十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:報告・受賞・贈呈( 222 )


「和酒女子オリジナル清酒『好きになっちゃった』」ラベルのiFデザイン賞受賞報告と活動報告のため、「和酒女子」らが市長を表敬訪問しました

 6月21日、「和酒女子」がプロデュースして製造した「和酒女子オリジナル清酒『好きになっちゃった』」のラベルが、ドイツの国際的なデザイン賞である「2017年iFデザイン賞ProductDesign(Packagingカテゴリー)」を受賞したことを受けて、「和酒女子」らが受賞報告とこれまでの活動報告のため、市長を表敬訪問しました。
 「和酒女子」は、十和田市と日本酒が好きな女性の目線から、本市の魅力を発信することを目的とし、2013年に創設された女性の集まりです。
 昨年11月、十和田市唯一の酒蔵・鳩正宗株式会社の協力のもと、日本酒の仕込みを手伝い、「和酒女子オリジナル清酒『好きになっちゃった』」を200本限定で製造・販売したところ、わずか一週間程度で売り切れたといいます。
 今回、iFデザイン賞を受賞したラベルのデザインを手がけた「字と図」デザイナーの吉田進さんは、「日本酒が好きな女子が集まって始めた小さいプロジェクトでのデザインが、国際的な賞を受賞することができたことは面白いことだと感じています」と受賞の感想を話しました。
 「和酒女子」代表の髙村佳織さんは、「これからも楽しみながら活動を続けていきたい」と抱負を語りました。
 今年度は、お盆過ぎに400~500本程度の販売を目指して、製造に取り掛かっています。
f0237658_11572103.jpg
(写真左から)鳩正宗株式会社杜氏の佐藤企(たくみ)さん、「和酒女子」代表の髙村さん、小山田市長、「字と図」デザイナーの吉田さん、「和酒女子」の一員で『好きになっちゃった』の命名者の上川原さん
f0237658_11573644.jpg
iFデザイン賞を受賞したラベル
[PR]

by towada-city | 2017-06-22 11:58 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田市連合婦人会が父の日の花束を贈る

 6月14日、市連合婦人会(張摩博子会長)の会員らが、市役所を訪れ、小山田市長に父の日の花束を贈りました。
 小山田市長は、「毎年ありがとうございます。」と、笑顔でお礼を述べると、会員らは、市の観光や地域の実情などさまざまな話題でなごやかに市長と会話し、親睦を深めました。
f0237658_15222661.jpg
(写真左から)田中千賀子さん、鈴木せつ子さん、岡山邦子さん、小山田市長、張摩博子さん、三浦栄子さん
[PR]

by towada-city | 2017-06-19 15:22 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

市民交流プラザ「トワーレ」来館者数50万人に到達

 「みちと広場を融合させたにぎわいの広場」をコンセプトに、世界的に活躍している建築家の隈研吾氏の設計により、市民活動の新たな地域活動拠点や中心市街地活性化の一翼を担う施設として、平成26年10月14日にオープンした市民交流プラザ「トワーレ」が、5月29日、来館者数50万人に到達しました。
 50万人目に市民交流プラザ「トワーレ」を訪れた小山きみひろさん(稲生町)には、小山田市長から花束とわだ産品の詰め合わせの記念品が贈られました。
 社交ダンスサークル「プリウス」の主宰者で、ダンスの練習をするサークル活動のために来館した小山さんは、「まちなかにあり、交通の便もよく使いやすいです。これからも利用したいです。」と話し、小山田市長は、「これからもどんどん利用してください」とより一層の利用を呼び掛けました。
f0237658_15091807.jpg
小山田市長(写真左)から花束と記念品を受け取る小山さん(写真右)
[PR]

by towada-city | 2017-05-30 15:09 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

県下シングルスソフトテニス選手権大会優勝を市長に報告

 5月10日、細田美帆(みほ)さん(十和田中・2年)と鶴田琳子(りんこ)さん(四和中・1年)らが、市役所を訪れ、小山田市長に4月23日に開催された平成29年度県下シングルスソフトテニス選手権大会において、それぞれU17(14歳以上、16歳以下)女子の部、U14(13歳以下)女子の部で、優勝したことを報告しました。
 細田さんは、中、高校生59人の選手が参加したU17女子の部で、予選リーグ、決勝トーナメント合わせて6回勝ち抜き優勝しました。鶴田さんは、小、中校生60人の選手が参加したU14女子の部で、予選リーグ、決勝トーナメント合わせて7回勝ち抜き優勝しました。
 細田さん、鶴田さんともに「6月に行われる中体連で東北大会・全国大会に行けるようにがんばりたい」と今後の抱負を語りました。
 小山田市長は「夢に向かって、これからもがんばってください」と激励しました。
f0237658_13052800.jpg
(写真左から)小山田市長、細田さん、鶴田さん、両名の出身クラブの十和田STC代表の宮腰優子さん、十和田中ソフトテニス部外部コーチの細田幸浩(ゆきひろ)さん
[PR]

by towada-city | 2017-05-12 13:05 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

