十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:報告・受賞・贈呈( 243 )


第一中が修学旅行で十和田市の魅力をPR


 12月6日、第一中学校(水木恵一校長)の2年生らが、11月8日~10日に修学旅行先の東京都で行った本市のPR活動の報告のため、市役所を訪れました。同校は、修学旅行でのPR活動を市内の中学校の中で最も早く実施しており、総合学習を活用し、1年生から土台を築き今年で3年目を迎えます。
 修学旅行初日の11月8日、同校2年生22人は2チームに分かれ、都内にある本県アンテナショップ(あおもり北彩館、北のプレミアムフード館)で本市のPR活動を行いました。生徒は、手作りのウマジンをかぶりながらPRツールを使い、十和田の食や観光、ふるさと納税、本市への移住について大勢の人たちにアピールしました。また、移動の新幹線車内や駅でも積極的に本市のPRを行ったといいます。
 PRに使ったウマジンは、本市への移住者でウマジンの考案者でもあるイラストレーターの安斉将(まさる)さんと一緒に制作したものです。堰野端康紀(こうき)くんは「安斉さんに修学旅行先での様子を伝えるととても喜んでくれたので、修学旅行で頑張った甲斐があったとうれしくなりました」、林紗矢佳(さやか)さんは「たくさんの人に十和田のことを知ってもらえてとても満足しています」、野月悠太郎くんは「修学旅行で学んだことを生かし、今、市全体の活性化について研究しています。今後は市のアンテナショップを東京に出展させたいという理想があります」と、それぞれ小山田市長に報告しました。小山田市長は、「さまざまな勉強をして市の魅力を伝えてくれてありがたいです。十和田市は市民活動が盛んで、市民全体でまちづくりをしています。卒業しても市に関わって社会貢献をしてもらえれば嬉しいです」と期待を込めて話しました。
 生徒たちは、2月に行われる立志式で自分たちの10年後の姿や地域の姿について、今回の活動を含めて発表する予定です。

f0237658_16560223.jpg
安斉さんと一緒に作った手作りのウマジンをかぶりながら、小山田市長に報告しました
f0237658_16562688.jpg
(写真左から)水木校長、林さん、堰野端くん、小山田市長、野月くん、村口明子教諭
[PR]

by towada-city | 2017-12-07 16:58 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

三中陸上競技が全国大会出場などを市長に報告


 11月28日、市立三本木中学校(伊藤宏校長)の駅伝チームが市役所を訪れ、9月24日に東北町で行われた第29回青森県中学校男子駅伝競走大会で優勝し、全国大会出場権を手にしたことを小山田市長に報告しました。
 チームは、陸上部、サッカー部、野球部、バスケット部の選抜メンバーで構成され、夏休みから駅伝の練習を開始しました。生徒らは、「1分1秒でもタイムを縮めたい」「周りの人への気配りや感謝も忘れずに走りたい」などと全国大会の抱負を話しました。小山田市長は「三本木中はスポーツやB-1のごみいただき隊など、さまざまなことで活躍していて素晴らしいです。昨年よりも上位に食い込めるよう頑張ってください」と激励しました。
 また、陸上部の石久保彩佳さん(3年)と畑中常似(じょうじ)くん(1年)が、10月28~29日に神奈川県で行われた第48回ジュニアオリンピック陸上競技大会に出場したことも併せて報告しました。石久保さんは1月に京都で行われる、都道府県対抗女子駅伝にも青森県代表として出場します。
 石久保さんは「都道府県対抗女子駅伝では青森県のために1秒でも早くたすきをつなぎたいです」、畑中くんは「初の全国大会で緊張しましたが、2年生、3年生になっても活躍できる選手になりたいです」とそれぞれ話しました。 

177.png駅伝の全国大会は、12月17日に滋賀県の「希望が丘文化公園」で行われます。三中生の皆さん、頑 張ってください!
f0237658_15563770.jpg
(写真後列左より)伊藤校長、澤井淳也監督、栩内一将(とちないかずまさ)監督、ジュニアオリンピック出場の畑中くん
(写真前列左より3番目)ジュニアオリンピックと都道府県対抗女子駅伝に出場の石久保さん

