十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


市内で測定した放射線量を公表

 1月24日、市は東日本大震災に伴う放射線の影響を考慮し、市民の安全と安心の確保に努めることを目的に、北里大学と共同で実施した放射線量測定の結果を公表しました。
 この測定は、北里大学から放射線量測定器の貸し出し等の協力を得ながら、平成23年12月20日から22日の3日間にわたり、市内小中学校を中心に38カ所で行われました。
 伊藤伸彦北里大学獣医学部長が測定結果について説明。市内の最も高い測定値で0.142マイクロシーベルトを記録しましたが、この測定場所は、石材の上で行われたもので、石に含まれる物質が影響しており、福島第一原発事故の影響ではないと考えられるとのことです。市全体としては、福島第一原発事故の影響は全く検出されなかったと推察されると話していました。
 この結果を受けて小山田市長は、「広範囲の測定の結果、当市は放射線の心配がないと思っています」と話し、安堵の表情を浮かべていました。
 市では、今回の測定結果を市ホームページで公表していますので、ご覧ください。また、2月1日から市で購入した簡易型放射線測定器2台を無料で貸し出すこととしています。
f0237658_1043021.jpg
測定の結果を報告する小山田市長と伊藤学部長(写真右)
f0237658_105060.jpg
市民に無料で貸し出す簡易型放射線測定器。
[PR]

by towada-city | 2012-01-26 10:07 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

太素の水プロジェクトの未来遺産登録を祝う

 1月23日、日本ユネスコ協会連盟が主催し、地域の文化や自然遺産を守る市民活動を応援する「第3回プロジェクト未来遺産」に、太素の水保全と活用連合協議会(新渡戸常憲会長)が取り組む「太素の水プロジェクト」が県内で初めて登録されたことを祝う祝賀会が盛大に開催されました。
 この太素の水プロジェクトは、“人工河川稲生川開拓の志を活かした、人と自然が共に創る郷土を未来に”を共通理念に一本木沢ビオトープ協議会、稲生川せせらぎ活動委員会、kyosokyodo(共創郷土)の3団体が連携し、稲生川の自然、歴史、文化を守り、活かした地域づくりを行っています。
 主催者を代表し、新渡戸会長は、「市民の皆さんの積極的な取り組みが評価され、登録に繋がりました。このことを市民に広く周知し、子どもたちに郷土の良さを伝えていきたい」と今後の活動への意気込みを話していました。
 協議会では、3月18日(日)に、日本ユネスコ未来遺産委員の前田耕作アフガニスタン文化研究所長を招き、未来遺産登録証授与式と未来遺産フォーラム等を開催する予定です。
f0237658_932916.jpg
祝賀会に先立ち開催された協議会の臨時総会で、未来遺産への登録が報告されるとともに、未来遺産登録授与式及びフォーラムの開催が決定しました。
f0237658_941658.jpg
1月11日には協議会のメンバーが市役所を訪れ、小山田市長に未来遺産への登録を報告しました。
[PR]

by towada-city | 2012-01-26 09:06 | イベント | Comments(0)

現代美術館と連携し地域振興に一役 十和田市現代美術館友の会が設立

 このたび、現代美術館を通じてアートに親しみ、アートへの感性を磨き、アートによる地域振興に貢献することを目的に、十和田市現代美術館友の会が設立されました。
 1月19日、現代美術館で設立総会が開催され、設立の趣旨に賛同した18人が出席。発起人を代表し川崎富康さんがあいさつした後、議案の審議を行い、会則、事業計画および収支予算、部会の設置などが原案のとおり承認されました。
 会長に選任された川崎さんは「とにかく実行することが大事です。会員の皆さんも積極的に意見を述べて友の会を通じて美術館を盛り立てて行きましょう」と、決意を述べました。
 友の会では、現代美術館が行う事業への協力のほか、研修会の開催、会員相互の親睦を深めるための交流会開催や会報発行などの事業を予定しています。
f0237658_17423033.jpg
友の会会長に選任された川崎富康さん。友の会の今後の活躍が期待されます。
[PR]

by towada-city | 2012-01-20 17:43 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田レスリングクラブ初の国際大会出場!

 このたび、十和田レスリングクラブ所属の清水目優生(ゆい)さん(野辺地西高・1年)が2月に開催される国際大会へ出場することが決定しました。これは、清水目さんが昨年8月に開催された全国高等学校選手権での優勝や12月に開催された天皇杯への出場などが評価されたもので、同クラブでは初の快挙となります。
 1月16日、清水目さんが同クラブ監督で父親の伸(しん)さんらと共に市役所を訪れ、小山田市長に国際大会出場の報告を行いました。
 清水目さんは「海外の選手と対戦するのは初めて。相手のいいところを吸収して、自分の技にしたい。自分の実力を思い切り出してきたいです」と、国際大会への抱負を語りました。
 小山田市長は「がんばれば後からみんなもついて来ます。優勝目指してがんばってください」と激励しました。
 国際大会は2月17日から19日までスウェーデンで行われ、清水目さんは43㎏級に出場します。

※清水目さんのドキュメンタリーがテレビで放映されます!
 3月11日(日)11:00~ ATVの「いいふるさと、いい話見つけた。」をチェック!
f0237658_1983862.jpg
小山田市長とがっちり握手を交わす清水目さん(写真右)
[PR]

by towada-city | 2012-01-17 19:09 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(1)

