十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:とわだ産品・農業( 65 )


十和田の食材を給食で味わう 切田中学校でバイキング給食

 5月28日、市立切田中学校(太田隆校長)で十和田の食材を使ったバイキング給食が行われました。
 これは、地産地消や食育促進、および地元食材のPRを目的に市が十和田の食材を提供して行われたものです。十和田の食材を使ったメニューでは、奥入瀬ガーリックポークを使ったバラ焼き、十和田産米まっしぐらの米粉を使った焼きうどん、パン、シフォンケーキのほか、十和田で採れたほうれん草、にんじん、こかぶを使ったものが提供されました。
 生徒らは、ずらりと並んだ約20品のメニューから主食・主菜・副菜・デザートごとにバランスよく取り分けていました。
 村上美紀子さん(3年生)は「地元の食材だと新鮮なまま食べられるし、おいしい。特に米粉のシフォンケーキがもっちりとして食感がよかった。また食べたい」と話していました。
 また、生徒らは「ガーリックポークがほかの肉と比べてやわらかい」「米粉のパンはもちもちしてる」などと感想を話しながら食べていました。
 この日は、生産者のかたも参加し、生徒と一緒に給食を味わい交流を深めていました。
 このバイキング給食は、今後も市内小中学校で行われる予定です。

f0237658_935575.jpg
ずらりと並んだメニューから好きなものをお皿に盛っています。特に米粉のシフォンケーキは女の子に好評でした
f0237658_9363361.jpg
「米粉のパンはもちもちしていて弾力がある」と皆さんおいしそうに食べていました
[PR]

by towada-city | 2012-05-31 09:38 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

農業の楽しさを学ぼう!保育園児が田植えを体験

 5月25日、八郷保育園、とわだこ中央保育園、十和田湖保育園の園児らが田植えを体験しました。この田植えは子どもたちが土に触れ、苗を植える体験をすることで農業の楽しさを知ってもらおうと、T&S企画株式会社(赤坂寿幸代表)が主催したものです。
 園児らは、農家の方や保育園の先生から指導を受けながらみんなで仲良く苗を植え、中にはぬかるみに足を取られ、泥んこになっている園児がいたり、田植え体験が終わってからもまだ物足りなさそうな園児もいましたが、みんなとても楽しそうでした。
 赤坂さんは「東京から十和田に戻ってきて10年になります。この田植え体験は、自分の故郷で出来ることはないかと日々いろいろと企画している中の一つです。田んぼ遊びに見えるかもしれませんが、こういった体験が保育園同士のつながりの輪になっていけばと思います」と話しました。
 今後、植えた苗は、稲作体験として園児らが育てていきます。また、昨年は収穫した米を東日本大震災により被災した保育園に寄附しており、今年も岩手県野田村の保育園に寄附する予定です。

f0237658_8472476.jpg

f0237658_8474521.jpg
田植えを楽しんだ皆さん
[PR]

by towada-city | 2012-05-29 08:48 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

春まつりAST(アートステーショントワダ)に「にんにん」登場!

 十和田市では、十和田産品の戦略的なPR活動や新商品開発等を目的に、「十和田市地域資源活用販売戦略事業」を、㈱パワフルジャパン十和田に委託しています。

 春まつり期間中、アートステーショントワダにおいて「にんにく」にちなんだキャラクター「にんにん」がデビューするほか、十和田市の野菜をふんだんに使った食メニューの販売等を行います。桜咲く春まつりのにぎわいに花を添えるとともに、十和田の魅力を発信します♪

 皆様、是非、おでかけください。
 詳しくは下のチラシをご覧ください

 
f0237658_8492076.jpg

[PR]

by towada-city | 2012-04-24 08:53 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