179.png駅伝選手(写真ではメダルをかけている生徒)
 ①野口歩睦(あゆむ)くん(2年)、②高山和樹くん(3年)、③気田敬太くん(3年)、④安達徒力(とるく)くん(2年)、⑤赤坂陽史(あきふみ)くん(3年)、⑥佐々木瑞貴(3年)くん、サポートメンバー 斗澤俊希くん(3年)、赤坂泰樹(たいき)くん(3年)、山本悠暉(ゆうき)くん(2年)
※①~⑥は県大会の区間の走者、全国大会の区間の走者は未定
[PR]

by towada-city | 2017-11-29 16:00 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

第8回全国中学選抜レスリング選手権大会優勝を市長に報告


 11月27日、齋藤美姫(みさき)さん(東中・3年)が市役所を訪れ、小山田市長に11月25、26日に東京都で開催された第8回全国中学選抜レスリング選手権大会(女子62kg級)において、優勝したことを報告しました。
 齋藤さんは、県で唯一の中学生女子の強化選手となっていて、全国の強豪13人が参加した女子62kg級で、見事優勝しました。
 小山田市長は「将来、世界大会に出場できれば市にとっても大変名誉なことです。将来が楽しみです」と激励しました。
 齋藤さんは「来年は高校生になるので、インターハイで優勝することが目標です」と今後の抱負を語りました。
f0237658_11154332.jpg
(写真左から)齋藤さんが所属する十和田レスリングクラブの清水目伸監督、齋藤さん、小山田市長
[PR]

by towada-city | 2017-11-29 11:17 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

三中生・十和田バラ焼きゼミナールが「B-1グランプリ2017in中国瀋陽(しんよう)」出展の報告をしました


 11月14日、三本木中学校(伊藤宏校長)の1、3年生ら8人と十和田バラ焼きゼミナールの畑中宏之 舌校長が市役所を訪問し、10月28日、29日に中国で行われた「日中国交正常化45周年×B-1グランプリ2017in中国瀋陽」で出展、現地視察、ホームステイを通しての交流などの活動報告を行いました。
 生徒らは、ごみいただき隊として現地の学生らとともに、B-1グランプリの会場でのごみ集めを行い、「思いやり、おもてなしの気持ちは世界共通で大切なことだった」「現地の中学生とも交流し、積極性も学んだ」「楽しくボランティアできた」などと思い思いの感想を話しました。
 小山田市長は生徒たちの活動にお礼の言葉を述べたあと、「この経験を生かして、将来まちづくり、社会づくりを地元で進めていってほしいです」と期待を込めました。
f0237658_11500173.jpg
小山田市長(中央)を囲み記念撮影する、三中生の皆さんと伊藤校長(写真右から2番目)、十和田バラ焼きゼミナールの畑中舌校長(写真右)
[PR]

by towada-city | 2017-11-15 11:51 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

三本木小唄流しおどりで“おもてなし”

 1018日、「あおもり10市(とし)大祭典in十和田」(9月23日、24日の開催)の合同パレードで、三本木小唄流しおどりを披露した三本木小唄普及委員会(石川正憲会長)が、大変盛況だったことを小山田久市長に報告しました。

 三本木小唄流しおどりの参加団体は、23日は三本木小唄普及委員会、24日は十和田奥入瀬観光大使の菅原都々子さんをはじめ、同委員会、十和田西高、三本木小、市職員互助会の総勢260人余りがパレードに参加しました。

 同委員会理事の下山恭美子(きみこ)さんは、「市長が先頭に立って踊っていただき、来場者に喜んでもらえました。大人数の流し踊りは、そろいの着物とそろいの踊りで大変美しく見え、来場者にいいおもてなしができました」と感想を述べました。

 弘前市、むつ市、五所川原市、本市と、大祭典の開催地がめぐるたび、各市の参加者と顔なじみになるという同委員会。「今回十和田市で、各市のみなさんに“お声がけ”“おもてなし”“お見送り”ができたことは大変うれしかったです」と話します。

