十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧


甲東中学校「学田委員会」が収穫したお米を寄附

 10月14日、甲東中学校(小川尚樹校長)の学田委員会(中野渡満委員長)が、十和田市に避難してきているかたに食べてほしいと学校田で収穫した白米140㎏(1世帯当たり5㎏)を寄附しました。
 この白米は、学校近くの約10aの学校田で生徒らが5月に田植えを行い、9月24日に刈り取りを行った白米の一部です。
 同日、各学年で委員を努める畑山晃士郎くん(3年生)、佐々木崇仁(たかひと)くん(2年生)、鳥谷部勇人(はやと)くん(1年生)らが市長を訪問。生徒を代表し、畑山くんが「避難しているかたには、十和田市産のお米を食べてもらって早く元気になってほしいです」と市長に米袋を手渡しました。
 市長は「皆さんが愛情を込めて作ったお米をその気持ちと一緒に被災者に渡します。ありがとうございました」とお礼を述べました。
 なお、10月6日から10月20日までの間に東日本大震災で被災されたかたに役立ててほしいとして下記のかたがたから市などに対し寄附をいただきました。
 まことにありがとうございました。
 月 日     寄 附 者 名                              寄附額等
10月6日  社団法人 天然記念物北海道犬保存会北奥羽支部
        支部長  竹林光雄  様等
        ※日本赤十字社十和田市地区長(小山田久)に対して寄附      398,830円
10月14日 十和田市立甲東中学校父母と教師の会                 白米140㎏
10月20日 十和田文化協会十和田マンドリンクラブ 代表 川崎富康  様     30,000円
f0237658_10405699.jpg
市役所を訪れた甲東中学校の皆さん
写真左から、小村初彦PTA会長、小川尚樹校長、畑山くん、小山田市長、佐々木くん、
鳥谷部くん
f0237658_10421783.jpg
10月6日、市役所を訪れた社団法人天然記念物北海道犬保存会北奥羽支部の皆さん
f0237658_1046298.jpg
10月20日、市役所を訪れた十和田マンドリンクラブの皆さん
[PR]

by towada-city | 2011-10-27 10:48 | 寄付 | Comments(0)

十和田中学校男子駅伝部が県中学校駅伝大会優勝を報告

 9月29日に東北町で開催された「第23回青森県中学校男子駅伝競走大会」で十和田中学校男子駅伝部 が3年ぶり2回目の優勝に輝き、東北大会及び全国大会の出場権を獲得しました
 10月19日、男子駅伝部の皆さんが市役所を訪れ、小山田市長に県大会優勝と東北大会及び全国大会出場の報告を行いました。
 三浦潤也キャプテンらは「青森県代表の名に恥じないよう、粘り強い走りをしたいです。また、マナーや生活態度などでも代表の名にふさわしい行動をとりたいです」と一人一人、大会に向けての抱負を語りました。
 小山田市長は「普段の練習の成果を発揮できるよう頑張ってください。また、中学生らしく礼儀正しい行動をとり、県外の選手と大いに交流を深めてほしいです」と、激励しました。
 東北大会は11月4日・5日に東北町で、全国大会は12月17日・18日に山口県山口市で開催されます。
 なお、東北大会には十和田中学校女子駅伝部も出場します。
f0237658_17231237.jpg
十和田中学校男子駅伝部の皆さん
全国大会・東北大会も頑張ってください!
[PR]

by towada-city | 2011-10-21 17:24 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(1)

ベトナム伝統民謡「クアンホー」の歌い手が市長を表敬訪問

 10月19日、ベトナム伝統民謡「クアンホー」の歌い手のマイさん、レイさん、タンさんらが21日からの県内公演を前に小山田市長を表敬訪問し、その歌声を披露しました。
 今回の公演は、2009年にユネスコ世界無形文化遺産に登録されたベトナム伝統民謡「クアンホー」を通して、ベトナムの文化芸術を広めるためにNPO法人プロ・ワークス十和田(中野正三理事長)が行ったものです。
 マイさんらはお客様を招いた際の歌「モイ・ヌォック・モイ・チャウ」を披露。その歌を聴いた小山田市長は「素晴らしい歌声でした。震災の影響で海外のお客様が減っている中、日本に来てくれてありがとう。公演は見る人にとって、心強いものになると思います。頑張ってください」と激励しました。
 マイさんらは「ベトナム人は日本人を尊敬していて、今回の震災によって被災したかたがたを応援したいと思っています。わたしたちも日本人の心を支えてあげたいという気持ちで、一生懸命歌いたいと思います」と、公演に向けての意気込みを話しました。
 十和田市では、30日午後2時から中央病院エントランスホールで公演が行われます。入場は無料ですので、是非、この機会にベトナムの文化芸術に触れてみてください。
f0237658_17131635.jpg
民族衣装をまとい、素晴らしい歌声を披露してくれたマイさん、レイさん、タンさん(写真左から)
[PR]

by towada-city | 2011-10-21 17:15 | イベント | Comments(0)

キューティーブロンズ号で楽しむ 十和田湖湖上遊覧日帰りモニターツアーの参加者募集!!

