十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:寄付( 130 )


上十三電気工事協同組合が寄附

 8月7日、上十三電気工事協同組合の新川剛(あらかわつよし)理事長らが市役所を訪れ、市の防犯に活用してほしいとLED防犯灯10台を寄附しました。
 この寄附は、電気を通じて、地域社会の明るく、安全・安心なまちづくりを支援する目的で行われました。
 小山田市長は「ありがとうございます。大切に使わせていただきます」とお礼を述べました。
f0237658_16180555.jpg
(写真左から)上十三電気工事協同組合新川理事長、小山田市長、同組合沢目進一青年部会長
[PR]

by towada-city | 2017-08-07 16:18 | 寄付 | Comments(0)

田中建設グループが「十和田市子ども夢チャレンジ基金」に寄附

 7月27日、田中建設㈱の田中大文(だいぶん)代表取締役社長らが市役所を訪れ、全国大会などに出場する小・中学生の遠征費を補助する「十和田市子ども夢チャレンジ基金」に活用してほしいと、現金301,000円を寄附しました。
 この寄附は、田中建設企業グループ(田中陽一会長)がチャリティーゴルフコンペの参加者から寄附を募ったものです。
 同グループは、これまで平成13年度から学校図書購入費として9回、平成23年度から子ども夢チャレンジ基金へ7回の計16回、665万1千円の寄付を行っています。
 小山田市長は「毎年、子ども達のために寄附をいただき、ありがとうございます。今回の寄附も大切に使わせていただきます」とお礼を述べ、同グループの長年の寄附に対し、感謝の気持ちを表しました。
f0237658_09230167.jpg
田中代表取締役社長(写真左)と小山田市長
[PR]

by towada-city | 2017-07-28 09:24 | 寄付 | Comments(0)

十和田市青色申告会が寄附

 7月20日、十和田市青色申告会の国分博幸青年部長が市役所を訪れ、市の社会福祉に活用してほしいと44,140円を寄附しました。
 この寄附は、平成29年7月14日開催の第16回青色申告会チャリティービアパーティーで寄附を募ったものです。
 小山田市長は「ありがとうございます。大切に活用させていただきます」とお礼を述べました。
f0237658_09124811.jpg
小山田市長に目録を手渡す国分青年部長(写真左)
[PR]

by towada-city | 2017-07-21 09:13 | 寄付 | Comments(0)

十和田八甲ロータリークラブが子ども夢チャレンジ基金に寄附

 6月20日、十和田八甲ロータリークラブの今春淑(はるとし)会長らが子ども夢チャレンジ基金として15万円を市に寄附しました。
 これは、十和田八甲ロータリークラブが主催したチャリティーゴルフコンペで参加者から募ったもので、同クラブは平成25年度から同基金に寄附をし、今回で5回目となります。
 今会長が市長に目録を手渡すと、市長は「いつもありがとうございます。大切に使わせていただきます」とお礼を述べました。
 この寄附は、『市子ども全国大会等選手派遣補助金』に充てられます。昨年度は、東北大会以上に進んだ52件(3,464,000円)を補助しました。今年度は、6月16日現在で、2件(304,000円)の補助申請を受けています。
f0237658_15181720.jpg
(写真左から)下久保淳一幹事、今会長、小山田市長、菅文昭(ふみあき)次年度幹事、太田格道(かくじ)事務局長
[PR]

by towada-city | 2017-06-21 15:18 | 寄付 | Comments(0)

十和田市青空商店組合が寄附

 6月15日、十和田市青空商店組合の志田博俊会長らが市役所を訪れ、社会福祉のために役立ててほしいと現金83,102円を寄附しました。この寄附は、十和田市春まつり期間中の露店の売上金の一部で、平成11年度から始まり、今回で15回目となります。
 市では、十和田市青空商店組合からの寄附を活用して、これまでに障害者用ストレッチャーや車いすなどを購入しています。
 小山田市長は「ありがとうございます。今年の寄附も大事に使います」と、お礼を述べました。
f0237658_15312752.jpg
十和田市青空商店組合の志田博俊会長(写真左)と小山田市長(写真右)
[PR]

by towada-city | 2017-06-19 15:31 | 寄付 | Comments(0)