 小山田市長は、「初日は雨が降りましたが、大勢の来場者に訪れてもらい感謝しています。新しくCDに吹きかえた菅原都々子さんの歌で踊る三本木小唄は、とても美しかったです」と感想を述べると、同委員会は「10市の祭りが今後、全国に発信できればいいと思います。幼稚園、小・中学生、高校生など次世代を担う子どもたちにも三本木小唄流しおどりを伝承していきたいです」と話しました。

f0237658_16375596.jpg
 小山田市長を囲む同委員会理事のみなさん(左から櫻田一雅さん、板垣みやさん、花柳美好さん、下山恭美子さん、高木淑子(としこ)さん、花柳寿々美岳さん、竹ケ原ひろ子さん、杉沢あささん、中市信さん)


[PR]

by towada-city | 2017-10-19 16:51 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

フランス出身女流騎手が「第3回世界流鏑馬(やぶさめ)選手権大会」出場を市長に報告

 10月16日、フランス出身のオディール・ビュルキさんとエロディ・ジュルダンさんが、10月14日~15日にかけて中央公園緑地で開催された「第3回世界流鏑馬選手権大会」に出場したことを、市長に報告しました。
 オディールさんは幼少より乗馬を習い続けており、20歳の時にワーキングホリデー制度で十和田乗馬倶楽部に滞在したことをきっかけに、流鏑馬を習い始めました。数年に1度来日し、十和田の流鏑馬大会に出場しています。同じく、エロディさんも幼少より乗馬を習い始め、現在は乗馬指導者を指導する立場で、フランスのアルボヴァレイ乗馬倶楽部に勤務しています。オディールさんの乗馬の指導者だったことがきっかけで流鏑馬を習い始め、今回初めて来日し世界流鏑馬選手権に出場しました。
 報告を受け小山田市長は、「十和田市でも乗馬だけではなく流鏑馬も広がり、観光振興にもつながっています。日本とフランスとの交流で更なる活性化につながることを期待しています」と話しました。

f0237658_11081160.jpg
小山田市長と記念撮影をするエロディ・ジュルダンさん(写真右)、オディール・ビュルキさんとご家族(写真左)

[PR]

by towada-city | 2017-10-18 11:08 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

アッパーズが東北ママさんバスケ大会優勝


 10月16日、ママさんバスケットボールチーム「UPPERS(アッパーズ)」が市役所を訪れ、小山田市長に9月30日から10月1日にかけて岩手県で開催された「第19回東北ママさんバスケットボール交歓大会(一般の部)」で優勝し、2連覇したことを報告しました。
 県予選大会決勝では、山形第1代表の「チェリーズ」に7年ぶりに勝利し、優勝をおさめました。
 夏堀牧子主将は、「決勝で戦ったチェリーズとは、最後の1分まで接戦でしたが、勝利できて嬉しかったです」と話し、小山田市長は「家庭を守りながら働き、スポーツもこなすというのはなかなかできないことです。本当に素晴らしいです」と選手たちをねぎらいました。
f0237658_13143572.jpg
小山田市長に2連覇を報告したUPPERSの皆さんと長瀬秀雄監督
[PR]

by towada-city | 2017-10-17 13:16 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田市オペラ振興会が11月19日開催のオペラ公演(喜歌劇「こうもり」)をPR

 10月10日、十和田市オペラ振興会の会員らが、11月19日開催のオペラ公演(喜歌劇「こうもり」)のPRのため、市役所を訪れ小山田市長を表敬訪問しました。
 十和田市オペラ振興会は、十和田市における芸術文化活動環境の充実を図る目的で、平成26年から当市でオペラ公演を実施している団体です。
 訪問を受け小山田市長は、「市民や子どもたちが、芸術に触れ合う機会はとても貴重なものですので、素晴らしい公演を期待しています」と話しました。

11月19日開催予定のオペラ公演の詳細は次のとおり
 公演名 喜歌劇「こうもり」
 日 時 平成29年11月19日(日)午後4時開演
 場 所 市民文化センター大ホール
 出 演 山内政幸ほか世界で活動する8人
     八甲田吹奏楽団、すみ子モダンバレエ研究所、南小学校合唱部、
     こうもり混声合唱団(一般公募により結成)
 入場料 3,000円
f0237658_09032608.jpg
(写真左から)石田知代さん(すみ子モダンバレエ研究所)、内沢すみ子さん(同研究所)、山崎由佳さん(八甲田吹奏楽団団員)、小山田市長、山内政幸さん(市オペラ振興会副委員長)、山内幸子さん(市オペラ振興会事務局)、東明子さん(こうもり混声合唱団)、三ツ星陽子さん(市オペラ振興会事務局)
[PR]

by towada-city | 2017-10-11 09:03 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

