十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


とわだっ子いじめ追放キャンペーンスタート!  ~東中いじめ追放パネルディスカッション大会2016~

 1月28日、東中学校(櫻田良一校長)で、『東中いじめ追放パネルディスカッション大会2016』が開催されました。
 これは、市教育委員会が、市立小・中学校を対象に、いじめの未然防止に向け、児童・生徒の自治的活動を促し、いじめを許さない態度の育成を目的として実施する『とわだっ子いじめ追放キャンペーン』に関連して、同校が実施したものです。
 パネルディスカッションには、各学級の室長ら14人がパネリストとして並び、『心温まる、感動した友達の言動』や『人が嫌がる言動、止めたいと思った言葉・出来事』、『そんな言動をとる人はどんな人?その人に何と言ってあげたい?』など、事前に各学級で話し合った内容を発表し、『心温かい学級・学校であるために』個人として、集団としてどうすればいいのかをみんなで考えました。執行部の坂田希予乃(きよの)さん(3年)は「自分がされて快いと思った言動を積極的に他の人にも行い、お互いを尊重し合える生徒がたくさんいる学校を作りましょう」と話し、同じく執行部の佐々木惟斗(ゆいと)くん(2年)は「いじめという言葉がこの東中から絶対に出てこないようにしましょう」と感想を話しました。
 パネルディスカッション後は、生徒会長の佐藤新(あらた)くん(3年)が『とわだっ子いじめ追放宣言』の全校生徒分の署名を米田教育長へ提出しました。米田教育長は「“優”という字は人のことを憂うと書きます。今日の皆さんのお話を聞いて、人のことを気遣ったり、心配したりすることが大切だなと、改めて感じました。どうか皆さん、優しい心を持つ人間に成長してください。そして、その過程でくじけているような友達がいたら、みんなで助けてあげてください」と、生徒たちにエールを送りました。
 この『とわだっ子いじめ追放キャンペーン』は、東中学校を皮切りに市内の小中学校で行われます。
f0237658_16480775.jpg
各学級の室長10人、同校JUMPチーム2人、執行部2人の計14人がパネリストとして並びました
f0237658_16480995.jpg
JUMPチーム代表の木村太郎くんは、「心が成長すると、いじめはなくなると思います。中には心が成長していない人もいると思うので、みんなで考える集会などを開いたりして、いじめを許さないという意思をみんなが持つことが大事です」と自分の意見を話しました。
f0237658_16480841.jpg
全校生徒が熱心に聞き、日常に潜むいじめについて考えました
f0237658_16481075.jpg
米田教育長に署名を提出する佐藤生徒会長

『とわだっ子いじめ追放宣言』
私たちは、いじめをなくし、みんなが笑顔で安心して過ごせる学校をつくっていきます。
そのために私たちは
①正しい判断のもと、いじめを決して許さない強い意思を持ちます
②見て見ぬふりをせず、勇気を出していじめに立ち向かいます
③相手の気持ちに寄り添い、思いやりのある行動をします

[PR]

by towada-city | 2016-01-29 16:50 | 学校・教育委員会 | Comments(0)

市とJAFが『観光振興に係る連携協定』締結

 1月25日、市と一般社団法人日本自動車連盟(以下JAF・小栗七生(おぐりななお)会長)が『観光振興に係る連携協定』を締結しました。
 これは、それぞれの持つ資源を有効活用することで観光客誘致や観光振興に役立てることを目的としたもので、県内では七戸町、西目屋村、風間浦村、八戸市、鰺ヶ沢町に続き6例目となります。
 締結書に署名した小野大介青森支部長は、「当社ではドライブを通じた地域振興に力を入れております。日本有数の観光資源である十和田湖や奥入瀬渓流、食では十和田バラ焼きなど、十和田市の魅力的な情報を積極的に発信していきたいと思います」とあいさつしました。
 この締結により、市の観光情報などが、JAFの観光情報登録システム『JAFナビ(ホームページ)』や、全国で1,200万部発行されている会報誌『JAFMate(ジャフメイト)』などで全国へ発信されます。
 JAFは、平成27年12月31日現在、全国に1,835万名を超える会員を持ちます。
 市のおすすめドライブコースや旬のスポット情報などに魅かれ、ドライブで当市を訪れる観光客の増加に期待が集まります。
f0237658_16171291.jpg
署名後、締結書を手に握手をする小野支部長(写真右)と小山田市長

[PR]

by towada-city | 2016-01-25 16:33 | 市政の動き | Comments(0)

