十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


大阪府立寝屋川高校の生徒が農業体験

大阪府立寝屋川高校の2年生354人が10月26日から28日までの日程で県内を訪れ、農家民泊を通して交流を深めました。生徒は修学旅行で農業体験をするために訪れたもので、十和田農業体験連絡協議会と三八地方農業観光振興協議会に加入する農家が受け入れました。
十和田市内には79人の生徒が訪れ、4人から6人までのグループに分かれて16戸の農家にファームステイし、大根掘りやりんごの収穫、にんにくの芽だしなどの農作業を体験しました。
27日は今年の秋一番の冷え込みの中、生徒は寒さに負けず元気に農作業を行っていました。
f0237658_17405837.jpg

畑で採れたての大根を丸かじりする生徒
[PR]

by towada-city | 2010-10-29 17:42 | イベント | Comments(0)

ニンニキュンがマルシェでデビューしました!

 10月23日(土)、十和田市現代美術館の向かいにあるアート広場で、「ちいさな収穫祭 マルシェアーツトワダ」が開催されました。

 マルシェでは、十和田特産の野菜や南部裂織が、デザインのチカラでお色直しし、とっても素敵に飾られました。

 十和田市のニンニクを応援するキャラクター「ニンニキュン」も、この日がデビューとなり、愛らしい姿で登場しました!


 
f0237658_1647246.jpg

        十和田市のニンニクを応援してくれるニンニキュンを激励する市長     
        (右はニンニキュンの生みの親のカワシマアヤコさん)

f0237658_16515127.jpg

                ニンニキュンは子どもたちにも大人気 

f0237658_165341100.jpg

                市長もニンニクをお買い上げ

f0237658_16554449.jpg

                上明戸農園さんのリンゴやカボチャもおいしそう 

f0237658_16565950.jpg

                伝統工芸の南部裂織もとっても素敵
[PR]

by towada-city | 2010-10-27 17:08 | イベント | Comments(0)

野菜ソムリエの皆さんに十和田の「土づくり」を見てもらいました!

 青森県で推進している「日本一健康な土づくり運動」、実は十和田市は、この「健康な土づくり」のトップランナーなんです!

例えば、「十和田おいらせミネラル野菜」は、
1.畑ごとに土壌診断・分析をして、
→2.土壌に不足しているミネラルをバランスよく補給
   (逆に、過剰な成分はできるだけ足さない)
→3.土のミネラルバランスが整うと、野菜が元気よく光合成をし、
→4.アミノ酸や糖度が増して、
結果!
”甘くてエグミの少ないおいしい野菜”になるのです。

 今回は、首都圏で活躍する松尾ゆり子さん、北川みゆきさん、知久幸子さんをはじめ、県内外の野菜ソムリエの皆さんを十和田市にお招きし、見て・学んで・食べて堪能していただきました。
 
参加した皆さんからは、「ゴボウをこんなふうに生で食べられるなんて!」「健康な土づくりから始めることがいかに大事か分かった!」など、驚きと感心の声がたくさん聞かれました。
(※詳細は、後日ホームページでお知らせします。)



“土の健康診断”を行う土壌診断装置を見学


生産者から栽培方法などについて学ぶ


十和田産野菜のおいしさを、生のままで味わう
[PR]

by towada-city | 2010-10-21 14:39 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

「ふるさと交流市場」がオープンしました ~十和田産品を販売してます~

阿佐ヶ谷(東京都杉並区)に、9日(土)「ふるさと交流市場」がオープンし、十和田市産の野菜や特産品などを販売しています。

午前10時からの開店には、普段なかなか手に入らない産地の野菜や特産物を買い求める多くの消費者がつめかけ、10坪ほどの店内は大混雑となりました。

「東京十和田もみじの会」と「ふるさと交流市場」とのつながりにより設けていただいた「十和田市」の棚には、にんにくやごぼう、長いも、焼肉のたれなど、十和田市を代表する産品が並び、長いもなどはオープン初日に売り切れ状態になるなど、産地直送ならではの強みが発揮されました。

東京にお出向きの際は、是非ともお立ち寄りください。
(JR中央線「中野駅」下車⇒関東バス「成田東」バス停下車すぐ先)

【十和田産品販売戦略室】


入口手前には十和田市産の長いもが…


焼肉のたれなどをお買い上げいただきました

[PR]

by towada-city | 2010-10-20 13:15 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

