十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


桜の満開まで…あと少しです

 4月25日、㈳十和田市観光協会は官庁街通りの桜の開花を発表しました。
 今年の開花は昨年より3日早く、同協会によると桜の満開は、30日を見込んでいるとのことです。
 十和田市の官庁街通りは、156本の桜と165本の松が彩る全長1.1㎞の通りで、桜の鮮やかな薄いピンクと松の深い緑が見事なコントラストを見せます。
 現在、市役所新館5階の展望ロビーが午前9時30分から午後8時まで一般開放されており、官庁街通りを一望することができます。
 また、夜には桜のライトアップが行われ、暗がりに浮かぶ桜は必見です!
 展望ロビーの利用や桜のライトアップは春まつり期間中(5月5日まで)行われます。
f0237658_13415864.jpg
市役所展望ロビーより
f0237658_1265875.jpg
お客様も展望ロビーからの眺めにうっとりと見とれています。
f0237658_1282970.jpg
夜の桜は違う一面を見せてくれます。
f0237658_1292439.jpg
日当たりのいい場所は満開です。
[PR]

by towada-city | 2011-04-28 12:10 | イベント | Comments(0)

十和田市文化協会が寄付

 4月27日、十和田市文化協会の川崎富康会長らが市役所を訪れ、現金3万5千円を市に寄附しました。
 川崎会長は、「被災されたかたのために使用してください」と話し、目録を小山田市長に手渡しました。
f0237658_1581624.jpg
(写真左から)小山田市長、十和田市文化協会川崎富康会長、日野口茂事務局長
[PR]

by towada-city | 2011-04-27 15:09 | 寄附 | Comments(0)

勇壮!躍動! 十和田市春まつり

 4月20日から始まった「十和田市春まつり」は期間中最初の週末となった23、24日、中央公園緑地や桜の広場を中心にさまざまなイベントが行われました。
 中央公園緑地では女流騎士の祭典「第8回桜流鏑馬」が行われ、華麗な衣装に身を包んだ女流騎士が人馬一体となり約200mの走路を疾走、3カ所に設置している的を射抜きます。観客は駆け抜ける馬の速さと騎士の手綱さばきに驚嘆しながら、的を射抜くと歓声を上げていました。
 桜の広場では「琴の演奏会」、「桜の呈茶会」、「春らんまん!笑顔SunSun!よさこい元気祭り」などが行われました。
 「よさこい元気祭り」は、東日本大震災の影響により中止となった「とわだYosakoi夢まつり」に替わり、北里大学生の声掛けにより、開催されたものです。
 参加した十和田市内のよさこいチーム「だんぼー」ら5団体は「被災されたかたたちに十和田から元気を届けたい」と躍動感あふれる踊りを披露、集まった多くの観客を魅了していました。
 「十和田市春まつり」は官庁街通り、中央公園緑地、太素塚を中心に5月5日まで行われ、「環境緑化まつり」や「太素ウォーク」などさまざまなイベントが行われます。
 詳しくは、㈳十和田市観光協会(℡0176-24-3006)にお問い合わせください。
 また、十和田市春まつりの模様を十和田市ホームページ内の「十和田市写真館」にも掲載していますので、ご覧ください。
f0237658_1393975.jpg
       華麗な衣装も観客を魅了します。

f0237658_13105050.jpg
琴の音色が桜の広場に響きました。

f0237658_13113751.jpg
結構なお手前…かな?(桜の呈茶会より)

f0237658_13121765.jpg
          馬と触れあって笑顔がこぼれます。

f0237658_1315530.jpg
 子供たちもよさこいに飛び入り参加

f0237658_13162924.jpg
          十和田から元気を届けます!
[PR]

by towada-city | 2011-04-27 13:22 | イベント | Comments(0)

ワックスボウルに点灯!