工場立地基本協定に調印~国内最大規模の木製サッシ工場が来年3月に操業予定~

 1月18日、十和田富士屋ホテルで株式会社東京組(中野渡利八郎代表取締役会長)、青森県、市の3者が『工場立地基本協定』に調印しました。
 本市出身の中野渡会長は、「工場は建物、設備など計12億6700万円の設備投資を計画している。県産スギを使用し断熱性能に優れた低価格の木製サッシの生産をしていきたい。従業員についても地元採用を28人予定している」と意欲を見せました。
 三村申吾知事の代理出席をした八桁(やげた)幸男県商工労働部長が「今回の新工場設立は、本県の林業・木材産業の活性化に大いに寄与し、地元から従業員を多数雇用することは産業雇用分野に大きな効果をもたらすもの。厚くお礼を申し上げ、円滑な事業推進がなされるよう、できる限りの協力をしていきたいと考えています」と三村申吾知事のメッセージを代読しました。
 調印を終えて、小山田市長は「中野渡会長には工場立地の誘致があまたある中で、出身地である十和田市を選定していただき、大変うれしく思っています。当市にとって、工場の立地は14年ぶりとなり、今年はいい年の幕開けであると思っております」と話しました。
 新工場は平成28年5月に着工予定、平成29年3月の操業を目指します。
★協定の内容★
1工場の早期開設
2地元出身者の優先雇用と人材確保に対する協力
3工場の開設にあたり可能な範囲で優遇措置を講ずるよう努めること
f0237658_10000387.jpg
取り交わした協定書を披露(左から小山田市長、中野渡代表取締役会長、八桁幸男県商工労働部長)
f0237658_10001645.jpg
調印後握手する3者
f0237658_10003579.jpg
断熱性能に優れた木製サッシの説明をする中野渡代表取締役会長
[PR]

by towada-city | 2016-01-21 10:01 | 市政の動き | Comments(0)

空高く響くラッパの音と号令 ~消防出初式~

 1月17日、官庁街通りで十和田市消防出初式が行われました。
 この時期には珍しく雪のない乾いた路面の官庁街通りに、消防職員と消防団員合わせて745人と、消防車両50台が整列し、小山田市長らが各隊を巡閲しました。
 全ての隊を巡閲した後、団員らはラッパ隊の演奏に合わせてさっそうと分列行進を披露。
 団員らは、「頭(かしらー)右!」という掛け声に合わせ、小山田市長へ顔を向け、敬礼などをして行進し、その凛々しい姿に、沿道の観客からたくさんの拍手が送られました。
 地域の消防を担っているのは消防署などの常備消防と、一般市民によって構成される消防団です。地域の実情をよく知り、常備消防を後方支援する消防団の活躍は不可欠で、ますます重要性が高まっています。

 消防団員として地域の安全・安心を守りませんか?
 十和田市では消防団員を随時募集しています。
 消防団員についてのお問い合わせは
 十和田地域広域事務組合消防本部警防課消防団係 ☎0176-25-4111
 総務課防災係 ☎0176-51-6703
f0237658_13401917.jpg
官庁街に整列した隊列を小山田市長らが巡閲
f0237658_13402103.jpg
地域消防を担う気概にあふれた勇ましい行進
f0237658_13402534.jpg
『信号ラッパ(ビューグル)』という楽器を演奏し、団員らの士気を高揚させるラッパ隊の皆さん。
ラッパ隊も随時募集しています。興味のあるかたはお問い合わせください
f0237658_13402377.jpg
沿道にはたくさんの観客が訪れ、子どもたちは、消防車にくぎ付けでした

[PR]

by towada-city | 2016-01-18 15:55 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

再発見! ココロにときめく十和田の魅力

 1月16日、市民交流プラザ「トワーレ」で、第2回とわだふるさと自慢フォーラムが開催されました。これは、県外出身の北里大学生をはじめ、新たな視点を持つかたの力を借りて十和田の魅力を再認識し、まちづくりの取り組みに生かそうと、とわだ市民活動ネットワーク(山端政博代表)が開催したもので、昨年に続き2回目となりました。
 今回は「ココロにときめいたこの1点」をテーマに、6人の大学生が『ゆるりら十和田検定公式テキストブック』の中から最も印象に残った1点と、十和田の好きなところを発表しました。
 大津翔平さん(神奈川県出身・北里大学3年)は、市伝統芸能について、「歴史を知るきっかけとなり、特に南部駒踊りから馬とのかかわりを知った」と発表し、本市については「アートのまち。また、野菜など、安くておいしいものがある」と話しました。
 また、TMG48(ティーエムジーフォーティーエイト)が企画した市内めぐりのバスツアーに参加した三本木農業高校3年の生徒3人が、それぞれ気になった観光箇所と感想を発表し、法身和尚を取り上げた田中祐希乃さんは「市にこんなにすごい物語があるとは知りませんでした」と、発見に心をときめかせた様子でした。
 フォーラムは、参加者との質疑や意見交換をしながら和やかに進行しました。小山田市長は、学生の発表に新たな情報を提供しながら「十和田市をよく知り、魅力を感じていただけたなら、卒業後もひいきにしてPRしてもらいたい」とお願いをし、山端代表は「市民が大学生とともにまちづくりを進めるという機運を高めていきたい」と呼び掛けました。