 10/7(金)に、よしもと住みます芸人青森県担当のキューティーブロンズが十和田湖奥入瀬観光大使に就任しました。
 このたび、十和田市雇用創造推進協議会が実施している「十和田湖の地域資源を活用した旅行商品開発事業」の一事業として、標記モニターツアーを開催いたします。参加費用は、なんと無料です!モニターツアーは、下記画像に記載された設定日のうち、10/28(金)、11/4(金)、11/11(金)分にまだ空きがあり、お申込みが可能です。
 また、オプションといたしまして「キューティーブロンズお笑いステージ」も、開催されます。皆さんも、十和田湖とお笑いという新たなコラボを体験してみませんか?詳細は、十和田市雇用創造推進協議会(Tel 0176-23-5301 URL http://www.towada-jitsugen.jp/ )まで
f0237658_1734391.jpg

f0237658_1735972.jpg

[PR]

by towada-city | 2011-10-21 17:04 | お知らせ・募集 | Comments(0)

アート作品のおすそわけ 念願の木の実収穫

 10月7日、現代美術館で常設作品である念願の木の実の収穫とプレゼント抽選が行われました。念願の木(オノ・ヨーコさん作)は、自分の願いを紙に記入し、リンゴの木の枝に吊るしていく観客参加型の作品です。プレゼントは昨年から行われており、今年で2回目となります。まず小山田市長が収穫。また、その場に居合わせた観光客のかたも収穫に参加していました。収穫に参加した伊藤朋香(さやか)さん(愛知県・26歳)は「ホームページで収穫があると知っていましたが、まさか自分が参加できるとは思いませんでした。みんなが幸せになるようにと願いを込めて収穫しました」と喜んでいました。
 昨年は5個だったリンゴが今年は13個収穫。12個が全国から寄せられた245通から抽選で選ばれたかたにプレゼントされ、1個は試食用として振る舞われました。訪れたかたは、「甘くておいしい」と頬張っていました。

f0237658_1170100.jpg
収穫を終え、「立派なリンゴですね」と話す小山田市長
f0237658_1175016.jpg
偶然居合わせた観光客のかたも収穫に参加していました
f0237658_1191299.jpg
リンゴの品種は「とき」。当選したかたには、丁寧に包装されて届けられました
[PR]

by towada-city | 2011-10-20 11:11 | イベント | Comments(0)

10月第三水曜日はシルバーの日!シルバー人材センターが清掃奉仕活動

10月19日、社団法人十和田市シルバー人材センター(織川貴司理事長)が十和田勤労青少年ホーム周辺の清掃活動を行いました。この清掃活動は、高齢者が元気に仕事をすることで社会に貢献しようと10月のシルバー人材センター事業普及啓発促進月間に併せて行われたもので、シルバー人材センターの会員約60人が参加しました。
開式にあたって小笠原正美事務局長が「この清掃活動を機会に会員相互の交流を深め、情報交換をし合い、楽しく元気に仕事に励みましょう」と挨拶。参加者は、樹木の剪定や草刈り、歩道の落ち葉を拾うなど積極的に清掃活動に励み、社会貢献と地域づくりへの参画に向けて心を新たにしていました。
f0237658_14291066.jpg
長年培った技術を活かし、手際よく剪定していました
f0237658_14294134.jpg
樹木を整えたり、歩道のゴミを拾い集めるなど熱心に清掃活動に励む参加者
[PR]

by towada-city | 2011-10-19 14:32 | ボランティア | Comments(0)

みちのくコカ・コーラボトリング(株)から

 10月13日、みちのくコカ・コーラボトリング(株)十和田・三沢営業所(沼尾正行所長)から当市へ「災害時の備え」として、コカ・コーラボトリング(株)社製品「い・ろ・は・す」200ケースを無償提供していただきました。
 みちのくコカ・コーラボトリング(株)では、震災直後から各行政機関等からの緊急物資要請に対し、飲料水を直ちに届けたほか、災害救援型自動販売機等を活用し、一般の方々にも無償で提供しました。今回、多くの市町村庁舎や関連施設が、災害時に重要な機能を果たしていることを改めて考えさせられ、今回の備蓄用飲料水を無償提供することとしました。
f0237658_8411392.jpg
 提供された備蓄用飲料水
[PR]

by towada-city | 2011-10-19 08:48 | 寄付 | Comments(0)

