十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:寄付( 112 )


青森県遊技業協同組合上十三・下北支部が図書購入費を寄附

 6月6日、青森県遊技業協同組合上十三・下北支部の村田高男副支部長らが市役所を訪れ、図書購入費として現金100万円を市に寄附しました。
 この寄附は、同支部が毎年行っている社会貢献事業の一環で実施されたものです。
 村田副支部長が「ふるさとに貢献できる喜びを感じています」と、小山田市長に目録を手渡すと、市長は「新しい図書館で有効に活用します」と、お礼の言葉を述べ、感謝状を贈呈しました。
 その後、(仮称)教育プラザの完成予想図を見ながら懇談し、新しい図書館から発展する当市の未来に希望を膨らませていました。
f0237658_16104341.jpg
村田副支部長(左)と小山田市長

[PR]

by towada-city | 2014-06-06 16:11 | 寄附 | Comments(0)

十和田地域消防安全管理協会が住宅用火災警報器を寄贈

 1月14日、十和田地域消防安全管理協会の大竹正美会長と成田一郎副会長が市役所を訪れ、高齢者世帯に設置してほしいと住宅用火災警報器95個を市に寄贈しました。
 小山田市長は「毎年寄贈いただきありがとうございます。高齢者の命を守るためにも有効に使わせていただきます」と、お礼を述べました。
 同協会では昭和56年度から防災用品の寄贈を行っており、住宅用火災警報器の寄贈は7回目、合わせて365個寄贈しています。
 今後、十和田消防署員らが高齢者世帯を訪問し、順次、設置する予定です。
f0237658_13591689.jpg
住宅用火災警報器を寄贈した大竹会長(写真左)と成田副会長(写真右)
[PR]

by towada-city | 2014-01-16 13:59 | 寄附 | Comments(0)

ササキコーポレーションが市に除雪機2台を寄附

 12月17日、ササキコーポレーションの佐々木春夫代表取締役会長らが市役所を訪れ、除雪機「オ・スーノ」2台を市に寄附しました。この除雪機は同社が開発したもので、充電式の電動ラッセル除雪機で雪を飛ばさずに手押しで除雪ができるものです。
 佐々木代表取締役会長は「人の手での除雪は苦労すると思います。スノーダンプと同じ感覚で使ってください」と、小山田市長に目録を手渡しました。市長は「大変助かります。家庭でも使える除雪機ですね」と、お礼を述べました。
 寄附された除雪機は現代美術館と新渡戸記念館で使用するとのことです。

f0237658_1534332.jpg
除雪機について市長に説明する佐々木代表取締役会長(写真中央)
f0237658_15343419.jpg

f0237658_1755050.jpg
除雪機「オ・スーノ」
[PR]

by towada-city | 2013-12-24 15:35 | 寄附 | Comments(0)

十和田バラ焼キッズパークが市に寄附

 11月6日、十和田バラ焼(や)キッズの三本木小、高清水小、松陽小の児童や教師、保護者や十和田バラ焼きゼミナールの畑中宏之舌校長らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金として現金115,208円を市に寄附しました。
 これは、9月7、8日に本市で開催された「2013北海道・東北B-1グランプリin十和田」の併催イベント「十和田バラ焼キッズパーク」での売上金の一部を寄附するものです。(B-1グランプリの様子はこちら
 各校の代表として訪れた森拓海(たくみ)くん(三本木小・6年)、村上元哉(もとや)くん(高清水小・6年)、立崎大成(たいせい)くん(松陽小・5年)は「ボンジュール!ぼくたちの想い、受け取ってください」と、小山田市長に目録を手渡しました。
 市長は「B-1グランプリでは、いまだかつて見たことがないたくさんの人が十和田を訪れた。子どもたちをはじめ、皆さんが一生懸命取り組んだ成果です。お礼を申し上げたい」と、話しました。

f0237658_1127587.jpg
十和田バラ焼キッズパークの皆さんと小山田市長
[PR]

by towada-city | 2013-11-07 11:29 | 寄附 | Comments(0)

田中建設工業㈱、けんしんよう十和田友の会が市に寄附

 10月25日、田中建設工業㈱の田中進代表取締役らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金として現金100,000円を市に寄附しました。これは、同社が8月に開催したチャリティーゴルフコンペの参加者から寄附を募ったものです。
 また、同日、けんしんよう十和田友の会の大竹正美会長らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金として現金59,356円、児童図書購入費として現金59,355円を市に寄附しました。これは、同会が忘年会と納涼会の際に参加者から寄附を募ったものです。
 目録を受け取った小山田市長は「子どもたちのために寄附していただき、ありがとうございます」と、お礼を述べました。

f0237658_16194384.jpg
田中代表取締役と小山田市長
f0237658_16202170.jpg
けんしんよう友の会の皆さんと小山田市長
[PR]

by towada-city | 2013-10-25 16:22 | 寄附 | Comments(0)