f0237658_15223965.jpg
県外出身の6人の北里大学生と、三本木農業高校生が、十和田ならではの魅力を発表しました
f0237658_15232025.jpg
伝統芸能を継承している参加者は「興味があれば、ぜひ一緒にやりましょう」と笑顔で呼び掛けました
f0237658_15235925.jpg
主催者からの「不便な点や、要望があれば教えて」という問いには、交通や、雪の話題、イベント情報の共有のことなどが挙げられました
f0237658_15243516.jpg
市長も全員の発表に聞き入り、時折エピソードなどを披露しながら、熱心に懇談しました
[PR]

by towada-city | 2016-01-18 15:28 | イベント | Comments(0)

安全・安心な畜産経営への発展に期待~平成27年度意欲溢れる攻めの農林水産業賞の最優秀賞受賞を報告~

 1月15日、福澤秀雄さんが市役所を訪れ「平成27年度意欲溢れる攻めの農林水産業賞の最優秀賞」を受賞したことを小山田市長に報告しました。
 この表彰は県知事が「攻めの農林水産業」の一層の拡大と定着を図るため、生産・流通・販売面において「攻め」の姿勢で新たな試みへの着手や創意工夫を凝らし、収益力を高めるとともに、地域の活性化などに貢献している意欲溢れる生産者や団体などを対象として表彰するものです。
 福澤さんは、飼料用稲の生産にいち早く着目し、低コスト化や稲ソフトグレーンサイレージ(SGS)の活用のため自ら研究を重ね、地域に技術を普及するとともに営農組織「SGSフロンティア十和田」を立ち上げ、担い手育成や耕畜連携拡大に努め、地域農業のけん引役として貢献していることが評価されました。
 小山田市長は「市の農業のためにご尽力いただきありがとうございます。産学官連携事業なども活用して、一般の畜産農家が活用できるSGSの飼料給与マニュアルの確立を目指して、継続して技術向上に努めていただきたい」と一層の活躍に期待を寄せました。

f0237658_11071070.jpg
福澤さん(写真左)と小山田市長
[PR]

by towada-city | 2016-01-18 11:07 | 報告・受賞 | Comments(0)

節目の儀式、晴れやかに~平成28年十和田市成人式~

 1月10日、市民文化センターで「平成28年十和田市成人式」が開催されました。今年は、平成7年4月2日から平成8年4月1日生まれの565人の市民が成人を迎え、式典には602人が参加しました。
 式典では、小山田市長が「これからは社会の一員として社会に対する義務や責任ある行動が求められます。成人としての長い道のりをどう生きるのか、しっかりと思い描き、具体的な目標に向かって進んでほしい」と式辞を述べました。
 新成人を代表して、小野滉貴(ひろき)さんと太田星香(せいか)さんがそれぞれ「学んできたことを生かし、地元の魅力を引き継ぎ、力となるよう努力していきます」、「金銭面や精神面で自立し、社会の一員として胸を張れるような大人になりたい」と誓いの言葉を述べました。
 また、式に参加した中学・高校時代の恩師が新成人にメッセージを贈ると、会場のあちらこちらから歓声が湧き起こりました。
 今回、初めて新成人による成人式実行委員会が組織され、委員会の皆さんが式典第2部のアトラクションを企画、進行しました。催しの中の、ブレイクダンスとバンド演奏を行ったのは、新成人で構成されるチームでした。アトラクションの最後には抽選会を実施。当選者が自己紹介と感想を述べると、会場は盛り上がりを見せました。実行委員長の川村悠歌(はるか)さんは、「準備から本番まで、委員のみんなと精一杯進めました。アトラクションでは、新成人たちが自ら名乗りを上げて出演してくれました。みんなの力があってこそ成功できました」と笑顔で話しました。
 式典を通して、節度をわきまえ、時に真剣に、時に賑やかに、新成人たちの振る舞いはとても清々しく、頼もしいものでした。

f0237658_16411350.jpg
晴れ着に身を包み会場を訪れた新成人の皆さん
f0237658_16421357.jpg
友達と一緒に写真を撮る姿が見られました
f0237658_1643845.jpg
新成人の代表として、誓いの言葉を述べた太田さん
f0237658_16445583.jpg
全員で市民憲章を唱和。大きな声が会場に響き渡りました
f0237658_16454627.jpg
中学・高校時代の恩師の激励に、会場のあちらこちらで手を振る新成人の姿が見られました
f0237658_16461816.jpg
主に高校時代に活動したブレイクダンスのチーム「LOOSE DOGS(ルーズドックス)」。この日のために、久しぶりに練習を積みました
f0237658_16471467.jpg
「LOUD(ラウド)デス」によるヘビーメタルの演奏
f0237658_16501482.jpg
実行委員会による抽選会。当選番号を読み上げます
f0237658_1651518.jpg
抽選に当選した新成人にマイクが渡されました
f0237658_16514932.jpg
式典終了後、友情を確かめあうように再び集い、離れがたい様子でした
[PR]

by towada-city | 2016-01-12 16:55 | 学校・教育委員会 | Comments(0)