おいしい十和田を発信!十和田の農畜水産物マッチング交流会を開催

 3月21日、サン・ロイヤルとわだで、「十和田の農畜水産物マッチング交流会」が開催されました。
 この交流会は、十和田産の豊富な農産物等の販路拡大に向けた商談会として、市内で初めて行われたものです。
 当日は、生産者や加工事業者、卸売業者、飲食店など市内外から約120人が参加し、各事業者が持ち寄った自慢の商品を試食しながら交流を深めました。
 会場内では、商談が行われ、生産者の皆さんが商品を積極的に売り込む姿が見られました。
 商談会に先立って行われた講演会と事例発表会では、市内の生産者、加工業者、販売事業者の皆さんがそれぞれの取り組みを紹介するなど、参加者は地元農産物の活用について共通理解を深めていました。

f0237658_9502587.jpg
講師の話に耳を傾ける参加者
f0237658_9511765.jpg
自慢の商品を売り込む生産者
f0237658_9513554.jpg
十和田特産の野菜も並びました
f0237658_9515466.jpg
27団体が商品をPRした交流会
[PR]

by towada-city | 2012-03-27 09:53 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

小学生18人を「おいしい十和田キッズソムリエ」に認定

 3月18日、アートステーショントワダで「おいしい十和田キッズソムリエ~こどもやさい楽校」の最終講座が行われました。
 今回のテーマは「伝える」。野菜ソムリエの重要な役割である「野菜の魅力を伝える」技術を学びました。
 子どもたちは、「十和田のにんにくの生産量は№1」や「食物繊維たっぷりの長いも」、「おいしい野菜をありがとう」など思い思いに描いたPOPを手にし、講座をともにしてきた仲間の前で発表していました。
 両親が農業を営んでいるという戸来元信(もとみち)くん(ちとせ小・5年)は、「十和田のにんにくで元気いっぱい!生産量日本一だけではなく世界一になろう!!」とPOPを掲げ、将来は自分も農業をやっていきたいと夢を話していました。
 また、この日は、これまで学んだことについての筆記試験が行われ、見事に全員が高成績を修め、「おいしい十和田キッズソムリエ」に認定されました。
 最後に、久保田博衛市農林部長から認定証と記念のスカーフが贈られ、子どもたちは半年にわたった講座を思い出しながら、楽しそうに振り返っていました。
 キッズソムリエの皆さんは、今後、お祭りなどのイベントで野菜のPRを行う予定です。
f0237658_16424489.jpg
二ツ森美帆さん(ちとせ小・5年)は、にんにくに多く含まれているアリシンの成分をわかりやすくPOPにしました。堂々とした発表に大きな拍手が送られました。
f0237658_1637519.jpg
夢は大きく、にんにく生産量世界一! 愛嬌ある笑顔一杯で発表した戸来くん。
f0237658_16293539.jpg
ナビゲーターの野菜ソムリエ上明戸華恵さんから「おいしい十和田キッズソムリエ」のスカーフが贈られると、子どもたちは照れた様子を見せながらも笑顔が溢れていました。
f0237658_16303071.jpg
認定証を手にした18人のキッズソムリエ。今後の活躍が期待されます。
[PR]

by towada-city | 2012-03-22 16:44 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

