十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


さくら咲く咲く 賑わう官庁街

 4月29日、官庁街通りでたくさんのイベントが行われました。
 中央公民館駐車場前の水路では、「手作り水車コンテスト」が行われました。身近にある材料で作られた水車は花見客の足を止め、注目を集めていました。
 八郷らくらく会が結成した「さくらになり帯」は、和装で官庁街通りを歩いた後、手作り水車の前で三本木小唄の流し踊りを披露しました。
 参加した八郷らくらく会の畠山きくさん(80歳)は、「天気が良くて私の気持ちを表しているようです。」と、はつらつとした顔で話しました。
 また、ゆるかわ写真家として活躍されている“きょん♪”さんこと川野恭子さんと一緒に歩き撮影する「さくら咲く咲く官庁街&美術館おさんぽ撮影会」も開催され、県内各地から21人の参加がありました。
 参加者の三上朋恵(ともえ)さん(東北女子大・20歳)は、「初めての参加ですが、カメラを始めて間もないので勉強になります。たくさん学習して帰ろうと思います。」と、意気込んでいました。
f0237658_16043366.jpg
官庁街に現れた大きな水車にびっくり!
f0237658_16044938.jpg
CDの水車に興味津々の子どもたち
f0237658_16073914.jpg
和装で闊歩。粋ですね!
f0237658_16072585.jpg
桜と八郷らくらく会の舞の共演
f0237658_16075956.jpg
とっておきのワン・ショットを求めて。
f0237658_16092899.jpg
今度は撮られる側で。カメラ女子の皆さん。

[PR]

by towada-city | 2014-04-30 16:15 | イベント | Comments(0)

満開の桜! 十和田市春まつりがスタート

 4月20日から十和田市春まつりが始まり、中央公園緑地などでさまざまな催しが行われました。
 26、27日には、中央公園緑地で、全国的にも珍しい女性騎士による「桜流鏑馬(さくらやぶさめ)」が行われました。
 満開の桜の下で開催された今大会では、咲き誇る桜並木の馬場を勇壮に駆けぬけ、華麗に的を射る女性騎士に、観客から歓声や拍手が送られていました。
 同会場では、十和田市青空商店組合によるたこ焼きや焼き鳥などの屋台が軒を連ね、家族連れやたくさんのお花見客らで賑わっていました。
 桜の広場では、26日にヒップホップダンス「Street The Party Vol .3」、27日には「琴の演奏会」と「Yosakoi元気まつり2013」などが行われました。
 「Yosakoi元気まつり」は、東日本大震災の影響で「よさこい夢まつり」が中止となり、よさこいで元気を届けたいという想いから、北里大学生のよさこいチーム「北里三源色」が企画や進行などを行い、平成23年から毎年開催しているものです。
 北里三源色や馬花道の地元チームと、青森公立大学、弘前大学の4チームが参加し、躍動感あふれる踊りで会場を沸かせました。 
 十和田市春まつりは5月5日まで開催されます。詳しくはコチラ
 問い合わせ先 十和田市観光協会℡0176-24-3006
f0237658_16561512.jpg
現代美術館向かいに設置された案内所も賑わっていました。
f0237658_16583530.jpg
勇壮にして華麗、軽快にして優美に的を射る女性騎士
f0237658_17000860.jpg
琴の奏でが桜を引き立てます
f0237658_17005119.jpg
たくさんのお客様の前でも頑張って踊りました。
f0237658_17012052.jpg
各チームの渾身の演技に会場から大きな拍手が送られました。

[PR]

by towada-city | 2014-04-28 17:22 | イベント | Comments(0)

おっきな本だ! 大型絵本の特別展示

 市民図書館では、子どもの読書週間にちなみ、子どもたちにより本に興味をもってもらうため、所蔵する大型絵本の特別展示を行っています。
 子どもたちに人気の絵本が並べられていますが、なかでも『だるまさんが』(かがくい ひろし作)という絵本は、ページをめくるたびに子どもたちが大きな声で笑うなど、注目を集めていました。
 ほなみ保育園の工藤竜聖(りゅうせい)くん(年長組)は、「大きな本は楽しい!僕は恐竜の本が一番好きです。」と話していました。 
 この大型絵本の展示は5月12日(月)まで行っています。
f0237658_16542072.jpg
お母さんに読んでもらって、絵本に夢中になる子どもたち
f0237658_16543514.jpg
次、どうなるの?
f0237658_16544811.jpg
恐竜かっこいい!
f0237658_16545897.jpg
ぼく、自分で読めるよ
f0237658_16551027.jpg
普通サイズの絵本と大きな絵本が並んで展示されています。

[PR]

by towada-city | 2014-04-28 17:19 | イベント | Comments(0)

記念フォトフレーム贈呈!

