十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

防災意識の高揚を図る 平成29年度十和田市総合防災訓練

 5月24日に、市役所、奥入瀬川河川敷、市総合体育センターを会場に平成29年度十和田市総合防災訓練が開催されました。
 これは、災害時に各機関と自主防災組織などが連携して防災対策を展開できるよう市が毎年行っているものです。
 訓練は、大雨洪水警報と土砂災害警戒情報発表時に、本県東方沖約100㎞を震源とするマグニチュード9.0の地震が発生し、市が震度6強の地震に襲われたことを想定して行われました。市役所では、地震発生後、火災が発生したことを想定した避難訓練と災害対策本部の設置訓練が行われました。
 その後、奥入瀬川河川敷では、消防団による水防(土のう作成)訓練、崩壊土砂等撤去訓練、大型土のう設置訓練が行われました。
 続いて、市総合体育センター駐車場では、初期消火訓練、電気・ガス・水道施設復旧訓練などが、同メインアリーナでは、避難所開設・運営訓練などが行われました。
f0237658_13445980.jpg
災害対策本部設置訓練と被害状況偵察訓練の様子(場所:十和田市役所)
f0237658_13452693.jpg
救助・救出、救急搬送訓練(場所:十和田市役所)
f0237658_13455099.jpg
崩壊土砂撤去及び大型土のう設置訓練(場所:奥入瀬川河川敷)
f0237658_13461100.jpg
初期消火訓練(場所:市総合体育センター)。的確、迅速に消火しました。
f0237658_13510146.jpg
八戸消防本部の起震車で地震を疑似体験するみきの保育園の園児たちに安全を呼び掛ける小山田市長。
f0237658_13463041.jpg
炊き出し訓練(場所:市総合体育センター)。ハイゼックス袋を使った炊き込みご飯を披露。年々調理技術が向上し、おいしくなっています。
f0237658_13464835.jpg
応急給水訓練(場所:市総合体育センター)。組み立て式給水タンク1個で1,000リットルの水を供給できます。
f0237658_13470360.jpg
避難所開設訓練(場所:市総合体育センター)。避難者の受け付けをしています。
[PR]

# by towada-city | 2017-05-25 13:53 | Comments(0)

太素祭で稲生川上水を祝う

 5月3日~4日、太素塚や官庁街通りの春まつり特設ステージなどで、式典や春まつりのイベントがで開催されました。4日の太素塚式典では、三本木原の開祖・新渡戸傳翁(つとうおう)親子三代の偉業に、新渡戸家当主の新渡戸明さんや行政、産業界、町内会など大勢の関係者が敬意を表し、献花しました。
 また、官庁街通りの特設ステージでは市内小・中・高等学校3校の吹奏楽演奏のほか、琴・和太鼓演奏、神楽、フラダンス、流し踊り、伝統・民俗芸能発表、RABカラオケ選手権などが行われました。
 3日の稲生川の歴史をたどる「十和田ウォーク2017」では、大勢の市民が5㎞、13㎞、20㎞コースの稲生川沿いをウォーキングしました。13㎞、20㎞コースの参加者は、法量地区の稲生川取水口をスタート。川の流れを眺めながら数時間歩き、ようやくゴールの桜の広場に到着しました。
f0237658_16230494.jpg
f0237658_16234152.jpg
f0237658_16240449.jpg
4日は人工河川稲生川上水を祝う式典が行われ、新渡戸伝翁親子三代の偉業に関係者が感謝し献花しました。その開拓魂は市民のかがみとなっています
f0237658_16242338.jpg
吹奏楽演奏など多彩な催しで賑わった春まつり会場や特設ステージ
f0237658_16243551.jpg
稲生川沿いに楽しいウォーキング
[PR]

