十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


セーフコミュニティを推進 交通安全を呼びかける懸垂幕を寄贈

 4月23日、セーフコミュニティとわだをすすめる会(上野雅会長)が市役所を訪れ、交通安全を呼びかける懸垂幕と自転車用ヘルメット2個を市に寄贈しました。
 同会は、十和田市のセーフコミュニティ認証取得に向けて活動し、現在は主にセーフコミュニティや交通事故防止の普及啓発を行っている市民団体です。
 今回の寄贈に当たり、会員らは、「近年、官庁街通りを走行する車の運転手のマナーが悪いため、観光客などの歩行者に配慮した運転を心がけてほしい」と話していました。
 市は、懸垂幕を現代美術館前に掲げるとともに、ヘルメットは職員が公用で自転車を利用するときに着用することにしています。

f0237658_15595142.jpg
市長と会談するすすめる会の会員ら
f0237658_160499.jpg
寄贈された自転車用ヘルメット
f0237658_1603747.jpg
現代美術館前に掲げられた懸垂幕
[PR]

by towada-city | 2012-04-24 16:01 | セーフコミュニティ | Comments(0)

「水」をテーマに美術館と街中で作品を展開~栗林隆 WATER >|< WASSER~

 現代アーティストの栗林隆さんの個展「WATER >|< WASSER(ウオーター・水・ヴァッサー)」が4月21日から十和田市現代美術館を主会場に始まりました。
 21日に開催されたオープニングセレモニーで、栗林さんは「スタッフの皆さんと寝ずに作品を仕上げました。大きな作品となっているので皆さんに堪能してほしい」と挨拶しました。
 栗林さんは現代美術館の常設展でも「ザンプランド」を展示しているアーティストで、日本で開催する初めての個展となります。今回の個展は9月2日まで行われ、「水」をテーマに大規模なインスタレーション、映像作品などが美術館と街中3カ所(bank towada、松本茶舗、中央デパート内)で展示されています。
 また、9月1日には「三本木小唄栗林ナイト」と題し、栗林隆展のフィナーレにあわせた盆踊り大会も開催されます。
f0237658_9345632.jpg
オープニングセレモニーで挨拶する栗林隆さん
f0237658_9353192.jpg
企画展示室の作品「ヴォルケンメアー(雲海)」では霧に包まれた大陸が出現。大陸には本物の土を使用しています。
[PR]

by towada-city | 2012-04-24 09:37 | イベント | Comments(0)

春まつりAST(アートステーショントワダ)に「にんにん」登場!

 十和田市では、十和田産品の戦略的なPR活動や新商品開発等を目的に、「十和田市地域資源活用販売戦略事業」を、㈱パワフルジャパン十和田に委託しています。

 春まつり期間中、アートステーショントワダにおいて「にんにく」にちなんだキャラクター「にんにん」がデビューするほか、十和田市の野菜をふんだんに使った食メニューの販売等を行います。桜咲く春まつりのにぎわいに花を添えるとともに、十和田の魅力を発信します♪

 皆様、是非、おでかけください。
 詳しくは下のチラシをご覧ください

 
f0237658_8492076.jpg

[PR]

by towada-city | 2012-04-24 08:53 | 十和田産品販売戦略室 | Comments(0)

みんなでつくろう安心の街~「春の安全・安心まちづくり旬間」推進大会を開催~

 4月20日、十和田警察署南側駐車場で少年警察ボランティア連絡会や防犯婦人部など十和田市、六戸町の関係者が参加し、「春の安全・安心まちづくり旬間」推進大会が開催されました。
 開会に当たり、十和田警察署盛田正一署長が「これからの季節は犯罪が増えるのが予想されます。皆さんの力で1件でも少なくしてほしい」と参加者を激励しました。
 参加者を代表し、市立南小学校リトルJUMPチームで6年生の金沢歩武(あゆむ)くん、佐藤優作くん、加賀明日香さん、中野渡里奈さんが、「「みんなでつくろう安心の街」を合言葉に、ボランティアの皆さんと一緒に「安全・安心まちづくり」に協力していきます」と力強く宣言。参加者は防犯活動に取り組む決意を新たにしていました。
 大会終了後、児童たちがパトカーに乗り込んで市内を巡回したほか、防犯指導隊は旧とうてつ駅ビル周辺とイオンスーパーセンター十和田店の2カ所に分かれ、住民に防犯意識の啓発活動などを行いました。
 春の安全・安心まちづくり旬間は、全国一斉に21日から30日までの10日間実施されます。
f0237658_1414585.jpg
南小学校リトルJUMPチームの皆さんが盛田署長などに対し、大会宣言を読み上げました。
[PR]

by towada-city | 2012-04-23 14:03 | イベント | Comments(1)

自分たちの街を自分たちの手できれいに 春のクリーン大作戦

 4月14日、「小さな親切」運動十和田支部(似鳥広恭支部長)による春のクリーン大作戦が行われました。このクリーン大作戦は、毎年青森県内各地で一斉に行われているものです。参加者は中央公民館前に集合し、開式で似鳥支部長が「今回は長年お世話になった十鉄にありがとうという想いを込めて、駅周辺もみんなできれいにしましょう」と、あいさつしました。   
 その後、中央公園緑地周辺、官庁街通りと太素塚および商店街周辺、十鉄駅ビル周辺の3カ所に分かれて清掃活動を行いました。
 十鉄駅ビル周辺の清掃活動を行った県立十和田工業高校JRC部の中舘朋大(なかだてともひろ)さん(高校1年生)は「普段利用していて気づかなかったごみがたくさん落ちていました。清掃活動を通して地域に貢献できてよかったです」と、話していました。
f0237658_17182941.jpg
お花見シーズン前に中央公園緑地などをきれいにして観光客を迎えます
f0237658_17223523.jpg
駅周辺にはたくさんのごみが。ポイ捨ては絶対にやめましょう
[PR]

by towada-city | 2012-04-16 17:24 | ボランティア | Comments(0)