今年も白熱!十和田市少年少女発明クラブロボット競技会

 1月9日、南公民館で「平成27年度十和田市少年少女発明クラブロボット競技会」が開催され、39人のクラブ員がロボコップ相撲、甲虫ロボ競技、オーバー・ヒル・アタックの3種目で自作のロボットを操作し競い合いました。また、上級クラブ員によるボール・オン・タワーⅡという競技の実演と全国チャレコン参加作品の紹介も行われました。
 競技会に先立ち、主催者を代表して、同クラブの佐々木忠一会長が「全国大会でベスト3に入ることを目標に頑張ってください。全国に十和田市少年少女発明クラブの名前が知れ渡るように努力してもらいたい。今日は一年間の努力の成果を存分に発揮して、楽しんでロボット競技をしてください」とあいさつしました。
 クラブ員はそれぞれの競技で熱戦を展開。ロボットが思うように動かずに悪戦苦闘する姿も見られましたが、日頃の練習の成果を発揮しようと夢中になって操作していました。
 ロボコップ相撲で優勝した大坂流空(りゅうく)くん(東小・4年)は「モーターを前に付けてパワーを出すように工夫しました。ロボット作りは好きなので、これからも続けていきたいです」と話しました。
f0237658_13584710.jpg
直径50㎝の土俵の上で、工夫を凝らし作ったロボコップがぶつかり合います
f0237658_13590336.jpg
まっすぐ進むのがとても難しい甲虫ロボ競争。良いタイムを出そうと奮闘します
f0237658_13591899.jpg
ゴルフボールを相手側得点ゾーンに多く入れたほうが勝ちというルールのオーバー・ヒル・アタック。熱戦の連続に会場が盛り上がりました
f0237658_13593034.jpg
ひとつでも多く相手側得点ゾーンにゴルフボールを入れようと、真剣な表情でロボットを操作します
[PR]

by towada-city | 2016-01-12 14:00 | イベント | Comments(0)

B-1 ボランティア感謝の集い&解団式

 1月6日、市民文化センターで、『第10回B-1グランプリin十和田ボランティア感謝の集い並びに解団式』が行われ、大会ボランティアら約250人が参加しました。
 集いでは、ボランティア活動動画の上映などが行われ、参加者は、大会を振り返るとともに、自分の従事場所以外の、初めて見る大会全体の光景にさまざまな思いをめぐらせました。
 また、トリオ★ザ★ポンチョスのうっちゃん・みかちゃんが大会公式ソングなどを歌い、大会の熱気を再現。さらに、ボランティアのために作った新曲を歌い、今大会を讃えました。
 続いて解団式では、大会長の小山田市長が「この大会が盛況のうちに終わることができたのもボランティアのみなさんのおかげです。ボランティアは当市の誇りであり、心強く思います。これからも当市の魅力をさらに高め、さらに発信するために、皆さんの力を発揮していただきたい」とお礼の言葉を述べ、ボランティアに協力した小・中・高校30校に感謝状を贈呈しました。
 最後に、ボランティア代表の高屋友輔さん(十和田西高3年)が「地域愛にあふれたかたがたと時間を共有できたことを誇りに思います。十和田市民全員で、十和田を愛し、元気な十和田になるためのまちづくりを頑張っていきましょう」とあいさつしました。
 参加者は、この大会が呼んだ大きな感動と、ボランティアをはじめとする市民の力がもたらした大きな効果をひしひしと感じ、互いの労をねぎらいました。
f0237658_13130033.jpg
今大会も大活躍だった十和田西高生の皆さん。大会を振り返って感想を発表しました
f0237658_13130693.jpg
三本木中学校生徒会長 成田隼一郎くん(3年)
「思いを相手に伝えることが大事。この動きが青森県、日本、世界、宇宙まで繋がってほしい」
f0237658_13130140.jpg
行列代行や市PRをした海老名敏州(としくに)くん(三本木小6年)
「これからもB-1みたいに、あいさつをして、みんなが笑顔になれるようにしたいです」
f0237658_13130290.jpg
うっちゃん・みかちゃんのライブは会場総立ちで、大会の熱気が再現されました
f0237658_13130333.jpg
最後に、参加者全員で「ラヴィアンローズ!」
ボランティアの皆さん、ありがとうございました。バラ色の人生を!

[PR]

by towada-city | 2016-01-07 17:13 | B-1 | Comments(0)