十和田ならでは!馬の祭典 第18回十和田駒フェスタ

 10月15日、16日にかけて、中央公園緑地で第18回十和田駒フェスタが同実行委員会主催で開催されました。会場では流鏑馬選手権が行われ、全国から訪れた約50人の選手が初級・中級・プロ級に分かれて技を競い合いました。目の前を力強く駆け抜ける馬と華やかに着飾った選手の姿が観客を魅了。馬上から放たれる矢が的に的中すると観客からは歓声が上がっていました。
 また、日本では初となる5段障害物を飛び越える十和田ジャンプ選手権や、ポニー体験乗馬、馬車運行などが行われ家族連れなどで賑わっていました。

*十和田駒フェスタの様子は十和田市写真館をご覧ください!

f0237658_920264.jpg
体験乗馬は子どもたちに大人気
f0237658_9213550.jpg
ポールを華麗に飛ぶと観客から拍手が起こっていました
f0237658_9205155.jpg
矢の行方を息を飲んで見守る観客。矢が放たれる前の緊張の一瞬
[PR]

by towada-city | 2011-10-18 09:22 | イベント | Comments(0)

地域に密着!十和田市を全国にPR 十和田奥入瀬観光大使が決定

 十和田市を全国にPRする十和田奥入瀬観光大使に、吉本興業のお笑い芸人キューティーブロンズ(こさぶろうさん、先川栄蔵さん)が就任しました。
 10月7日、吉本興業東京本部で十和田奥入瀬観光大使就任式が行われ、小久保副市長がキューティーブロンズに委嘱状を手渡しました。
 キューティーブロンズは、吉本興業が地域から日本を元気にしようと行っている「あなたの街に住みますプロジェクト」の「住みます芸人」として今年5月から青森県に移住。以来、青森ねぶた祭に参加するなど県内各地でさまざまな活動を行っています。
 十和田奥入瀬観光大使に就任したキューティーブロンズのおふたりは「一生懸命十和田市のために頑張りますので、よろしくお願いします」とPR活動に向けて意気込みを話していました。
 今後、ふたりは十和田湖遊覧船のガイドを務めるほか、十和田湖畔のホテルでのライブや市内イベントに参加するなど、お笑い芸人の特色を活かしたPR活動を行います。

*詳しくは、社団法人十和田湖国立公園協会ホームページをご覧ください。


*キューティーブロンズが県内各地をレポート!動画配信中!→YNN47あおもり



f0237658_9152241.jpg
十和田奥入瀬観光大使に就任したキューティーブロンズ。遊覧船ガイド姿で登場。写真左がこさぶろうさん、右が先川栄蔵さん。こさぶろうさんは弘前市出身
f0237658_916089.jpg
就任式に出演した駒松くんと駒桜ちゃん。楽(たの)しんごさん(写真左から2番目)もキューティーブロンズの応援に駆けつけました
[PR]

by towada-city | 2011-10-18 09:17 | イベント | Comments(0)

紅葉に彩られた奥入瀬でゆるかわ写真撮影会

10月15・16日の2日間、奥入瀬渓流ホテルで「奥入瀬DEゆるかわ写真撮影会」が行われました。(ゆるかわ写真とは、ゆるくてかわいい写真のこと)
 この撮影会は、紅葉に彩られた奥入瀬を写真で撮影し、奥入瀬の新たな魅力を発見してほしいと写真のオクヤマ(奥山洋一社長)が開催しました。
 撮影会には市内をはじめ、青森市などから11人が参加。ゆるかわフォトグラマー“きょん♪”さんこと川野恭子さんを講師に迎え、紅葉に彩られた奥入瀬渓流ホテル周辺を一緒に散策しながら写真の構図やカメラの設定の仕方など、かわいい写真を撮るコツを教わりました。
 参加者は「ちょっとした工夫でおもしろい写真が撮れて楽しい」と紅葉に染まった樹木や落ち葉などにカメラを向けていました。
f0237658_16504743.jpg
f0237658_1651267.jpg
撮影会時、雨になってしまいましたが、参加者は撮影する対象を見つけて盛んにシャッターを押していました。
f0237658_1652043.jpg
川野先生(写真右)からゆるかわ写真の撮り方などを教えてもらいました。
[PR]

by towada-city | 2011-10-17 16:53 | イベント | Comments(0)