# by towada-city | 2017-05-16 16:25 | イベント | Comments(0)

県下シングルスソフトテニス選手権大会優勝を市長に報告

 5月10日、細田美帆(みほ)さん(十和田中・2年)と鶴田琳子(りんこ)さん(四和中・1年)らが、市役所を訪れ、小山田市長に4月23日に開催された平成29年度県下シングルスソフトテニス選手権大会において、それぞれU17(14歳以上、16歳以下)女子の部、U14(13歳以下)女子の部で、優勝したことを報告しました。
 細田さんは、中、高校生59人の選手が参加したU17女子の部で、予選リーグ、決勝トーナメント合わせて6回勝ち抜き優勝しました。鶴田さんは、小、中校生60人の選手が参加したU14女子の部で、予選リーグ、決勝トーナメント合わせて7回勝ち抜き優勝しました。
 細田さん、鶴田さんともに「6月に行われる中体連で東北大会・全国大会に行けるようにがんばりたい」と今後の抱負を語りました。
 小山田市長は「夢に向かって、これからもがんばってください」と激励しました。
f0237658_13052800.jpg
(写真左から)小山田市長、細田さん、鶴田さん、両名の出身クラブの十和田STC代表の宮腰優子さん、十和田中ソフトテニス部外部コーチの細田幸浩(ゆきひろ)さん
[PR]

# by towada-city | 2017-05-12 13:05 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)

対象鳥獣捕獲員の辞令が交付されました

 4月28日、十和田市役所で市鳥獣被害対策実施隊の実施隊員全78名のうち、68名に対して、対象鳥獣捕獲員の辞令が交付されました。
 今回の辞令は、実施隊員の中でも、狩猟、網または罠(わな)による捕獲などを実施する隊員を対象に交付されたもので、一般社団法人青森県猟友会十和田市支部小林春雄支部長が代表して、市長から辞令の交付を受けました。
 小山田市長は「これからクマの目撃情報も増えてくると予想されるので、市民の安全を守るためによろしくお願いします」と話し活躍に期待を寄せました。
 隊員を代表して辞令を受け取った小林支部長は「今年は昨年以上にクマが出没すると予想されますので、ご注意ください」と述べ、市民に注意を促しました。
f0237658_10485238.jpg
交付された辞令を披露(左から一般社団法人青森県猟友会十和田支部小山田繁博副支部長、同支部瀧内進副支部長、小山田市長、小林支部長、同支部関川明事務局長)
f0237658_10490791.jpg
市長から68名の対象鳥獣捕獲員を代表して辞令を受け取る小林支部長
[PR]

# by towada-city | 2017-05-01 10:49 | 防災・消防・震災 | Comments(0)

まちなか美術館「東の熊、青い森の幽霊」関連イベント 自分だけの世界を箱庭でつくろう

 3月26日、現代美術館でまちなか美術館「東の熊、青い森の幽霊」関連イベントとして講師に大久保ありさんを迎え、「自分だけの世界を箱庭でつくろう」と題して、参加者11人がそれぞれ自由な発想で箱庭づくりを楽しみました。
 製作前に講師の大久保ありさんから、「箱庭を作る際のルールとして、存在が不確かなものとしての幽霊をミニチュアなどの模型を使って入れ、布をかぶせるように」との説明があり、「この場合の幽霊は、おどろおどろしい幽霊ではなく、中性的な存在としての幽霊であり、それを自分自身として見立てること」との説明もありました。
 説明を受けて、参加者は思い思いの箱庭を作った後、それぞれの箱庭をどういう思いで作ったのかを発表しました。
 最近の自分を表す人、これからの未来の自分を表す人などさまざまで、十人十色の箱庭が表現されました。
 姉が北里大学生で山口県岩国市から母親と本市に遊びに来ていた西村和佳(わか)さん(玖珂小・6年)は、「難しかったけど楽しかったです。ボーリングの球を自分に見立てた満足のいく作品ができました」とうれしそうに感想を話しました。
f0237658_09561841.jpg
講師と一緒に楽しみながら箱庭を作りました
f0237658_09563331.jpg
箱庭の土台部分の発砲スチロール加工。どんな作品になるのか楽しみ
f0237658_09564859.jpg
真剣な表情で、ミニチュアなどを配置していきました
f0237658_09570592.jpg
布で覆われている幽霊に見立てた自分は何かな?
f0237658_09573075.jpg
最後に完成した箱庭をどういう思いで作ったのか発表しました
[PR]

# by towada-city | 2017-03-27 09:58 | ART | Comments(0)