 十和田市は、平成27年1月1日に市制施行10周年を迎えます。
 この記念すべき節目の年を市全体でお祝いするため、市ではさまざまな記念事業を企画しています。
 その一つである『結婚・赤ちゃん誕生記念事業』は、十和田市に本籍または住所があり、十和田市に婚姻届または出生届を提出したかたに『十和田杉』を使ったフォトフレームを贈呈する事業です。
 4月24日にフォトフレームの贈呈を受けたのは、同日、婚姻届を提出された高谷史人(ふみひと)さんと香織さんです。  お二人はこの贈呈に「もらえる事を知らなかったのでびっくりしました。十和田杉のいい香りがして、とても立派なものをいただきました。いい写真を飾れるように、これからの結婚生活を歩んでいきたいと思います。」と話していました。
 この事業は、平成27年3月31日まで行われます。
f0237658_16114865.jpg
高谷史人さん・香織さん、ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに。

[PR]

by towada-city | 2014-04-24 16:14 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

見知らぬ人同士がゆるやかにつながる 市現代美術館企画展「そらいろユートピア」が始まりました

 4月19日、市現代美術館で企画展「そらいろユートピア」が始まりました。同日行われたオープニングセレモニーで藤浩志同実行委員会会長(市現代美術館館長)は「いろいろな角度からゆるやかにつながって、関係が広がっていくプロジェクトがここから始まっていきます」と、挨拶しました。
 企画展は、東日本大震災を契機に生まれた見知らぬ人同士のつながりにもう一度向き合う試みとなっており、同美術館の常設展示作品も手掛けているフェデリコ・エレーロさんら6人の作家の作品やお坊さん・牧師が集まり東日本大震災で被災したかたがたの話に耳を傾けるCafé de Monk(カフェ・デ・モンク)の活動を紹介した写真などが展示されています。また、中心商店街の5カ所では山本修路さんの作品を展示しています。
 企画展の会期は9月23日までです。会期中はさまざまな関連イベントを予定しています。詳しくはこちらをご覧ください
f0237658_11122100.jpg
オープニングセレモニーには作品を展示している作家らが参加
f0237658_11122023.jpg
作家による作品展示だけでなく、カフェ・デ・モンクの活動写真も展示
f0237658_1113069.jpg
セレモニー終了後、カフェ・デ・モンクの発起人、宮城県栗原市の通大寺の金田諦応(たいおう)住職が東日本大震災後の被災者との触れ合いや傾聴活動について話しました。
[PR]

by towada-city | 2014-04-23 11:17 | ART | Comments(0)

サクラサクとわだ 開花宣言

 十和田市観光協会は4月22日、官庁街通りのソメイヨシノの開花を宣言しました。
 開花宣言は昨年より6日早く、27日には見頃を迎える見通しです。
 4月20日から5月5日までは春まつり、5月3日から5日までは太素祭が開催されます。春の陽気と桜に誘われて、お出かけしてみてはいかがでしょうか。
 詳しくはコチラ 十和田市観光協会 ℡0176-24-3006

f0237658_17065287.jpg
官庁街通りの様子(22日)
f0237658_17070833.jpg
いつも開花が早い市立中央病院前ではほぼ満開の桜が見られます。
f0237658_17073155.jpg
市現代美術館向かいには案内所も設置されました。お気軽にお尋ねください。


[PR]

by towada-city | 2014-04-22 17:09 | お知らせ・募集 | Comments(0)

