十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:寄付( 117 )


東北電力㈱と㈱ユアテックが防犯灯を寄贈

 12月9日、東北電力㈱十和田営業所の平野伸一郎所長と㈱ユアテック十和田営業所の立花克也所長らが市役所を訪れ、LED防犯灯10基を寄贈しました。
 本体部品が東北電力㈱、取り付け工事一式が㈱ユアテックの寄贈となります。
 この防犯灯の寄贈は昭和40年から実施、今年で50年目を迎え、通算で508灯になりました。
 目録を受け取った小山田市長は「小さい路地に入るとまだ薄暗いところもあり、市民からも設置の要望を受けています。非常にありがたいです」と、お礼を述べました。
 平野所長は「今、ノーベル賞で話題のLEDは長持ちして防犯灯にも適しています。安全なまちづくりに地元の電力会社として貢献していきます」と、話しました。
f0237658_10363708.jpg
東北電力㈱十和田営業所の平野所長(写真左)と㈱ユアテック十和田営業所の立花所長(写真右)

[PR]

by towada-city | 2014-12-10 10:37 | 寄附 | Comments(0)

立正佼成会、田中建設工業㈱が市に寄附

12月2日、立正佼成会八戸教会(教会長:加藤剛央)の橋場由江(よしえ)十和田支部長らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金として現金10万円を寄附しました。これは、同教会で開催された収穫祭の売り上げの一部です。
 同日、田中建設工業㈱の田中進代表取締役らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金として現金10万円を市に寄附しました。これは、同社が8月に開催したチャリティーゴルフコンペの参加者から寄附を募ったものです。
 目録を受け取った小山田市長は「子どもたちのために活用させていただきます。ありがとうございます」と、お礼を述べました。
 十和田市子ども夢チャレンジ基金は、小中学生の全国大会などの派遣費用を補助するもので、今年度は、12月2日現在で1,534,000円(27件)を補助しています。
f0237658_11420774.jpg
立正佼成会の橋場十和田支部長らと小山田市長
f0237658_11421664.jpg
田中建設工業㈱の田中進代表取締役と小山田市長

[PR]

by towada-city | 2014-12-03 11:45 | 寄附 | Comments(0)

上北建設および十和田青友会が寄附

 9月9日、上北建設㈱の田島一史代表取締役社長らが市役所を訪れ、少年少女発明クラブの創作活動費に活用してほしいと現金20万円を寄附しました。この寄附は、上北建設の発明品、道路工事や交通規制などで活躍する体感マット「ピタリング」の売り上げから行われました。
 田島代表取締役社長は「子どもたちの豊かな発想力とたくましい構想力を育てる創作活動に役立ててほしい」と、話しました。
 また、同日、青森銀行十和田支店の後援会組織である十和田青友会の桜田裕幸会長らが市役所を訪れ、十和田市育英基金として現金3万円を寄附しました。この寄附は、同会が行った納涼パーティーで集まったお金です。
 小山田市長は「大事に使わせていただきます」と、両団体にお礼を述べました。
f0237658_18244093.jpg
田島代表取締役社長(写真左)、小山田市長、十和田市少年少女発明クラブ佐々木忠一会長(写真右)
f0237658_18250419.jpg
桜田会長(写真左)と小山田市長

[PR]

by towada-city | 2014-09-09 18:25 | 寄附 | Comments(0)

田中建設企業グループおよび十和田市青色申告会青年部が寄附

 7月22日、田中建設㈱の田中大文(だいぶん)代表取締役専務らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金に活用してほしいと現金35万200円を寄附しました。
 この寄附は、田中建設企業グループ(田中陽一会長)がチャリティーゴルフコンペの参加者から寄附を募ったものです。
 田中代表取締役専務は「従業員が安心して子どもを育てられる安定した企業であり続けることも地元企業の大きな役目だと思っています。今後も地元に貢献していきたいです」と、話しました。
 また、同日、十和田市青色申告会の国分博幸青年部長らが市役所を訪れ、図書購入費として現金3万円を寄附しました。この寄附は、同会の青年部が行った第13回チャリティ・ビアパーティーで集まったお金です。
 小山田市長は「大事に使わせていただきます」と、両団体にお礼を述べました。
f0237658_11004206.jpg
小山田市長に目録を手渡す田中代表取締役専務
f0237658_11004748.jpg
国分青年部長と小山田市長

[PR]

by towada-city | 2014-07-23 11:01 | 寄附 | Comments(0)

十和田青空商店組合、三興電子工業㈱、十和田八甲ロータリークラブが寄附

 6月26日、3団体が市役所を訪れ、市に寄附をしましたので、ご紹介します。
 最初に、十和田青空商店組合の志田博俊会長らが社会福祉のために役立ててほしいと現金54,000円を寄附しました。この寄附は、十和田市春まつり期間中に行った福祉カラオケチャリティーで集まったもので、平成11年度から始まり、今回で13回目となります。小山田市長は「今回の寄附も大事に使います」と、お礼を述べました。
 続いて、三興電子工業㈱の小松崎壽志(ひさし)代表取締役会長らが市民図書館の図書購入費として12万円を寄附しました。同社は、平成5年度から地域の子どもたちに新しい本を読んでほしいと寄附を行っており、今年で23回目になります。市長は「今、工事している(仮称)教育プラザの図書購入に使います。」と、(仮称)教育プラザの完成予想図を見せて、お礼を述べ、その後、グローバルに事業を展開する現状と難しさについて懇談しました。
 最後に、十和田八甲ロータリークラブの新山忠男会長らが子ども夢チャレンジ基金として135,000円を市に寄附しました。同クラブは、毎年チャリティーゴルフコンペを開催し、参加者から募ったお金を市に寄附しており、今年で12回目になります。新山会長が「青少年のスポーツ振興に役立ててください」と市長に目録を手渡すと、市長は「がんばっている子どもたちのために使います。」と、お礼を述べました。この寄附は、『市子ども全国大会等選手派遣補助金』に充てられます。昨年度は、東北大会以上に進んだ団体43件(文化2件、スポーツ41件)を補助しました。

f0237658_08503215.jpg
十和田青空商店組合の志田会長(左)から市長に目録が手渡されました。
f0237658_08503951.jpg
志田会長とイベントを通した元気なまちづくりについて懇談しました。

f0237658_08504516.jpg
目録を手渡す三興電子工業㈱の小松崎代表取締役会長(左)と市長

f0237658_08505272.jpg
十和田八甲ロータリークラブの皆さん。(右から2人目が新山会長)