市の農業振興に大きく寄与した2人に十和田市農業賞を授与

 2月22日、十和田おいらせ農業協同組合本店で「第6回十和田市農業賞授与式」が行われました。
 この賞は、農業経営において生産性の高い経営や計画的な経営改善を実践するなど地域農業の振興に貢献した個人や、生産・出荷および販売などの共同活動に優れた実績のあった農業者で組織する団体を表彰するもので、今年度で6回目となります。
 今年度は、水尻吉治さんと工藤和男さんの2人が受賞しました。
 式では、主催者を代表し、小山田市長が「長年にわたり、積み重ねられたご功績に心から敬意を表すとともに、お二方を支えてこられたご家族や関係者の皆さまのご労苦に対しても、深く敬意と感謝の意を表します。今後ますますのご活躍をお祈り申し上げます」とあいさつし、2人にそれぞれ表彰状を手渡しました。
 受賞者2名の主な功績などは次のとおり。
○水尻吉治さん
・肉用肥育牛(乳用種)の規模拡大を図り、市内随一の肉用牛経営規模を誇る㈱水尻畜産の会長を努め、近年は黒毛和種繁殖牛を積極的に導入し、和牛一貫生産による経営基盤の強化を進めている。
・七戸畜産農業協同組合組合長、青森県畜産農業協同組合連合会理事などを歴任し、地域の畜産振興に尽力している。
○工藤和男さん
・葉たばこ生産を中心に、稲作を組み合わせた農業経営を実践し、十和田市葉たばこ生産振興会会長として葉たばこ生産振興の中心的な役割を担っている。
・青森県農業経営士に認定され、十和田地区農業士会会長などを歴任し、地域の担い手育成等に尽力している。
・十和田農業体験連絡協議会副会長として、農業体験、農家民泊の事業推進に取り組んでいる。
f0237658_13490195.jpg
(写真左から)工藤さん、小山田市長、水尻さん
[PR]

by towada-city | 2017-02-23 14:06 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

きみがらスリッパ制作で県伝統工芸士に認定される

1月30日、平成28年度青森県伝統工芸士に認定された「十和田きみがらスリッパ組合」の古舘よしえさんが市長を表敬訪問しました。この認定は県指定の工芸品の振興と後継者育成のため、伝統工芸品製造業者の中から高度な技術や技法を持つ工芸士を技術や技法の指導者として認定するもの。これまでの認定者数は58人で平成28年度は2人が認定されています。
 当市は陸軍軍馬補充部が置かれていたこともあり、古くから馬産地でした。戦後の1947(昭和22)年、馬の飼料用作物のデントコーンの皮の再生利用として「きみがらスリッパ」が作られました。1963(昭和38)年に「十和田きみがらスリッパ生産組合」が設立され、生産と販売が行われ、当市の伝統工芸品となりました。
 古舘さんが伝統工芸士に認定されたのは、同組合員の製作技術向上指導のほか、地元の高校生にデントコーン畑の作業や製作技術指導を行って、技術の継承に尽力するなどの活動が認められたものです。
f0237658_14511076.jpg
「十和田きみがらスリッパ生産組合」の表敬訪問。青森県伝統工芸士に認定された古舘よしえさん(写真左)
f0237658_14505060.jpg
デントコーンの皮で製作した「きみがらスリッパ」を市長にプレゼント



[PR]

by towada-city | 2017-02-22 14:53 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

全勝優勝でふるさとに錦を飾る“錦富士”

1月22日、序二段の錦富士(十和田市出身伊勢ケ浜部屋)が、大相撲初場所千秋楽の序二段優勝決定戦で、7戦全勝同士の優勝決定戦を勝ち抜き優勝したことを、本市に帰郷し小山田市長に報告しました。 
 錦富士は、十和田中―三本木農高―近畿大学中退で相撲部屋に入門。「先場所も優勝しましたが、地元でニュースが広まって優勝の実感がわきました。今場所も優勝できたので、これも地元の声援のお陰と思います」と錦富士。
 小山田市長は、「よく頑張りました」と優勝をねぎらうとともに、伊勢ケ浜部屋に十和田のリンゴを送ったことを話すと、錦富士は「ありがとうございました」と感謝していました。
 大銀杏を結えるのは十両から。同行した櫻田一雅(かずまさ)さん(県相撲連盟上十三支部長)は、「幕下に昇進して、十両に上がるあたりに後援会づくりが始まります。これからが楽しみです」とうれしそうでした。錦富士は「化粧まわしを着ける十両になれるようがんばりたい」と次の目標に向かって目を輝かせていました。
f0237658_14310129.jpg
           「10両昇進に向って頑張ります」と錦富士