三興電子工業が図書購入費を寄附

 6月14日、三興電子工業株式会社(小松﨑清明代表取締役社長)の小松﨑清明代表取締役社長が市役所を訪れ、市民図書館の図書購入費として12万円を寄附しました。
 同社は、地域の子どもたちにたくさん本を読んでほしいと平成5年度から寄附を行っており、今年で25年連続となります。
 市民図書館では、現在までに同社からの寄附を活用して、834冊の図書を購入しています。
 小山田市長は「毎年寄附をいただきありがとうございます。今年も大事に使わせていただきます」と、お礼を述べました。
f0237658_15270672.jpg
小松﨑代表取締役社長(写真左)と小山田市長(写真右)
[PR]

by towada-city | 2017-06-19 15:27 | 寄付 | Comments(0)

十和田支援会が中央病院に血圧計を寄贈

 6月12日、十和田支援会の欠畑茂治会長と鈴木幸治事務局長代理が中央病院を訪れ、血圧計3台を寄贈しました。十和田支援会は、市内のスーパー、飲食店、ガソリンスタンドなど約120店舗が会員となり、「もったいない運動」としてプルタブやペットボトルのふたを集めています。今回は約1年かけて回収し、それを換金して血圧計を購入しました。
 欠畑会長は、「もったいない運動で自分たちの意識、行動を変えることによりこのような形になりました」と話し、接待中央病院事務局長は、「ありがとうございます。この活動は飽食の時代に大切な事です。今後も継続していただければありがたいです」とお礼を述べました。
f0237658_14031002.jpg
   (写真左から)鈴木幸治十和田支援会事務局長代理、欠畑茂治十和田支援会
会長、松野中央病院事業管理者、接待中央病院事務局長

[PR]

by towada-city | 2017-06-14 14:09 | 寄付 | Comments(0)

三浦道子さん、章志さん夫婦が市の福祉へ寄附

 6月1日、三浦道子さん、章志(しょうじ)さん夫婦(三本木字本金崎)が、市役所を訪れ、十和田市の福祉に活用してほしいと現金15,000円を寄附しました。この寄附は、平成29年4月29日より個人宅を利用して開館した人形展示館「悠久の館」の入館料の一部を寄附したものです。
 人形展示館「悠久の館」は、三浦さん夫婦が収集した江戸時代から昭和までのあでやかな雛人形と五月人形約400体を自宅に展示しているものです。
○場 所 十和田市大字三本木字本金崎170
○入館料 大人300円、高校生以下無料、未就学児入館不可
○お問い合わせ電話番号 080-6093-5191
※開館日時については、事前にお問い合わせください。
f0237658_17103051.jpg
(写真左から)三浦章志さん、小山田市長、三浦道子さん
[PR]

by towada-city | 2017-06-02 17:10 | 寄付 | Comments(0)

けんしんよう十和田友の会が市に寄附

 3月23日、けんしんよう十和田友の会の大竹正美会長と県信用十和田支店の山本貢支店長が市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金として現金49,357円、児童図書購入費として現金49,357円を市に寄附しました。これは、同友の会が開催した納涼会と忘年会の際に参加者から寄附を募ったものです。
 目録を受け取った小山田市長は「ありがとうございます。子どもたちのために大事に使わせていただきます」と、お礼を述べました。
 子ども夢チャレンジ基金は小・中学生の全国大会などの派遣費用の補助として、児童図書購入費は市民図書館の児童図書購入費として使われています。
f0237658_13480129.jpg
(写真左から)大竹会長、小山田市長、山本支店長

[PR]

by towada-city | 2017-03-23 13:48 | 寄付 | Comments(0)

十和田地域消防安全管理協会が救急箱を寄贈

 3月17日、十和田地域消防安全管理協会の大竹正美会長らが市役所を訪れ、地域住民の安全に役立ててほしいと災害少人数用救急箱10個を寄贈しました。
 同会は、災害の予防、防火管理および消防設備業務に携わる者の知識と技術の向上などを目的に、約280事業者で構成される会で、昭和56年から毎年、本市(合併前は十和田湖町も)または六戸町に防災用品を寄贈しています。
 救急箱を受け取った小山田市長は「いつ何が起こるか分からないので大変ありがたいです。避難所を開設した時に持参し、応急処置などに使わせていただきます」とお礼を述べました。
 今年度、市では台風により4度、避難所を開設しています。
 いつ何が起こるか分からないのが災害です。お住まいの地域の避難所を確認し、非常時の持ち出し品をチェックするなど、もしもの時のために備えましょう。
f0237658_18263742.jpg
(写真左から)大竹会長、小山田市長、菅文昭副会長
[PR]

by towada-city | 2017-03-17 18:27 | 寄付 | Comments(0)