4月23日、官庁街通り中央公民館脇の水路で㈳十和田市観光協会が主催し、ワックスボウルの点灯式が行われました。
 このワックスボウルは、十和田カトリック幼稚園など市内4幼稚園の園児がつくったものです。
 当日はあいにくの雨にもかかわらず、約40名の家族などが訪れ、ハートやクローバー、似顔絵で彩られた139個のワックスボウルの点灯を見守りました。
 ワックスボウルが点灯されると辺りはろうそくの淡い炎に照らされ、幻想的な雰囲気に包まれました。
 園児たちは「とてもきれい」と歓声を上げ、「頑張ってつくったよ~」「かわいいでしょ~」と一緒に来た両親たちに得意げに見せていました。
 このワックスボウルは、十和田市春まつりの期間中(5月5日まで)午後6時から点灯されています。
 園児たちの力作を是非ご覧ください!
f0237658_12324588.jpg
いろいろなワックスボウルがあるね~
f0237658_11165068.jpg
 ワックスボウルの明かりで幻想的な雰囲気に…
[PR]

by towada-city | 2011-04-26 12:37 | イベント | Comments(0)

ジャズフルート奏者佐々木優花さんとギタリスト井上智さん、ライオンズクラブが寄附

 4月22日、ジャズフルート奏者の佐々木優花さんとギタリストの井上智さんが市役所を訪れ、東日本大震災被災者支援費用として現金50万円を市に寄附しました。
 この寄附は、佐々木さんと井上さんが市内でチャリティージャズコンサートを開催したときに集まった募金の一部を市に寄附したものです。
 同日、ライオンズクラブ国際協会332-A地区ガバナーの小松﨑壽志さんらが市役所を訪れ、現金30万円を市に寄附しました。
 この寄附は、4月16日に十和田ライオンズクラブなど市内4つのライオンズクラブと三沢・野辺地のライオンズクラブの会員が合同で街頭募金を行い、集まった募金を市に送ったものです。
 小山田市長は、「被災者のために使用していきたい」とお礼を述べました。
f0237658_1331584.jpg
 小山田市長に目録を手渡す佐々木さんと井上さん
f0237658_135131.jpg
小山田市長とライオンズクラブの皆さん
[PR]

by towada-city | 2011-04-25 13:12 | 寄附 | Comments(0)

みちのく銀行労働組合が児童図書購入費として寄附

 4月22日、みちのく銀行労働組合の関川勇一執行委員長らが市役所を訪れ、市民図書館の児童図書購入費として現金20万円を市に寄附しました。
 この寄附は、同組合員から集められたもので、平成8年度から県内各地で行っており、十和田市には平成9年度、17年度に続き3回目となります。
 関川執行委員長は、「未来を担う子供達のために使ってください。みちのく銀行も地域金融機関として支援していきたい」と話し、小山田市長に目録を手渡しました。
f0237658_17244515.jpg
みちのく銀行労働組合関川勇一執行委員長と小山田市長
[PR]

by towada-city | 2011-04-22 17:25 | 寄附 | Comments(0)

「春の安全・安心まちづくり旬間」推進大会を開催

 4月21日、十和田警察署で「春の安全・安心まちづくり旬間」推進大会が開催され、少年警察ボランティア連絡会や防犯婦人部などが参加しました。
 この大会は、「安全・安心まちづくり」を重点推進事項に掲げ、十和田地区防犯協会が主催し、行われたものです。
 参加者を代表して、南小学校リトルJUMPチームの野月舞さんと田中湧くんが、「みんなでつくろう安心のまちを合言葉に、犯罪や事故のない安全・安心なまちづくりに協力していきます」と宣言しました。
 参加者は安全・安心に住めるまちづくりに向けて決意を新たにしていました。
 大会後、防犯協会の皆さんは、十和田市および六戸町に青色回転灯防犯者などでパトロールを行ったほか、防犯指導隊などは駅ビル前とイオンスーパーセンター十和田店の2カ所に分かれ、防犯啓発パンフレットなどを配り、住民に防犯意識の呼び掛けを行いました。
 春の安全・安心まちづくり旬間は、全国一斉に21日から30日までの10日間実施されます。
f0237658_1117483.jpg
大会宣言を行う野月さんと田中くん
f0237658_11221773.jpg
防犯意識の向上を呼び掛けました。
[PR]

by towada-city | 2011-04-22 11:23 | イベント | Comments(0)

