十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


親子で作ったお弁当を持ち寄り学校で味わう

 11月28日、市立沢田小学校(鈴木仁校長)で「らんらん♪ ハッピーべんとうの日」として親子が手作りしたお弁当を持ち寄り給食時間に味わいました。
 この取り組みは、同校が市内で初めて行ったもので、食事について親子がともに考える機会を通じて、子どもたちの食への関心を高め、感謝の心を育むとともに親子の触れ合いを深めることなどを目的に手作り弁当の日を設けたものです。
 子どもたちは、それぞれの家庭で親と一緒に作った手作りのお弁当を持ち寄り、自分が作った料理を友達と見せ合いながら味わっていました。
 卵焼きを自分で作った音道健太くん(5年生)は、「5時30分に起きて作りました。すごくうまく作れたと思います。またお弁当作りに挑戦したいです」と、満足そうに話していました。
 鈴木校長は、「食材への感謝、携わる人への感謝の気持ちを大事にしてほしい。今日の子どもたちの笑顔は最高でした」と話していました。
 同小学校では、今後、今回の取り組みについて各家庭からアンケートをとり、次年度につなげていくとのことです。
f0237658_152994.jpg
どんな料理を作ったか、皆で話しながら楽しく食事をしました。
f0237658_1525799.jpg
残さずきれいに食べました! お弁当を作る大変さを感じて、お母さんたちに感謝の気持ちを新たにしていました。
[PR]

by towada-city | 2011-11-30 15:05 | イベント | Comments(0)

“おいしい十和田”を召し上がれ~十和田産品尽くしのアカデミックレストラン~

11月27日、東京渋谷のレストラン「月世界」で「アカデミックレストラン」が行われ、野菜ソムリエ20余名が十和田産品尽くしのメニューを味わいました。
※「アカデミックレストラン」とは、“知らないで食べる”のではなく食材を“知って食べる”ための勉強会です。

この日使われた十和田産品は、なんと16品目!
(メニューはクリックで拡大します)



f0237658_145506.jpg
まずは野菜本来の味を生のまま味わいます。(左からほうれんそう、ごぼう、にんじん、長芋、ねぎ)

f0237658_1462180.jpg
続けて、野菜を蒸して味の変化を楽しみます。(ほうれんそう、ごぼう、長芋、にんじん、じゃがいも(ノーザンルビー、シャドークイーン)、ねぎ、アピオス、ぎんなん)

f0237658_147094.jpg
参加者は、十和田市で取り組む「土づくり」の取組や食材の特徴を、メモを取りながら熱心に聞き入っていました。

多くの方に“おいしい十和田”を実感していただくことができました。
f0237658_149073.jpgf0237658_1492326.jpgf0237658_14104859.jpgf0237658_1410393.jpgf0237658_14103251.jpg
f0237658_14123816.jpgf0237658_1412462.jpgf0237658_1413412.jpgf0237658_14125663.jpgf0237658_14131314.jpg


■アンケート結果から(感想)
・野菜の味が本当に美味しかったです。
・今まで食べたにんにくの中で一番おいしかったです。
・ひめますのデリケートな味に惹かれました。
・ごぼうが力強いのにエグくない!
・生のほうれんそう、ながいもがおいしくたべられました。
・十和田の野菜・食への愛情を感じて、非常に満足です。
・川田農園さんの山東菜、初めて食べましたがおいしい!ぜひ広めて。私も広めます。
・ごぼう茶ぜったい買います!
[PR]

by towada-city | 2011-11-29 14:22 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

青森県内のご当地グルメが大集合!~ぐるりら十和田~

 11月26日、27日に、中心商店街7丁目街区特設会場で「ぐるりら十和田」が開催されました。
 このイベントは、㈱まちづくり十和田が主催したもので、青森生姜味噌おでんや大湊海軍コロッケ、七戸バーガーなど青森県内のご当地グルメ11店舗が集まり、さまざまなグルメが提供されました。
 また、六ヶ所原燃PRセンターの皆さんが「放射線情報コーナー」を設置。昨今の時勢を反映してか、子ども連れの親子が放射能に関して質問している姿が見られました。
 会場内のまちなかステージでは、桜田まことさんのライブや八甲田吹奏楽団の演奏が行われ、訪れたかたはステージに熱い視線を注いでいました。
 会場は終始賑わいを見せ、多くのかたが県内のグルメに舌鼓を打っていました。
f0237658_10205679.jpg

27日はあいにくの雨模様。天気を反映してか、なべっこ団子やのへじ北前そば、宝湖ラーメンなど温かいグルメが大盛況でした。
f0237658_10212821.jpg
八甲田吹奏楽団は今年の大ヒット曲「マル・マル・モリ・モリ!」などを演奏。多くのかたが見事な演奏に聞き入っていました。
[PR]

by towada-city | 2011-11-29 10:22 | イベント | Comments(0)

