 2017-11-13 16:54 | 学校・教育委員会 | Comments(0)

絵本作家の宮西達也さんが深持小の児童らに読み聞かせをしました

 11月9日、26年度から『日本一本好きな子どもがあふれる学校を目指して』というテーマを掲げ、読書・体験活動に重点を置いている深持小学校(小笠原千景(ちかげ)校長)が、絵本作家の宮西達也さんを招いて、『ニャーゴのやさしさ・ティラノの思いやり』という演題で、読み聞かせ講演会を開催しました。
 講演会には深持小児童30人のほか児童の保護者らも参加し、宮西さんの絵本の読み聞かせを楽しみました。
 今回、読み聞かせを行った絵本は、「は~い」「まねしんぼ」「うんこ」「おっぱい」「ニャーゴのやさしさ」「ティラノの思いやり」「おまえうまそうだな」など多数。
 宮西さんは、児童の反応を見ながら絶妙な間で読み聞かせを行い、児童の笑いを誘い、心をがっちり掴み、2時間近くの講演会を全く飽きさせることなく、「宮西ワールド」を展開しました。
 「読み聞かせは楽しいということを味わって欲しいと思っています。読み聞かせに上手い下手はありません。絵本はその人の感性で読むのがいいところなのです。同じ絵本でも子どもの頃読むのと大人になってから読むのでは感じ方が違うと思います。絵本は子どものためだけにあるのではなく、大人も子どもも関係なく、人が読んで感じる本なのです」と宮西さんは児童と保護者らに絵本の読み聞かせの楽しさと絵本への接し方を話しました。
 米田匠(たくみ)くん(6年)は、「宮西さんの読み聞かせが、生で聞けてとても感動しました。前よりももっと本が好きになりました」と感想を話しました。
 宮西さんは、絵本の制作だけでなく、絵本「ティラノサウルスシリーズ」の映画化、ギャラリーの開設など活躍範囲を広げています。宮西さんの作品に触れたことがない人は、ぜひ触れてみてください。
f0237658_09374597.jpg
児童らは宮西さんの読み聞かせに引き込まれていきます
f0237658_09380560.jpg
絶妙な間で読み聞かせをする宮西さん
f0237658_09382683.jpg
スクリーンに映る絵本を食い入るように見つめる児童ら
f0237658_09385320.jpg
宮西さんの楽しい読み聞かせに大喜びの児童
f0237658_09390969.jpg
全員で記念写真
[PR]

# by towada-city | 2017-11-13 09:40 | 学校・教育委員会 | Comments(0)

アマチュアロックフェスティバルでの寄付金で子ども図書購入費を寄付

 10月30日、十和田ロックフェスティバル実行委員会(鈴木昌彦代表)の鈴木昌彦さんと山端潤一さんが、8月27日と10月7日に道の駅とわだで開催したアマチュアバンドのロックフェスティバルで寄付を募り、市民図書館の児童図書購入代金として42,677円を寄付しました。    
 鈴木昌彦さんは市内でバーを経営し、普段はアマチュアバンドの演奏機会を提供しており、野外で行う同フェスティバルは今回で3年目の開催です。「市街地にアマチュアバンドの発表の場が少ないので、同駅でのイベントを開催しました。県内10団体のバンドが、大勢の来客者の前でロックを思いのまま演奏し観客を楽しませました」と話しました。小山田市長は「新しくなった市民図書館は利用者が増えていますが、図書はまだまだ満足な状態ではないので、寄付は助かります」と感謝の言葉を述べました。
f0237658_16324832.jpg
          左から山端潤一さん、小山田市長、鈴木昌彦さん
[PR]

# by towada-city | 2017-11-06 16:34 | 寄付 | Comments(0)