十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


十和田乗馬倶楽部がオリジナル流鏑馬(やぶさめ)教本「流鏑馬虎の巻」を市に寄贈


 9月28日、十和田乗馬倶楽部の上村鮎子(かみむらあゆこ)代表取締役らが市役所を訪れ、オリジナル流鏑馬教本「流鏑馬虎の巻」を市へ50冊寄贈しました。 
 この教本は、同倶楽部が経済産業省の地域産業資源活用計画の認定を受け、それを活用して作られたもので、子どもたちにもっと流鏑馬のことを知ってほしいとの思いから、市内の小・中学校へ配布される予定です。
 上村代表取締役は「たくさんの方々が協力してくれるおかげで、十和田の流鏑馬の良さが伝わっていると思います。市内の子どもたちにも是非流鏑馬のことを知ってもらえれば嬉しいです」と述べ、小山田市長は「ありがとうございます。大事に使わせていただきます」とお礼を述べました。

f0237658_10513611.jpg
(写真左から)十和田乗馬倶楽部 上村代表取締役と小山田市長
f0237658_10514932.jpg
10月14日、15日に中央公園緑地で行われる世界流鏑馬選手権でも、流鏑馬の魅力を発信したいと語っていました
[PR]

by towada-city | 2017-09-29 10:59 | 寄付 | Comments(0)

林野火災に備える合同訓練を実施~青森県防災航空隊との連携による林野火災対応訓練~

 9月25日、高森山総合運動公園(深持字梅家ノ下)を会場に青森県防災航空隊との連携による林野火災対応訓練が開催されました。
 この訓練は、林野火災の特殊性及び水利の乏しい地域での消防活動を想定し、十和田地域広域事務組合消防本部(39人)、十和田市消防団(第3分団20人)及び青森県防災航空隊(9人)が合同で訓練を実施することで、防災関係機関相互の強化を図るとともに、的確な指揮命令系統ならびに消防活動体制の構築を確立し、参加隊員等の技術と知識の向上を図ることを目的として行われました。
 訓練内容は次のとおり
① 消防職・消防団員による長距離中継送水訓練(約650m)
② 防災ヘリコプター離着陸に伴う、場外警備・機体誘導訓練
③ 防災ヘリコプターへの給水訓練
④ 防災ヘリコプターによる、空中消火(散水)訓練
⑤ 防災ヘリコプターからの上空偵察訓練
⑥ 防災ヘリコプターへの給油訓練
f0237658_16582933.jpg
防災ヘリコプター「しらかみ」に給水装置を装着するため、ヘリの着陸を待つ青森県防災航空隊員
f0237658_16584730.jpg
空中消火(散水)訓練の様子
f0237658_16590883.jpg
青森県防災航空隊員の説明に耳を傾ける十和田地域広域事務組合消防本部の消防職員ら
f0237658_16592736.jpg
約650mの山道をホースで中継し送水する訓練を行う十和田市消防団(第3分団)の消防団員
[PR]

by towada-city | 2017-09-27 17:00 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

十和田スリー☆スターズスポーツ少年団が全国大会3位入賞などを市長に報告

 9月20日、市立三本木小学校(坂本稔校長)、市立北園小学校(久保孝樹校長)、市立南小学校(馬場泰裕校長)、市立ちとせ小学校(中野正喜校長)の4校の児童で構成される「十和田スリー☆スターズスポーツ少年団」(長谷地孝育成会会長・山辺健二監督)の選手らが市役所を訪れ、小山田市長に、2つの全国大会に出場した成果を報告しました。
 成績は、8月10日から16日に東京都で開催された「高円宮賜杯第37回全国学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」ではベスト16、8月13日から16日に兵庫県淡路島で開催された「第39回全日本都市対抗少年野球淡路島大会」では3位入賞となりました。
 両大会の日程が重なりましたが、先に東京都で行われた大会の3日目で敗れ、敗戦当日、バスで10時間かけて淡路島に移動し、翌日からまた試合というタイトなスケジュールの中で、淡路大会では、4試合を勝ち抜き、みごと3位入賞となりました。
 報告に訪れた20人の選手は市長に対し、一人一人、全国大会での貴重な経験を話し、2番キャッチャーの宮本宇馨(うきょう)くん(北園小・6年)は「全国大会で自分より体が大きい選手や肩が強い選手と対戦してきました。一つのミスが試合を左右するため、一球一球集中することや考えながら野球をすることの大切さを学んできました」と話しました。 
 小山田市長は「全国大会3位はすばらしいことです。たくさんのことを学んで、しっかり成長してきた跡が見えます」と選手たちを労いました。
f0237658_13311079.jpg
全国大会での貴重な経験を話す十和田スリー☆スターズの皆さん
f0237658_13312425.jpg
全国大会3位!来年も頑張ります!
[PR]

by towada-city | 2017-09-21 13:32 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