~首都圏の野菜ソムリエさんが応援!アカデミックレストラン~

 3月10日、東京都中央区のイタリアンレストラン「ミラノクッチーナ」で、十和田の食材を使ったアカデミックレストランが開催されました。
 このイベントは、十和田の畑を見学したことのある首都圏の野菜ソムリエさんが、「十和田の野菜がおいしくてファンになったので、もっと多くの人に伝えたい」と企画したものです。料理雑誌の記者やフードコーディネーターなど30人が集まり、十和田産品尽くしのメニューを試食しました。
f0237658_12585872.jpg
主役は十和田の食材たち
f0237658_1301473.jpg
伊藤シェフによるデモンストレーション。ガーリックオイルを作ります。
f0237658_1304718.jpg
同じ作り方でも、一般的なにんにくがオイルに負けていたのに対し、「プレミアムにんにく」は旨みがしっかり出ています。
※プレミアムにんにく・・・においが2~3時間で消えるにんにく(JA十和田おいらせ)
f0237658_1311425.jpg
十和田産のほうれんそう、アスパラ、小松菜、奥入瀬ガーリックポークを使った前菜
f0237658_132927.jpg
十和田湖和牛の煮込みにはごぼう、長芋、小松菜を添えて
f0237658_1314795.jpg
参加者は、「黒にんにくジャムやごぼう茶が身近にあればぜひ買いたい」「TOM(トム)-VEGE(ベジ)(十和田おいらせミネラル野菜)の味の濃さにビックリ」「一般的なにんにくとプレミアムにんにくの違いがハッキリ感じられた」など口々に感想を述べていました。

☆企画した野菜ソムリエさんのブログ☆
ベジフル deli-kichen
野菜ソムリエのベジベジライフ
☆参加者の方もブログで紹介くださっています☆
食育マイスターのひとりごと
[PR]

by towada-city | 2012-03-16 13:07 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

市の農業振興、発展に寄与されたかたがたを表彰~十和田市農業賞授与式~

 2月21日、十和田おいらせ農業協同組合で「平成23年度十和田市農業賞授与式」が行われました。
 この賞は、生産性の高い農業経営や計画的な経営改善を行い、地域農業の振興に寄与した個人や、生産および出荷・販売などの共同活動に優れた実績を上げるなどした農業者の組織する団体を表彰することにより、その業績を称えるとともに、他の模範とすることを目的に、今年度市が新たに制定した賞です。
 栄えある第1回の受賞者には十和田市水稲採種組合(山崎誠一組合長)、小山石達郎さん、久野文夫さんの1団体、2個人が選ばれました。
 主催した小山田市長は、「本市の農業の振興発展に大きく貢献してきた農業者の功績を称えるため、新たに十和田市農業賞を創設しました。今回受賞された皆さんは、各地域、分野でリーダー的存在として活動してこられ、他の模範となるかたたちです。今後、さらなるご活躍、ご指導をお願いしたい」と話し、受賞者を称えていました。
 受賞者を代表し、挨拶した山崎組合長は、「十和田市の農業が置かれている状況は厳しいが、この受賞を励みに持続的な農業に取り組み、頑張っていきたい」と今後に向けて力強く抱負を話していました。
f0237658_1327120.jpg
新設された農業賞を受賞した(写真左から)小山石さん、小山田市長、山崎組合長、
久野さん(代理受賞)
[PR]

by towada-city | 2012-02-22 13:29 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

十和田の野菜で調理実習!~おいしい十和田キッズソムリエ~

 2月5日、「おいしい十和田キッズソムリエ」を目指す“こどもやさい楽校”の4回目の講座が行われました。
今回は、『食べる』ことをテーマに、十和田の野菜を使って自分たちで料理し、味わってみるという課題でした。
メニューはいずれも十和田産品づくしで、市内の野菜ソムリエさんお手製のレシピです。

053.gif野菜ソムリエお手製レシピ053.gif
○ながいもすいとん汁(十和田ならではの郷土料理)
○奥入瀬ガーリックポークのネギ巻き(おいしく見せる盛り付け方もポイント)
○にんにくチャーハン(にんにくたっぷり!旬の寒じめ小松菜をアクセントに)
○ごぼうチップス(揚げ粉には米粉を。やめられないおいしさ)


 こどもたちは、調理方法によって野菜の味や食感が変わることを確かめながら、大満足の表情で味わっていました。

f0237658_14275983.jpg
野菜の切り方を真剣に学ぶこどもたち。
f0237658_14281723.jpg
野菜ソムリエさんに手ほどきを受けながら、ごぼうの皮を包丁の背でこそげます。
f0237658_1440479.jpg
ゆでた長芋を冷ましながら片栗粉を加えて「ながいもすいとん」を作ります。
f0237658_14293235.jpg
この完成度の高さ!こどもが調理し、盛り付けたとは思えません。
f0237658_1441315.jpg
十和田の野菜でお料理、完成~!
f0237658_14294923.jpg
お手伝いしてくださった総勢9名の野菜ソムリエさんも、こどもたちの料理の出来栄えに大満足でした。
[PR]

by towada-city | 2012-02-08 15:20 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

十和田湖冬物語へ行って、チョコベジしよう!