十和田地区「春の安全・安心まちづくり旬間」推進大会を開催

 4月21日、十和田警察署で「春の安全・安心まちづくり旬間」推進大会が開催されました。
 この大会は、地域の犯罪予防や防犯思想の普及、青少年の健全育成などを目的に十和田地区防犯協会が主催し、行われたものです。
 参加者を代表して、南小学校リトルJUMPチームの赤坂太陽くんと前田晃央也(こおや)くん(ともに6年生)が「知らない人には絶対についていかない、万引きなどの悪いことは絶対しない、みんなの命・自分の命を大事にする、などの社会のルールを守ることの大切さを、学校の仲間や地域の皆さんに伝えていきます」と宣言しました。
 続いて、防犯指導隊の査閲式が行われ、参加者は安全・安心に住めるまちづくりに向けて決意を新たにしていました。
 大会後、防犯協会と南小学校リトルJUMPチームは、十和田市と六戸町で青色回転灯防犯車などによるパトロールを行ったほか、旧駅ビル前とイオンスーパーセンター十和田店の2カ所に分かれ、防犯啓発パンフレットなどを配り、住民に防犯意識の呼び掛けを行いました。
 春の安全・安心まちづくり旬間は、全国一斉に21日から30日までの10日間実施されます。
f0237658_10463430.jpg
大会宣言を行う赤坂くん(左)と前田くん(右)
f0237658_10464549.jpg
防犯指導隊の査閲式。いっそう気が引き締まりました。


[PR]

by towada-city | 2014-04-22 10:50 | ボランティア | Comments(0)

ごみがひとつも落ちていない街に 春のクリーン大作戦

 4月19日、「小さな親切」運動十和田支部(似鳥広恭支部長)による春のクリーン大作戦が行われました。
 このクリーン大作戦は、毎年、青森県内各地で一斉に行われているものです。
 中央公民館前で行われた開式では、似鳥支部長が「あいにくの曇り空ですが、この十和田市をごみがひとつも落ちていない街にしましょう」と、あいさつしました。
 その後、参加者は中央公園緑地周辺、官庁街通りと商店街周辺、太素塚、若葉公園周辺に分かれて清掃活動を行いました。
 お父さんと妹と一緒に参加した久慈桃子(くじももこ)ちゃん(北園小3年)は、「ごみ拾いは楽しいです。きれいな十和田市になってほしいです。」と話し、元気いっぱいにごみを拾っていました。
f0237658_10403788.jpg
親子で協力してごみ拾い
f0237658_10405128.jpg
こんなにたくさん集まりました。ごみのポイ捨ては絶対にやめましょう。

[PR]

by towada-city | 2014-04-22 10:45 | ボランティア | Comments(0)

待ちわびた春到来! 官庁街通りの桜の開花もあと少し

 最近の温かい気候により、官庁街通りの桜の木々でもつぼみのふくらみが感じられるようになりました。日当たりが良い場所では、既に何輪かの花が開き、春を感じさせてくれます。十和田市では、今週の日曜日(20日)から「十和田市春まつり」が開催され、中央公園緑地では十和田市青空商店組合さんの屋台や官庁街通りの夜桜のライトアップが始まります。十和田市の桜の開花予想は22日火曜日です。官庁街通りを埋め尽くす色鮮やかな桜が早く見られるといいですね!
f0237658_16283884.jpg
日当たりがいい中央病院本館正面玄関前付近では、春の陽気に誘われて早くも何輪か咲いているのが見られます。
f0237658_162923100.jpg
木の幹に寄り添うように、かわいらしく咲いている桜も見られます。
f0237658_16304328.jpg
桜のつぼみも大きくなり、桜の木々が赤みがかってきています。
※写真はいずれも4月18日撮影
f0237658_16311784.jpg
毎年、4月下旬から5月上旬にかけて官庁街通りを中心に多くの観光客が「十和田市の桜」を見学に訪れます。(写真は、昨年5月6日の十和田市現代美術館前の様子)
[PR]

by towada-city | 2014-04-18 16:32 | 散歩 | Comments(0)

にぎわい創出へ ~ 中心市街地アートファニチャー

 国道102号アーケード内、青森銀行からみぞぐち布団店までの間に、2人の建築家の作品が設置されました。
 これは、十和田市の「都市再生整備計画(アーツ・トワダまちづくり地区)」の一環として「中心市街地アートファニチャー整備事業」を実施したものです。
 十和田市現代美術館を設計した建築家の西沢立衛さんがディレクターを務め、建築家の近藤哲雄さん、日高恵理香さんが制作し、3月下旬に完成しました。
 中心市街地を歩き、休憩し、通りからまち全体への流れを生むような、魅力あるアートの道を創出しています。

f0237658_11541016.jpg
近藤 哲雄 作 「pot」
 ベンチでもあり、花壇や花瓶でもある、いろいろな形をしたストリートファニチャーが22個設置されました。

f0237658_11534384.jpg
日高 恵理香 作 「商店街の雲」
 入道雲のイメージで、ステンレススチールの丸棒をメッシュ状に組み上げた高さ4.5メートルのベンチです。
[PR]

by towada-city | 2014-04-16 11:57 | 散歩 | Comments(0)