[PR]

by towada-city | 2017-02-22 14:43 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

血液の安定供給に貢献 平成28年度十和田市献血功労者市長感謝状贈呈式

 2月20日、市役所議会会議室で「平成28年度十和田市献血功労者市長感謝状贈呈式」が行われました。
 この賞は、平成28年度の献血協力団体で献血本数が一定量を超えた団体に贈られるものです。
 今年度は医療法人泰仁会十和田第一病院、市立南小学校PTA、十和田おいらせ農業協同組合に感謝状が贈呈されました。
 小山田市長は、「献血に関する場所の提供や呼び掛けなど温かい配慮をいただき感謝しています。これからも献血事業の推進にご尽力いただき、命をつなぐために協力をお願いします」と話し、受賞を称えました。
f0237658_13451938.jpg
(写真左から)十和田おいらせ農業協同組合の小笠原一成(かずなり)総務部長、市立南小学校の村山良裕(よしひろ)教頭、小山田市長、医療法人泰仁会十和田第一病院の工藤千恵子総看護師長
[PR]

by towada-city | 2017-02-21 13:45 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

南ミニバススポーツ少年団女子が3年ぶりの全国大会出場を市長に報告

 1月11日、市立南小学校(馬場泰裕校長)の「十和田南ミニバスケットボールスポーツ少年団」の女子選手らが市役所を訪れ、小山田市長に、3月28日から30日にかけて東京都の国立代々木球技場体育館で開催される「第48回全国ミニバスケットボール大会」へ出場することを報告しました。 チームは昨年12月17日・18日に行われた第48回全国ミニバスケットボール大会青森県予選会兼第41回青森県スポーツ少年団フェスティバル・ミニバスケットボール競技会において県内各地区代表16チームによるトーナメント戦で優勝し、全国大会の出場を決めました。同スポーツ少年団女子の全国大会出場は3年ぶりとなります。 訪れた15人の選手は市長に対し、一人一人、全国大会に向けての意気込みを話しました。コート上の監督と呼ばれるポイントガードの小山田明愛(めい)さん(6年)は、「4通りある攻め方の中から状況にあった指示をすばやく出して、全国大会優勝を目指します」と話し、試合での指示の出し方などを披露しました。 小山田市長は「全国大会では強いチームがたくさん出てくると思うが、青森県で優勝したということを自信に思って、一生懸命頑張ってください。検討を祈ります」と激励しました。
f0237658_15353551.jpg
全国大会に向けた意気込みを話すミニバスケットボール選手の皆さん
f0237658_15354954.jpg
全国大会優勝を目指します!
[PR]

by towada-city | 2017-01-12 15:45 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

十和田スリー☆スターズスポーツ少年団が全国大会出場を市長に報告

 1月11日、市立三本木小学校(福寿邦彦校長)、市立北園小学校(水口宏校長)、市立南小学校(馬場泰裕校長)の3校の児童で構成される「十和田スリー☆スターズスポーツ少年団」の選手らが市役所を訪れ、小山田市長に、平成29年8月中旬に兵庫県淡路島で開催される「第39回全日本都市対抗少年野球大会」へ出場することを報告しました。
 チームは昨年9月10日から12月11日にかけて行われた青森県ジュニア学童野球選手権2016で県内72チームによるトーナメント戦で優勝を飾り、全国大会出場を決めました。
 同スポーツ少年団は、昨年、各小学校単位でのスポーツ少年団において団員不足から試合出場が困難になったために一つのチームとして発足しました。
 訪れた14人の選手は市長に対し、一人一人、全国大会に向けての意気込みを話し、キャプテンの泉陽泰(ようだい)くん(北園小・5年)は「守りからリズムを作って攻撃につなげたい。本戦まで自分たちが何をすべきかを考え練習に取り組んで行きたい。全国大会での目標は優勝です。一戦一戦自分たちの力を発揮できるよう頑張ります」と意欲いっぱいに話しました。
 小山田市長は「身に着けた技術を出し切るためにしっかりと体力作りをして、平常心で、自信を持って試合に臨んで、頑張ってください。検討を祈ります」と激励しました。
f0237658_15302260.jpg
全国大会に向けた意気込みを話す少年野球選手の皆さん
f0237658_15303667.jpg
全国大会で力を発揮し優勝を目指します!
[PR]

by towada-city | 2017-01-12 15:33 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)