[PR]

by towada-city | 2014-06-27 08:52 | 寄附 | Comments(0)

青森県遊技業協同組合上十三・下北支部が図書購入費を寄附

 6月6日、青森県遊技業協同組合上十三・下北支部の村田高男副支部長らが市役所を訪れ、図書購入費として現金100万円を市に寄附しました。
 この寄附は、同支部が毎年行っている社会貢献事業の一環で実施されたものです。
 村田副支部長が「ふるさとに貢献できる喜びを感じています」と、小山田市長に目録を手渡すと、市長は「新しい図書館で有効に活用します」と、お礼の言葉を述べ、感謝状を贈呈しました。
 その後、(仮称)教育プラザの完成予想図を見ながら懇談し、新しい図書館から発展する当市の未来に希望を膨らませていました。
f0237658_16104341.jpg
村田副支部長(左)と小山田市長

[PR]

by towada-city | 2014-06-06 16:11 | 寄附 | Comments(0)

十和田地域消防安全管理協会が住宅用火災警報器を寄贈

 1月14日、十和田地域消防安全管理協会の大竹正美会長と成田一郎副会長が市役所を訪れ、高齢者世帯に設置してほしいと住宅用火災警報器95個を市に寄贈しました。
 小山田市長は「毎年寄贈いただきありがとうございます。高齢者の命を守るためにも有効に使わせていただきます」と、お礼を述べました。
 同協会では昭和56年度から防災用品の寄贈を行っており、住宅用火災警報器の寄贈は7回目、合わせて365個寄贈しています。
 今後、十和田消防署員らが高齢者世帯を訪問し、順次、設置する予定です。
f0237658_13591689.jpg
住宅用火災警報器を寄贈した大竹会長(写真左)と成田副会長(写真右)
[PR]

by towada-city | 2014-01-16 13:59 | 寄附 | Comments(0)

ササキコーポレーションが市に除雪機2台を寄附

 12月17日、ササキコーポレーションの佐々木春夫代表取締役会長らが市役所を訪れ、除雪機「オ・スーノ」2台を市に寄附しました。この除雪機は同社が開発したもので、充電式の電動ラッセル除雪機で雪を飛ばさずに手押しで除雪ができるものです。
 佐々木代表取締役会長は「人の手での除雪は苦労すると思います。スノーダンプと同じ感覚で使ってください」と、小山田市長に目録を手渡しました。市長は「大変助かります。家庭でも使える除雪機ですね」と、お礼を述べました。
 寄附された除雪機は現代美術館と新渡戸記念館で使用するとのことです。

f0237658_1534332.jpg
除雪機について市長に説明する佐々木代表取締役会長(写真中央)
f0237658_15343419.jpg

f0237658_1755050.jpg
除雪機「オ・スーノ」
[PR]

by towada-city | 2013-12-24 15:35 | 寄附 | Comments(0)

十和田バラ焼キッズパークが市に寄附

 11月6日、十和田バラ焼(や)キッズの三本木小、高清水小、松陽小の児童や教師、保護者や十和田バラ焼きゼミナールの畑中宏之舌校長らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金として現金115,208円を市に寄附しました。
 これは、9月7、8日に本市で開催された「2013北海道・東北B-1グランプリin十和田」の併催イベント「十和田バラ焼キッズパーク」での売上金の一部を寄附するものです。(B-1グランプリの様子はこちら
 各校の代表として訪れた森拓海(たくみ)くん(三本木小・6年)、村上元哉(もとや)くん(高清水小・6年)、立崎大成(たいせい)くん(松陽小・5年)は「ボンジュール!ぼくたちの想い、受け取ってください」と、小山田市長に目録を手渡しました。
 市長は「B-1グランプリでは、いまだかつて見たことがないたくさんの人が十和田を訪れた。子どもたちをはじめ、皆さんが一生懸命取り組んだ成果です。お礼を申し上げたい」と、話しました。

f0237658_1127587.jpg
十和田バラ焼キッズパークの皆さんと小山田市長
[PR]

by towada-city | 2013-11-07 11:29 | 寄附 | Comments(0)

田中建設工業㈱、けんしんよう十和田友の会が市に寄附

 10月25日、田中建設工業㈱の田中進代表取締役らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金として現金100,000円を市に寄附しました。これは、同社が8月に開催したチャリティーゴルフコンペの参加者から寄附を募ったものです。
 また、同日、けんしんよう十和田友の会の大竹正美会長らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金として現金59,356円、児童図書購入費として現金59,355円を市に寄附しました。これは、同会が忘年会と納涼会の際に参加者から寄附を募ったものです。
 目録を受け取った小山田市長は「子どもたちのために寄附していただき、ありがとうございます」と、お礼を述べました。

f0237658_16194384.jpg
田中代表取締役と小山田市長
f0237658_16202170.jpg
けんしんよう友の会の皆さんと小山田市長
[PR]

by towada-city | 2013-10-25 16:22 | 寄附 | Comments(0)