池袋「ふくろ祭り」で十和田産品をPRしました! ~特産の野菜やバラ焼きなどを販売~

9日、10日の両日、「ふくろ祭り」(東京都豊島区)で併催されている「豊島区友好都市観光物産展」での十和田市のブース出店の機会を捉え、首都圏における十和田産品の認知度を高めるためのPRと販売活動を行いました。

毎年、池袋西口公園を会場に開催されている「ふくろ祭り」は、「東京よさこい」がステージイベントとして2日間行われていることもあって、約30万人が集まるビッグイベントとなっています。

ここに、十和田市の特産野菜であるにんにくやごぼう、長いも、ねぎを中心に、ごぼうの漬物や焼肉のたれ、そしてバラ焼きなど今や「十和田市」を売り込むためには欠かせない産品をたくさんそろえて販売しました。

初日はこの祭りのジンクスともなっているそうで、「1日は雨が降る」のとおり激しい雨に降られ、先々週行われた「すみだまつり」のように、飛ぶような売れ行きとはならなかったものの、翌日回復した天気に勢いづけられ、特ににんにくやごぼう、ねぎなどは、青森県の特産でおいしいということを知っているお客さまも多く、またこの時期にあっては値頃感も手伝って、用意した商品はほぼ完売に近い状態となりました。

また「すみだまつり」と「ふくろ祭り」の2箇所のイベントでは、十和田市の野菜に関するアンケート調査も行っており、その結果を踏まえて、今後首都圏のお客様に買ってもらえるような取組に生かしていきたいと考えています。
【十和田産品販売戦略室】

池袋「ふくろ祭り」で十和田産品をPRしました!
箱ごと買っていくお客さまもいてびっくり!

[PR]

by towada-city | 2010-10-19 09:29 | とわだ産品・農業 | Comments(1)

(社)十和田市シルバー人材センターが奉仕作業を実施

 (社)十和田市シルバー人材センター(織川貴司理事長)では、10月13日のシルバーの日に合わせ、現代美術館周辺で奉仕作業を行いました。
 本県におけるシルバーの日は、10月のシルバー人材センター事業普及啓発月間に合わせ、事業を広く市民にPRするため、(社)青森県シルバー人材センター連合会が定めたもので、奉仕作業には会員約50人が、熊手、ホーキ、バケツ、草取り鎌などを持参し参加しました。
 作業開始とともに会員は作業ごとの班に分かれ、現代美術館周辺の草取りをしたり、アート広場の作品や官庁街通りに設置してあるストリートファニチャー(アートベンチ)をタオルで磨いたりしました。当日は天気が良く汗ばむほどでしたが、会員は一生懸命作業をしていました。
f0237658_14184026.jpg

ストリートファニチャー(アートベンチ)をタオルで磨く会員
[PR]

by towada-city | 2010-10-15 14:19 | ボランティア | Comments(0)

芸術の秋!十和田市現代美術館で様々なイベントが行われます

芸術の秋、十和田市現代美術館で様々なイベントが行われます。
ぜひお越しください。

■ イベント
1.「駒フェスタ・流鏑馬写真展」
写真愛好家による流鏑馬の写真展です。
日時:10月16日(土),17日(日) 9:00~17:00
主催:山村 文雄さん
会場:市民活動スペース、入場無料

2.「細川剛写真展:photo JAM カフェナイト」美術館主催事業
個展開催中の細川の写真作品を上映し、
あわせて即興ギター演奏とセッションをします。
また、細川自身が作品に込める思いを語ります。
日時:10月16日(土)18:00~20:00
会場:休憩スペース(カフェ)、ドリンク付き1000円、申込不要

3.「小さな収穫祭 Marche Arts Towada-農とデザインが出会う場所-」 
「農産物・伝統工芸品が新しいデザインでどう変わるのか」を体感する
アートマルシェ(市場)です。
農産物・伝統工芸品を美しくラッピングして十和田土産にいたします。
カフェやカントリーラインダンスもあり、親子でさわやかな秋の一日を楽しめます。
日時:10月23日(土)10:00~15:00
主催:マルシェArts Towada実行委員会
会場:アート広場、雨天時美術館カフェ、申込不要
チラシはこちら(PDF)
 