北園小学校でタブレット型PCを活用した授業を実施

 11月25日、市立北園小学校(河島靖岳校長)でタブレット型PC(ipad)を活用した授業研究会が行われました。
 この授業研究会は、今年度から北園小学校がパナソニック教育財団の助成を受け、「論理的な思考を育てるための、ペア、グループ、全体交流の場におけるICT機器の活用の在り方」を研究主題に授業でのタブレット型PCの活用に取り組む一環として行われているものです。
 授業研究会は、5年生の「わたしたちの生活と工業生産」で行われました。子どもたちは慣れた手つきでipadを動かし、日本と外国の貿易の状況などを見比べながら、日本と外国の立場に立ち、輸入や輸出の状況や関税の在り方について意見を出し合いました。
 ipadを使って授業を行った子どもたちは「使っていて楽しいし、わかりやすいです。できれば自分でも買ってみたいです」と楽しそうに話していました。
 授業を行った小林忠輝先生は、「タブレット型PCは、持ち運びができ、好きな所で見ることができます。また、子どもたちが興味を持って取り組むなど利点が多いです。しかし、導入して間もないことから現在は試行錯誤で授業を行っています」と話していました。
 北園小学校では、今後もipadを使い、体育の授業などで活用していく予定です。
f0237658_10165779.jpg

f0237658_10171531.jpg
ipadを使って授業をするのは4回目。大人顔負けの手つきで資料を検索してグループで話し合っていました。
f0237658_10175072.jpg
意見を発表するときもipadを活用。発表者の画面は写真左の大画面で映し出されていて、とてもわかりやすいです。
[PR]

by towada-city | 2011-11-29 10:18 | イベント | Comments(0)

「合同就職面接会」を開催します

十和田市雇用創造推進協議会では、下記のとおり合同就職面接会を開催します。
この面接会においては、参加者が複数の市内企業と面接をする事ができる他、各企業の魅力や仕事内容を担当者に直接聞くことができるというメリットがあります。
十和田市内に就職を希望される方にとっては、このような機会はめったにございませんので、どしどしご参加下さい。
参加にはお申込みが必要です。お申込み、お問い合わせは、十和田市雇用創造推進協議会(℡23-5301 または 協議会ホームページ)まで。

1.日時  平成23年12月12日(月)13:00~16:00
                     (受付時間 12:30~15:30)
2.会場  富士屋グランドホール
3.対象  十和田市内に就職を希望している方
f0237658_10143632.jpg

[PR]

by towada-city | 2011-11-28 10:30 | お知らせ・募集 | Comments(0)

商店街に新たな複合商業施設 アートステーショントワダがオープン

 11月25日、旧まちの駅跡地に複合商業施設「Art Station Towada(アートステーショントワダ)-AST-」がオープンしました。セレモニーでは事業主である㈱稲本商店代表取締役の稲本修明さんが「アートステーショントワダは再び活気のある十和田市を再生したいという思いで作られました。四季を通じて憩いの場となり、商店街と観光施設をつなぐステーション―駅のような存在になるよう願っています」と、挨拶。また公募によって名称が選出された工藤貴美子さんは「アートステーショントワダが呼ばれるたびに自分が呼ばれているみたいでうれしいです」と喜びを話していました。
 この日は十和田湖美水やごぼうスープなどが無料で振る舞われ、開店を待ちわびていた市民で賑わっていました。
 ASTには、十和田市の観光発信拠点施設である十和田市観光物産センターや旧まちの駅に入居していたテナントなどのほか敷地内で十和田バラ焼きのアンテナショップなどの屋台がオープンしています。
 26、27日にはオープニングイベントとして三本木中学校などの吹奏楽部による演奏やおしるこなどの無料振る舞いが行われます。
f0237658_17143578.jpg
開店を祝い、鏡開きが行われました
f0237658_1716659.jpg
観光案内窓口や十和田市の土産が並ぶ十和田市観光物産センター
f0237658_1717062.jpg
十和田市観光物産センターには十和田市産の野菜も並んでいます
[PR]

by towada-city | 2011-11-25 17:27 | イベント | Comments(0)