健康づくりに貢献したことが評価されました

 10月2日、十和田第一病院佐々木泰二理事長と傾聴サロンとわだの黒子まゆみ会長らが市役所を訪れ、小山田市長に、それぞれ平成29年度青森県健康づくり事業功労者等表彰および平成29年度あおもり健康づくり奨励賞を受賞したことを報告しました。

受賞の詳細は次のとおり

1 平成29年度青森県健康づくり事業功労者等表彰
○ 表彰対象者 多年にわたり健康づくり事業のために献身的な活動を続け、従事年数が10年以上で現在も事業に携わっている個人または団体
○ 被表彰者 佐々木 泰二 氏 十和田第一病院理事長、医師
○ 功績の概要
 市が委託する個別健診に協力するなど年間を通して受診可能となる検診体制の整備並びに推進のため大いに貢献した。また十和田市生涯健康づくり推進協議会がん予防部会員及び生活習慣予防部会員として、長きに渡り市民の健康づくりに寄与したほか学校医や産業医として学校保健及び産業保健の推進にも尽力しています。中核病院と連携をとりながら適切な医療を提供するなど地域医療に貢献しております。

2 平成29年度あおもり健康づくり奨励賞
○ 対象者 健康づくり事業の取り組み年数が3年以上10年未満で、現在も事業を実施しており、功績が顕著であると認められる団体
○ 被受賞団体 傾聴サロンとわだ 傾聴活動ボランティア団体
○ 業績の概要
 平成24年4月から月1回誰もが気軽に話を聴いてもらえる場として、おしゃべりサロン「クローバー」を開設しており、悩みを抱える方の相談にも対応し、関係機関との連携を図るなど行政とともに精神保健活動に取り組む団体です。また、年7回老人保健施設での傾聴活動を継続しております。

 受賞の報告を受けて、小山田市長は「市民の健康づくりに協力いただいて、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」と感謝の言葉を述べました。
f0237658_13415063.jpg
(写真左から)柴崎さち子傾聴サロンとわだ会員、黒子まゆみ同サロン会長、小山田市長、佐々木十和田第一病院理事長、加賀沢和子傾聴サロンとわだ会員、布施十和田第一病院事務長
[PR]

by towada-city | 2017-10-03 13:42 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田スリー☆スターズスポーツ少年団が全国大会3位入賞などを市長に報告

 9月20日、市立三本木小学校(坂本稔校長)、市立北園小学校(久保孝樹校長)、市立南小学校(馬場泰裕校長)、市立ちとせ小学校(中野正喜校長)の4校の児童で構成される「十和田スリー☆スターズスポーツ少年団」(長谷地孝育成会会長・山辺健二監督)の選手らが市役所を訪れ、小山田市長に、2つの全国大会に出場した成果を報告しました。
 成績は、8月10日から16日に東京都で開催された「高円宮賜杯第37回全国学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」ではベスト16、8月13日から16日に兵庫県淡路島で開催された「第39回全日本都市対抗少年野球淡路島大会」では3位入賞となりました。
 両大会の日程が重なりましたが、先に東京都で行われた大会の3日目で敗れ、敗戦当日、バスで10時間かけて淡路島に移動し、翌日からまた試合というタイトなスケジュールの中で、淡路大会では、4試合を勝ち抜き、みごと3位入賞となりました。
 報告に訪れた20人の選手は市長に対し、一人一人、全国大会での貴重な経験を話し、2番キャッチャーの宮本宇馨(うきょう)くん(北園小・6年)は「全国大会で自分より体が大きい選手や肩が強い選手と対戦してきました。一つのミスが試合を左右するため、一球一球集中することや考えながら野球をすることの大切さを学んできました」と話しました。 
 小山田市長は「全国大会3位はすばらしいことです。たくさんのことを学んで、しっかり成長してきた跡が見えます」と選手たちを労いました。
f0237658_13311079.jpg
全国大会での貴重な経験を話す十和田スリー☆スターズの皆さん
f0237658_13312425.jpg
全国大会3位!来年も頑張ります!
[PR]

by towada-city | 2017-09-21 13:32 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)