セーフコミュニティの普及啓発のため市にバッジを贈呈

 10月2日、「セーフコミュニティとわだをすすめる会」の新井山洋子代表らが市役所を訪れ、セーフコミュニティの普及啓発を図るため、市の課長級以上の職員に身に着けてほしいと、バッジ50個を贈呈しました。
 新井山代表は「セーフコミュニティ認証都市としてより一層の普及啓発を図るために市職員もバッジを身に着けて気運を盛り上げてほしい」と、話しました。
 早速バッジを身に着け、小山田市長は「セーフコミニティの活動もだんだんと市民に浸透してきています。来年度再認証を受けるための取り組みを進めたい」と、話していました。
 すすめる会では、バッジを400個製作。今後、ワークショップや講座の参加者にセーフコミュニティサポーターとしてバッジを配布していく予定です。
f0237658_14353745.jpg
市役所を訪れた「セーフコミュニティとわだをすすめる会」の皆さん。小山田市長の右胸には贈呈されたバッジが着用されています。
f0237658_14355466.jpg

すすめる会の皆さんが製作したバッジ。「今日も無事でいてほしい」をキャッチフレーズに、一層の普及啓発を推進します。
[PR]

by towada-city | 2013-10-08 14:36 | 寄附 | Comments(0)

絆の会、初雪会が市に寄附

 9月4日、親のない子や交通遺児などへの修学資金提供のために活動している絆の会の日野口泰子代表らが市役所を訪れ、育英基金として現金50,000円を市に寄附しました。これは、同会員らが古新聞やダンボールなどを集めて現金に換えたもので、昨年度に引き続き2回目の寄附となります。
 また、同日、生田流地唄筝曲奏者の初雪会・富島清宣(とみしませいのり)代表が、子ども夢チャレンジ基金として現金90,876円を寄附しました。これは、8月24日に市民文化センターで同会が開催したチャリティーリサイタルにて募金を募った際に集まったもので、今回で9回目の寄附となります。
 目録を受け取った小山田市長は「未来を担う子どもたちのために使わせていただきます」と、お礼を述べました。
f0237658_1149787.jpg
(写真左から)絆の会の苫米地トミ子さん、日野口代表、小山田市長
f0237658_11493388.jpg
(写真左から)初雪会の富島代表、小山田市長
[PR]

by towada-city | 2013-09-09 11:59 | 寄附 | Comments(0)

十和田青友会が十和田市育英基金へ寄附

 8月26日、十和田青友会の桜田裕幸会長らが市役所を訪れ、奨学金制度のための十和田市育英基金に活用してほしいと現金7万1,439円を寄附しました。
 この寄附は、十和田青友会が2日に行った納涼パーティーでチャリティー募金を募ったものです。
 桜田会長から目録を受け取った小山田市長は「ありがとうございます。これからも支援を続けていただきたい」と、お礼を述べました。
f0237658_1317166.jpg
小山田市長に目録を手渡す桜田会長(写真左)
[PR]

by towada-city | 2013-08-28 13:18 | 寄附 | Comments(0)

新産レミコン㈱が寄附

 8月9日、新産レミコン㈱共済会の沢尻敦会長らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金に活用してほしいと現金8万2,602円を寄附しました。この寄附は、共済会が開催した「納涼会」の際の募金およびチャリティーコンサートで寄附を募ったものです。
 沢尻会長から目録を受け取った小山田市長は「今年からチャレンジ基金の条件を緩和して、より多くの団体が利用できるようになりました。皆さんから寄附をいただき大変ありがたいです」とお礼を述べました。
f0237658_10354351.jpg
小山田市長に目録を手渡す沢尻会長(写真左)
[PR]

by towada-city | 2013-08-13 10:36 | 寄附 | Comments(0)

田中建設企業グループおよび十和田青空商店組合が寄附

 7月22日、田中建設㈱の田中大文(だいぶん)代表取締役専務らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金に活用してほしいと現金34万7,800円を寄附しました。この寄附は、田中建設企業グループ(田中陽一会長)がチャリティーゴルフコンペの参加者から寄附を募ったものです。
 また、同日、十和田青空商店組合の志田博俊会長らが市役所を訪れ、社会福祉のために役立ててほしいと現金5万3,000円を寄附しました。この寄附は、十和田市春まつり期間中に行った福祉カラオケチャリティーで集まったお金です。
 小山田市長は「大事に使わせていただきます」と、両団体にお礼を述べました。
f0237658_845491.jpg
小山田市長に目録を手渡す田中代表取締役専務
f0237658_8462729.jpg
田中建設企業グループからの長年にわたる多額の寄附に対し、市から感謝状が贈られました
f0237658_846452.jpg
小山田市長に目録を手渡す志田会長
[PR]

by towada-city | 2013-07-24 08:48 | 寄附 | Comments(0)