現代美術館で冬の十和田湖・奥入瀬をPR

 1月15日、現代美術館で冬の十和田湖・奥入瀬の楽しみ方をPRすることを目的に十和田湖ecoプロジェクト実行委員会(鈴木章悦会長)が主催した「行こうぜ!十和田湖・奥入瀬キャンペーンinゲンビ」が行われました。
 会場内では十和田湖の情報を満載したインフォメーション、十和田湖四季の写真コンテストの作品展示、木の実クラフト制作体験や十和田湖美水と奥入瀬源流水をきき分けるきき水コーナーなどが設置され、多くのお客様が足を止めて、楽しんでいました。
 現代美術館を初めて訪れたという上平真生(かみたいまお)ちゃん(小学2年・八戸市)はきき水に挑戦。「舌には自信があっけど難しかったです。残念だけどはずれました」と照れ笑い。一緒に来たお母さんは正解し、十和田湖美水がプレゼントされると親子で喜んでいました。
 この日は、十和田奥入瀬観光大使“キューティーブロンズ”のお笑いステージやお笑いガイドツアーも行われ、生のお笑いに集まった観客は大喜び。会場は終始賑わいを見せていました。
f0237658_1772483.jpg
きき水コーナーに挑戦した真生ちゃん、ちょっと難しかったかな?
f0237658_1781080.jpg

f0237658_1783131.jpg

f0237658_1785528.jpg
キューティーブロンズは、お笑いステージ、十和田湖クイズの進行役、美術館のガイドツアーと大忙し。たくさんのお客様を楽しませていました。
[PR]

by towada-city | 2012-01-17 17:14 | イベント | Comments(0)

降りしきる雪の中、さっそうと分列行進~十和田市消防出初式~

 1月15日、官庁街通りなどで十和田市消防出初式が行われました。
 出初式は、降りしきる雪の中、官庁街通りに消防職員や消防団員725人、車両50台がずらりと並び、小山田市長から観閲を受けた後、さっそうと分列行進を行いました。
 市民文化センターで行った式典では殉職消防職・団員に対する黙とうを行った後、優良消防団や無火災地区婦人防火クラブらに対する表彰が行われました。
 小山田市長は、「規律厳正、士気旺盛な行進を見て力強く感じました。災害が複雑多様化する中、消防の果たす役割は大きくなっています。出初式を契機に新たな決意のもと、あらゆる災害に対応してほしい」と激励。団員らは災害に対する心構えを新たにしていました。
f0237658_1653084.jpg
消防職員・団員を観閲する小山田市長
f0237658_16533525.jpg
中沢豊美十和田市消防団長を先頭に力強い分列行進を披露。
f0237658_16541559.jpg
50台の消防車両が連なって官庁街通りを走行。その光景は圧巻の一言。
[PR]

by towada-city | 2012-01-17 16:56 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

十和田市観光物産センター(AST)内で米粉パン・スイーツを販売します♪

十和田市雇用創造推進協議会では、1月から3月18日(日)までの毎週土・日曜日に米粉パン・スイーツを販売します。
AST内のL.L.キッチンでは、米粉入りソフトフランスパンサンドを、また、とわだセレクトショップSakura156では、週替わりメニューで米粉パン・スイーツをショップレジ付近に取り揃えております。
段々と人気が高まりつつある米粉製品を、ASTで気軽に手に入れるチャンスです。
販売は午前11時頃からとなります。皆様のお越しをお待ちしております。
f0237658_11571391.jpg

[PR]

by towada-city | 2012-01-11 11:58 | お知らせ・募集 | Comments(0)

主力品目のゴボウやナガイモが高値で取り引き~十和田市地方卸売市場で初競り~

 1月5日、十和田市地方卸売市場で生産者や仲買人ら約150人が集まり、今年初の取り引きとなる初競りが行われました。
 競りに先立ち市場の開設者である小山田市長が「昨年は、“とわだ美人ごんぼ”が全日空国際線の機内食に提供されるなどうれしいことがありました。今年は、販売額などで昨年を上回るように皆様からお力添えをいただき、さらにのぼっていく辰(たつ)の年であってほしい」と激励しました。
 関係者が三本締めを行った後、競りが行われ、場内には仲買人らの威勢のいい声が響き渡っていました。
 この日は、主力品目であるゴボウやナガイモ、ニンニクなど約13tが上場。特にゴボウとナガイモは品薄のため、前年と比べ高値で取り引きされました。
 同市場の十和田青果㈱野月徳仁会長らは「初競りは物が品薄だったこともあり、いい値段で取り引きされました。このまま推移してほしいですね。本格的な取り引きは1月中旬頃からになります」と話していました。
f0237658_13511632.jpg

f0237658_13513675.jpg
年始のため、上場された野菜の量は少なかったものの、次々と競り落とされていました。
[PR]

by towada-city | 2012-01-06 13:58 | イベント | Comments(0)

訪れたお客様をお茶でおもてなし 現代美術館で「新春呈茶会」

 1月3日、現代美術館休憩スペースで十和田市茶道協会(湯沢京子会長)協力のもと、新春呈茶会が行われ、訪れたお客様にお茶とお菓子が振る舞われました。
 この日は約150人分を用意。館内を見学したあとの家族連れなどが立ち寄り、お茶を頂きながら美術館の感想を話し合う様子が見受けられました。
 お母さんと訪れた栗林京子ちゃん(南小・1年)は、「お茶はちょっとにがかったけどおいしかったです。現代美術館は数回来ているけど、大きいおばあさんと穴から覗いて見える植物がおもしろくて好きです」と笑顔で話していました。
f0237658_13221956.jpg


f0237658_1335034.jpg
家族連れなど多くのお客様が訪れ、会場は終始賑わっていました。
[PR]

by towada-city | 2012-01-04 13:26 | イベント | Comments(0)