秋空を約4,000発の花火が彩る~十和田市夏まつり花火大会~

 9月16日、市陸上競技場などで「第60回十和田市夏まつり花火大会」が開催されました。
 県内で唯一まちなかで開催される十和田市の花火大会。今年は天候不良のため2度延期になりましたが、この日は天候にも恵まれ午後7時から約4,000発の花火が打ち上がり、約3万5千人の観客の目を楽しませました。夜空に映し出された色とりどりの光の競演に観客からは大きな歓声が上がっていました。

f0237658_14575408.jpg

            市役所前から見る花火


f0237658_14581139.jpg

現代美術館から見る花火は、十和田市ならではの光景


f0237658_14582177.jpg
            秋空に大輪の花を咲かせました

[PR]

by towada-city | 2017-09-19 15:02 | イベント | Comments(0)

藤坂小の6年生22人と保護者らが災害地で行われる救援活動(炊出しなど)を体験

 9月5日に、藤坂小学校(川崎守校長)で、藤坂小の6年生22人、保護者、学区内の町内会が、十和田市赤十字奉仕団らの指導のもと、救援活動(炊出しなど)を体験しました。
 これは、十和田市赤十字奉仕団が、赤十字社の活動を拡散すること、青少年赤十字と町内会との交流を深めることを目的として開催しました。
 炊出しでは、ハイゼックス袋という特殊な袋に米と水を入れて、空気が入らないように結ぶ作業を体験し、昼食には、自分が米と水を入れて袋詰めをしたハイゼックス袋で炊出したご飯を使用して、カレーライスを食べました。
 炊出し体験以外にも、防災士会による防災学習や赤十字講師による講話や赤十字社のDVD鑑賞なども行われました。
 さまざまな救援活動を体験した松坂映(あきら)くん(藤坂小・6年)は、「自分で袋詰めをしたハイゼックス袋で炊出ししたご飯はやわらかくて、とてもおいしかったです。炊出し以外にも災害が起きた時には今日学んだことを実践して、ケガをしている人を助けたいです」と救援活動への意欲をのぞかせました。
f0237658_14054843.jpg
ハイゼックス袋に米と水を入れ、空気が入らないように結ぶコツを教わる児童
f0237658_14062610.jpg
お湯の入った大きな釜にハイゼックス袋を入れて覗き込む児童。おいしくできるかな
f0237658_14063921.jpg
ハイゼックス袋を使って炊出した米に赤十字奉仕団の婦人が作ったカレーをかけてもらいました
[PR]

by towada-city | 2017-09-07 14:07 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

「夢への挑戦」講演会 ~サッカー日本女子代表前監督佐々木則夫氏が中学2年生に「夢を叶える力」を伝える~

 9月5日、中学2年生を対象に「夢への挑戦」講演会(市教育委員会主催)が開催され、市内中学校などから約700人の生徒が参加し、聴講しました。
 これは、将来の夢を実現する上で、現実問題に直面し模索する時期である中学2年生を対象に、文化、スポーツなどの第一線で活躍する著名人が、夢や希望の実現を目指して努力や挑戦をし続けてきたさまざまな体験や感動を、中学生に伝えることで、将来の夢・希望の実現を目指して努力し続けようとする意欲や態度を育成するものです。今年は、サッカー日本女子代表前監督の佐々木則夫氏が、「夢を叶える力~中学生に伝えたいこと~」と題して講演しました。
 佐々木則夫氏は、まず「夢を持っていても、ただ待っていたら永遠に待ち続けることになる。夢や希望を持ったら、実現するための設計図を持つことが重要です」と、夢に向かって働きかけ続ける重要性を伝えました。
 そして、自身が監督を務め、2011年にドイツで行われたFIFA女子ワールドカップで優勝するに至った過程について話しました。
 目標を達成するためには、「仲間を大切にすること」が重要であると説き、選手やチームスタッフの仲間意識を高めることで、個人・集団のパフォーマンスが上がると話しました。
 講演後、藤井陽登(はると)くん(十和田中・2年)の「世界で通用するサッカー選手になるためには、どうしたらいいですか」との質問に、「その想いを持ち続けることです」などと回答し、中学生の夢にアドバイスを与えていました。
f0237658_16512815.jpg
ユーモアを交え、中学生をリラックスさせて講演に引き込む佐々木氏
f0237658_16514335.jpg
中学生を壇上にあげ、質問に対して身振り手振りを交えて熱く答える佐々木氏
f0237658_16515406.jpg
「男子に交じってサッカーをする際、メンタルを強く持つためにはどうしたらいいか」との質問に対して、「成長できる環境だと思って楽しむことだ」とアドバイスする佐々木氏