ご入学おめでとうございます!市内小中学校で入学式

 4月9日、市内小中学校で入学式が行われました。
 市立切田中学校(太田隆校長)では18人の新1年生が入学。新入生を代表して高根風花(ふうか)さんが、「勉強や部活をがんばり、立派な中学生になれるよう努力していきたいです」と、誓いの言葉を述べました。
 また、市立東小学校(新戸部靖子校長)は54人の新1年生が入学。新戸部校長は「小学生になると、今までできなかったことができるようになります。元気よく学校に来てください」と、式辞を述べました。少し緊張気味の1年生でしたが、入学式では元気よく「一年生の歌」を歌っていました。
f0237658_17135626.jpg
新しい学び舎で歌う校歌。どんな学校生活になるのでしょうか?
f0237658_1712129.jpg
担任の先生と一緒に入場する新1年生
f0237658_17122374.jpg
少し緊張気味だけど、大きく口を開けて歌っていました
[PR]

by towada-city | 2012-04-16 17:14 | イベント | Comments(0)

災害時の物資供給に関する協定を締結

 市と㈱ユニバース並びに㈱スーパーカケモとの間で、災害時における食料品及び日用品の安定供給等に関する協定が締結され、4月9日、市役所で調印式が行われました。
 調印式には、㈱ユニバースの竹永徹雄取締役営業支援部長、㈱スーパーカケモの欠畑茂治代表取締役社長が出席し、両社の関係者が見守る中、小山田市長とそれぞれ協定書の調印、取り交わしを行いました。
 調印式で市長は「万が一災害が発生した時には、市の要請により可能な範囲で食料品などが供給されることになり、市民が安心して生活できます」と両社に感謝しました。
 これに対し、㈱ユニバースの竹永営業支援部長は「災害が発生したとき迅速な対応ができるように努め、地元の企業として貢献したい」、㈱スーパーカケモの欠畑社長は「食料品というライフラインの一部を担う企業として、その責任と使命を果たしたい」とそれぞれ述べました。
f0237658_19174836.jpg
協定書の調印、取り交わしを行った(左から)竹永営業支援部長、小山田市長、欠畑代表取締役社長
[PR]

by towada-city | 2012-04-13 19:22 | 報告 | Comments(0)

北里大学でごみの出し方の説明会開催

 4月3日、北里大学獣医学部(伊藤伸彦学部長)で新2年生を対象に、十和田市における「ごみの正しい分け方・出し方」についての説明会を開催しました。
 この説明会は、神奈川県相模原キャンパスから十和田キャンパスに移動となり、十和田市で新生活を始める学生に、ごみの分け方・出し方を知って欲しいと同学部が主催したもので、約370人の学生が参加しました。
 説明会では市の担当者が、ごみの正しい出し方や悪い出し方の例をパネルで説明し、ルールを守ったごみ出しを呼びかけました。
 説明会に参加した学生らは、今まで住んでいた所と違うごみの分け方・出し方について、担当者の説明を熱心に聴いていました。
f0237658_859143.jpg
パネルを使ったごみの出し方などの説明に、学生は熱心に聴き入っていました
[PR]

by towada-city | 2012-04-06 09:03 | お知らせ | Comments(0)

春の全国交通安全運動に向けて交通事故防止を誓う

 4月5日、市民文化センターで6日から始まる春の全国交通安全運動に伴い、十和田地区交通安全総決起大会が行われました。
 決起大会には十和田市町内会連合会など約300人が参加。十和田地区安全協会の田島一史会長が「ひとりの犠牲者も出さないという気持ちでみなさんで交通ルールの遵守を呼びかけ、大事な命を守りましょう」とあいさつしました。また、参加者を代表して滝内建設㈱の野呂美樹さんが、子どもと高齢者の交通事故防止に努めるなど4つの交通安全宣言を行いました。
 参加者は、安全安心なまちづくりに向けて、交通安全の大切さを再認識していました。
f0237658_16374123.jpg
参加者を代表して交通安全宣言を行った野呂さん(写真中央)
[PR]

by towada-city | 2012-04-05 16:38 | イベント | Comments(0)

電気自動車で快適な走りを 市内電気自動車充電スタンドの利用が開始

 3月29日、十和田市役所西側駐車場、十和田湖畔温泉スキー場駐車場、休屋の多目的広場の3カ所に設置された電気自動車(EV)充電スタンドの利用が開始されました。これは、市が進めている環境保全への取り組みのひとつであるEVの普及を目的として行われたものです。市内から休屋間に約20km間隔で充電が可能となり、七戸十和田駅からの電気バスの受け入れなど利便性向上による誘客促進にもつながります。
 この日、十和田市役所西側駐車場で行われた開始式で小山田市長は「七戸十和田駅を中心に下北地方から十和田湖までの電気自動車のルートが確保されたことで、新たな観光の形が期待できます」と、あいさつしました。
 充電スタンドは、4月2日より一般EVも専用カードを市が貸し出し、無料で利用できます。利用についての問い合わせは、市企画調整課℡0176-51-6710まで。
f0237658_11255477.jpg
開始式で実際にEVの充電を披露する小山田市長
f0237658_11262459.jpg
市役所西側駐車場に設置された充電スタンド
[PR]

by towada-city | 2012-04-05 11:27 | お知らせ | Comments(0)