4.「?ハテナワークショップ Vol.2 いろんなちゃいろ」  
土から自分だけの茶色の絵の具を作る実験ワークショップ。
対象は小学生から大人まで。
アーティストの高木久美さんと一緒に「ちゃいろ」を作ります。
日時:10月23日(土)13:00~17:00
主催・申込先:mtt(メールmtt@tezen.co.jp、FAX0176-23-1120)
会場:市民活動スペース、30名、参加費1000円、申込必要
チラシはこちら(PDF)

5.「新谷祥子マリンバ弾き語り」   
七戸出身で三本木高校卒のパーカッショニスト新谷祥子さんが
ファゴット奏者の前田正志さん(十和田出身)と共演します。
前売り券ただいま発売中です。
日時:10月27日(水)開場18:00 開演18:30
主催:新谷祥子美術館ライブ企画委員会(Tel 0176-24-2983 小川)
会場:休憩スペース(カフェ)、入場料2000円

■ ラジオ・テレビ放送予定
1.10月17日(日)19:00~19:55 エフエム青森
「とわだ市場まつり~ 山本譲二コンサート」
(市長対談、念願の木の実抽選)

2.10月30日(土)16:00~16:55 日本テレビ系列
「(仮)ふたり旅、しませんか?」ウエンツ瑛士さん、若槻千夏さん出演
[PR]

by towada-city | 2010-10-14 13:33 | お知らせ・募集 | Comments(0)

十和田のおいしい野菜が飛ぶように売れる!    ~今週末は池袋ふくろ祭り~

 十和田市のおいしい食材を全国の皆さんにお届けするため、2週連続で首都圏の
イベントに出展しています。

 先週の「すみだまつり」(東京都墨田区)では、十和田市が誇る野菜やバラ焼きを
販売しました。

 バラ焼きはB-1グランプリでメディアに多数取り上げられたことから、知名度は抜群!
 また、にんにくやゴボウ、長いもやネギも、まさに「飛ぶように」売れ、あっという間に
完売しました。青森県産は美味しいと、わざわざ目がけてくるお客様もいらっしゃいました。

 今週末は、池袋の「ふくろ祭り」(池袋西口公園)で、同じように十和田市のうまいものたちを
販売します!9日(土)、10日(日)に首都圏にいらっしゃる方は、ぜひお立ち寄りください
f0237658_1418932.jpg

                 十和田の野菜は東京でも大人気!
[PR]

by towada-city | 2010-10-08 14:28 | イベント | Comments(1)

笑顔と元気と友情をお届け!ポケモンスマイルスクール開催

 10月4日、カトリック幼稚園(小笠原よし園長)で㈱ポケモンが主催する「ピカチュウといっしょに学ぼう!ポケモンスマイルスクール」が開催されました。このスクールはあいさつや思いやりの大切さを、ポケットモンスターの人気キャラクターピカチュウと一緒に学ぶものです。スクールでは、カトリック幼稚園の全園児が参加し「ポケモンな~んだ?」といったポケモンに関するクイズが行われたほか、「ポケモンカードでじゃんけん」や「歌でダンス」なども行われました。子どもたちはクイズなどに熱心に取り組み、時おり歓声を上げながら楽しく参加していました。
f0237658_8584818.jpg
ピカチュウと一緒にダンスを踊る園児たち
©2010 Pokémon.©1995-2010 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケモンは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
[PR]

by towada-city | 2010-10-07 09:02 | イベント | Comments(1)

スイーツ親方を唸らせろ!スイーツコンテスト開催

10月3日、十和田富士屋ホテルでスイーツコンテストが開催されました。
コンテストは、長いも、ごぼう、米粉、人参、そば粉など本市の産品を使用し、市の名物となる土産品の開発を目的に、(社)十和田市観光協会(古舘實会長)が主催したもので、1次及び2次審査を通った10作品がコンテストに選出されました。
審査はスイーツ親方こと芝田山親方(元横綱大乃国関)を審査委員長に、市民から選ばれた方や、菓子職人、料理教室の主宰者など計7人の委員で行い、「長いもと人参のムース」を作った入江まいさんがグランプリを獲得しました。入江さんの作品は長いもと人参を使用し、野菜嫌いの人も食べられるように工夫されています。
芝田山親方は「皆さんそれぞれアイデアを持って作られている。グランプリを獲得した作品はきれいに整っていて、このまま店に出しても良い作品だ」と講評を述べていました。
f0237658_18235788.jpg

入賞者の皆さんと芝田山親方
[PR]

by towada-city | 2010-10-04 18:24 | イベント | Comments(0)