[PR]

by towada-city | 2017-09-06 16:52 | 学校・教育委員会 | Comments(0)

十和田工業高校・小笠原君「若年者ものづくり競技大会・電気工事職種」銀賞!

 8月31日、十和田工業高校(濵中瑞洋(みつひろ)校長)の電気科3年、小笠原舞人(まいと)君らが、市役所を訪れ、小山田市長に8月4日に愛知県名古屋市で開催された第12回若年者ものづくり競技大会(厚生労働省および中央職業能力開発協会主催)の電気工事職種で銀賞を受賞したことを報告しました。
 この大会は技能習得中の就業していない20歳以下が対象の大会で、15職種に分かれその技能を競います。
 小笠原君が出場した電気工事職種は、与えられた課題施工図を基に、3時間以内に作業板に配線工事を施して、その技術の優劣を競うもので、小笠原君は29人(内高校生11人)の選手の中、銀賞(2位)に輝きました。本競技大会に向けて、本番2カ月前から毎日4時間の練習を行い、技術を磨いた成果が形となりました。
 小山田市長が「おめでとうございます。社会人になってからも技術の向上に努めて、頑張ってください」と激励すると、小笠原君は、「第一種電気工事士の資格を取得し、技能五輪で受賞できる技術を習得するようがんばります」とさらなる高みを目指すことを誓いました。
f0237658_11023792.jpg
小山田市長(写真左)と小笠原君(写真右)
f0237658_11024798.jpg
本番で作成した作業板を見ながら市長に説明する小笠原君(写真左)
[PR]

by towada-city | 2017-09-04 11:03 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田ガーデン花街道・三本木農業高校「命の花プロジェクト」連携植栽

 8月31日、官庁街通りの花壇の維持管理を市と協力して行っている「十和田ガーデン花街道」(小嶋敏子代表)が、三本木農業高校の「命の花プロジェクト」と共同で市役所前の階段に設置したプランターに花の苗を植栽しました。
 「命の花プロジェクト」は、犬や猫の殺処分をゼロに!を目指して、三本木農業高校の生徒が取り組んでいるもので、殺処分された犬や猫の骨を細かく砕き、肥料として土に混ぜ花を育てる活動です。「もっと長く生きたかった」という動物たちの思いを、花に命を与えることで遂げてほしいとの考えで、平成24年から実施されています。
 今回はその土の提供を受け、みきの保育園とわんぱく広場保育園の園児と共に花の苗を補植しました。
 植栽の前に小山田市長は、「皆さんの活動が、青森県だけでなく全国の人々の共感を得て、命の尊さや大切さ、また飼い主がペットとの関わり方やモラルについて考えるきっかけとなることを強く願います」とあいさつしました。
 花の苗を植えた、みきの保育園の法量來愛(くれあ)ちゃんは、「土で真っ黒になったけど、楽しかったです」と笑顔で話しました。
 今回植えた花は、あおもり10市大祭典in十和田開催時にも飾られる予定です。花の美しさが伝わると共に、殺処分ゼロの輪が大きく広がることを願います。
f0237658_16011858.jpg
命の大切さを伝えながら植栽する小山田市長
f0237658_16014441.jpg
苗の植え方を指導してもらいました
f0237658_16023503.jpg
夢中で土を掘り、花の苗を植えました
f0237658_16025674.jpg
土だらけになったけど頑張ったよ!
[PR]

by towada-city | 2017-09-01 16:03 | セーフコミュニティ・まちづくり | Comments(0)