 2月4日、十和田湖冬物語会場内エコステーションで、「チョコベジ」体験会が行われました。
 「チョコベジ」は、日本野菜ソムリエ協会などが推奨する、野菜を食べるための新スタイル。この日も、十和田市自慢の黒にんにく、ながいも、ごぼう、ねぎをPRするため、あおもり野菜ソムリエの会の協力のもと、「チョコベジ」が行われました。
 訪れた観光客は、「十和田のごぼうがこんなにおいしいなんて知らなかった」、「黒にんにくってこんな味だったんだ」と驚いたり、「おやつ感覚で野菜を食べられるからやってみたい」と楽しそうに感想を言っていました。
「チョコベジ」は2月の毎週土曜日、十和田湖冬物語会場で開催しています。
f0237658_14211056.jpg
にんにくの生産量日本一の十和田市。黒にんにくを初めて食べたという観光客も多数いらっしゃいました。
f0237658_14213294.jpg
「長芋が好き!」「ごぼうがおいしい!」「嫌いなネギも食べられた!」などこどもたちの感想もさまざまでした。

029.gifチョコベジについてはコチラをご覧ください↓↓
f0237658_14205469.jpg

[PR]

by towada-city | 2012-02-08 14:23 | とわだ産品・農業 | Comments(0)

“おいしい十和田”を召し上がれ~十和田産品尽くしのアカデミックレストラン~

11月27日、東京渋谷のレストラン「月世界」で「アカデミックレストラン」が行われ、野菜ソムリエ20余名が十和田産品尽くしのメニューを味わいました。
※「アカデミックレストラン」とは、“知らないで食べる”のではなく食材を“知って食べる”ための勉強会です。

この日使われた十和田産品は、なんと16品目!
(メニューはクリックで拡大します)



f0237658_145506.jpg
まずは野菜本来の味を生のまま味わいます。(左からほうれんそう、ごぼう、にんじん、長芋、ねぎ)

f0237658_1462180.jpg
続けて、野菜を蒸して味の変化を楽しみます。(ほうれんそう、ごぼう、長芋、にんじん、じゃがいも(ノーザンルビー、シャドークイーン)、ねぎ、アピオス、ぎんなん)

f0237658_147094.jpg
参加者は、十和田市で取り組む「土づくり」の取組や食材の特徴を、メモを取りながら熱心に聞き入っていました。

多くの方に“おいしい十和田”を実感していただくことができました。
f0237658_149073.jpgf0237658_1492326.jpgf0237658_14104859.jpgf0237658_1410393.jpgf0237658_14103251.jpg
f0237658_14123816.jpgf0237658_1412462.jpgf0237658_1413412.jpgf0237658_14125663.jpgf0237658_14131314.jpg


■アンケート結果から(感想)
・野菜の味が本当に美味しかったです。
・今まで食べたにんにくの中で一番おいしかったです。
・ひめますのデリケートな味に惹かれました。
・ごぼうが力強いのにエグくない!
・生のほうれんそう、ながいもがおいしくたべられました。
・十和田の野菜・食への愛情を感じて、非常に満足です。
・川田農園さんの山東菜、初めて食べましたがおいしい!ぜひ広めて。私も広めます。
・ごぼう茶ぜったい買います!
[PR]

by towada-city | 2011-11-29 14:22 | とわだ産品・農業 | Comments(0)