青い森信用金庫十和田営業部おりひめ会、㈱田中組企業グループ3社が寄附

 4月21日、青い森信用金庫十和田営業部おりひめ会の古舘順子会長らが市役所を訪れ、災害対策費として現金10万円を市に寄附しました。
 古舘会長は、「毎年市に寄附させていただいています。十和田市のために使用してください」と話していました。
 同日、㈱田中組の市田俊次専務取締役らが市役所を訪れ、現金100万円を日本赤十字社に寄附しました。この寄附は、㈱田中組企業グループである㈱田中組、㈱八伸総業、㈱伸和商事の3社によるもので、日本赤十字社十和田市地区長を務める小山田市長に手渡されました。
 小山田市長は、「十和田市の方々の優しさを感じます。復興に向けて、今を乗り越えていきましょう」と感謝の意を示していました。
f0237658_9354667.jpg
小山田市長に目録を手渡す青い森信用金庫十和田営業部おりひめ会の古舘順子会長
f0237658_9362560.jpg
小山田市長と㈱田中組の皆さん
[PR]

by towada-city | 2011-04-22 09:37 | 寄附 | Comments(1)

「小さな親切」運動十和田支部による「春のクリーン大作戦」!

 4月16日、中央公民館駐車場前に集合し、「環境の美化を進める運動」をテーマに「小さな親切」運動十和田支部(似鳥広恭(ひろやす)支部長)による「春のクリーン大作戦」が行われました。
 似鳥支部長は、集まった約80名の参加者に対し、「クリーン作戦を通じて街を明るくし、被災した人に元気を届けたい」と話しました。
 その後、参加者は官庁街通り周辺、太素塚周辺、駅ビル周辺の3カ所に別れて清掃活動を行いました。
 参加者は、「マナーがよくなったのか、今年はごみの量が少ないです」と話しながら、デレッキを持ち、道路の隅々に目を光らせゴミを集めていました。
 約2時間の清掃活動で多くのごみが集まり、街がきれいになりました。
f0237658_12401140.jpg
小さな子どもも一生懸命ごみ拾い!
f0237658_12403026.jpg
ごみ袋いっぱい!頑張りました。
f0237658_12404335.jpg
 親子で仲良く参加、ごみ袋いっぱいに集めました。
[PR]

by towada-city | 2011-04-18 12:42 | イベント | Comments(0)

パッチワークで被災者支援!

 4月15日、現代美術館で震災復興支援プロジェクト「Hearts Towada(ハーツトワダ)」のメンバーのあみぐるみ作家のmiulaboさんら6人が集まり、昨日に続き、被災地から本市に避難してきたかたに贈るプレゼントを制作しました。
 集まったかたからは「本市に避難されて来たかたに、ご家庭に置いてもらうためのティッシュボックスカバーやコースターなどを作って差し上げたい。早く元気になって、普通の生活を送ってほしい」と話していました。
 このパッチワーク(ティッシュボックスカバーなど)は、「アートの街へようこそハートBOX」として、4月21日にバラ焼きショップ「ふじの」で開催される被災者との情報交換会「十和田市に身を寄せる被災者と市民をつなぐかけはしの会」で贈られる予定です。
f0237658_17121512.jpg
和気あいあい、いろいろ意見を出し合いながら作っています。
f0237658_1713048.jpg
真剣な眼差しで制作中!
f0237658_17133241.jpg
南部裂織(中央)を組み合わせたパッチワーク(ティッシュボックスカバー)

029.gif お知らせ 029.gif  「Hearts Towada チャリティアクト」開催
日時:5月1日(日)午前10時から
場所:現代美術館アート広場(雨天の場合カフェ、市民活動サポートスペースなど)
◇イラストレーター安斉将さんによる「打楽器に愛あるイラストワークショップ」
◇桜田まことさん、板橋かずゆきさんらチャリティーユニット「A+フレンズ」メンバーによるチャリティーライブ
◇イタリア料理オーナーシェフ滝沢英哲さんによるチャリティー料理の販売
◇お花見マルシェとワークショップ(母の日のカーネーションラッピング、ハンドメイドなど)
◇復興支援のための募金活動
                     などが行われます。
[PR]

by towada-city | 2011-04-15 17:31 | ボランティア | Comments(0)