「つくねいも御膳」がメニューに登場~ハピたのかふぇで「三農生カフェの日」開催~

 11月19日、ハピたのかふぇで「三農生カフェの日」が開催されました。この企画は、県立三本木農業高校(荒谷隆男校長)と(特)十和田NPO子どもセンター(中沢洋子代表)・ハピたのが行ったもので、今回は生活科学科生徒で構成されたバラ焼きガールズによる「バラ焼きセット」と共に、今年、同校で収穫したつくねいもを使った「つくねいも御膳」が登場しました。
 つくねいも御膳は、「つくねいもを地域の皆さんにもぜひ味わって欲しい」との、つくねいもの種子の植え付けから収穫までの作業を行った植物科学科生徒で構成された、つくねいもボーイズの想いに応えて、ハピたのかふぇがレシピを開発したもので、ハンバーグや米粉入りすいとん、とろろ汁など、全てにつくねいもが使われています。また、生活科学科3年の中田裕希(ゆき)さんと石谷綾香(いしやあやか)さんがそれぞれ考えた「つくねいもときゅうり和え」や「つくねいも豆腐」が、つくねいも御膳に加えられています。
 つくねいも豆腐を考えた石谷さんは、「豆乳ににがりを加え、すりおろしたつくねいもを混ぜ合わせてつくりましたが、それぞれ混ぜ合わせる量の加減で固まらなかったり、表面の出来上がりがボソボソしたりして難しかったです」と話していました。
 つくねいも御膳を食べたかたは「ボリュームがあり見た目もきれいで、それぞれの食感が違っておいしかった」「ねばねばがなく食べやすかった」などと話していました。
 つくねいも御膳(1,000円)は、今後12月3日・17日・24日のメニューにも登場する予定です。
f0237658_19432794.jpg
注文や配膳で大忙しの、つくねいもボーイズとバラ焼きガールズ
f0237658_1944821.jpg
つくねいも御膳と十和田バラ焼きを注文し、それぞれを食べ合う親子連れ
f0237658_19445258.jpg
つくねいもを生地に使用した、つくねいもパンも販売しました
[PR]

by towada-city | 2011-11-22 19:49 | イベント | Comments(0)

「おいしい十和田キッズソムリエ」になろう!~こどもやさい楽校が開講~

 11月20日、おいしい十和田キッズソムリエを目指す、“こどもやさい楽校(がっこう)”が開講しました。
 これは、市内の子どもたちに野菜の生産の現状について詳しく知る機会を提供し、地元の農産物や産業について理解を深めてもらうことを目的に市が主催したもので、全5回にわたり行われます。
 1回目となる今回は、親子でゴボウの収穫体験を行いました。参加した12組30人の親子は、JAとわだおいらせの農業技術センターや野菜集出荷センターを訪問。市出身のアクティブ野菜ソムリエの上明戸華恵さんがナビゲータを務め、おいしい野菜をつくるための土壌診断装置や野菜が出荷される前の状況などを見学しました。
 施設見学後、市内農家の畑で行われたゴボウの収穫体験では、実際にスコップを使い、畑を掘り起こしてゴボウを収穫。子どもたちは土にまみれながら力一杯ゴボウを引き抜き、中には自分の身長ほどのゴボウを引き抜く子もいました。
 兄弟で参加した入江崇武(たかむ)くん(小学3年生)は、「ゴボウがなかなか抜けなくて大変だったけど、楽しかったです。これからも参加してキッズソムリエを目指します」と力強く話していました。
 こどもやさい学校は、あと4回開催されます。修了時には簡単な検定試験を行い、「おいしい十和田キッズソムリエ」を認定します。
f0237658_17242876.jpg
          一生懸命引き抜き、自分の背丈ほどのゴボウを収穫した入江くん
f0237658_1721769.jpg
親子でたくさんのゴボウを収穫、今日の夜はゴボウを使った料理かな?
f0237658_17215974.jpg
持ちきれないほどの大収穫!みんな楽しそうに収穫していました。
[PR]

by towada-city | 2011-11-22 17:26 | イベント | Comments(0)

~介護は突然やってくる~落語家が語る介護講演会&介護保険講習会

 11月19日、南公民館で「落語家が語る介護講演会&介護保険講習会」が開催されました。この講演会は、青森県が主催となり、男性による介護も年々増加していることから男性に重点をおいた介護支援である男の介護ビギナー応援事業の一環で行ったものです。
 講演会では落語家・柳家小袁治(こえんじ)さんを講師に迎え、自身の介護体験と落語を一席披露しました。柳家さんは「介護などの悩みはひとりで背負い込んではいけない。みんなに相談することが大切」などと、話していました。
 講習会では、市高齢介護課の職員が講師となり介護保険の仕組みについて図を用いながら分かりやすく説明していました。
 参加者は、介護は誰にでも起こり得ることを再認識し、介護に対する理解を深めていました。

f0237658_1636442.jpg
笑いを交えながら自身の体験を話した柳家小袁治さん
[PR]

by towada-city | 2011-11-21 16:38 | イベント | Comments(0)

今年も「三農カフェの日」がやってきます。

今年も「三農カフェの日」がやってきます。
“つくねいもボーイズ”“バラ焼きガールズ”登場。

11月19日(土)11:00~15:00
ハピたのかふぇ(十和田市稲生町15-24 パルコビル4F)
0176-23-0853

⇒拡大版はこちら(PDF)f0237658_15362116.jpg
[PR]

by towada-city | 2011-11-18 15:42 | イベント | Comments(0)