十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 03月 10日 ( 2 )


そろそろ旅立ち 奥入瀬川のハクチョウ

 3月9日、まもなくこの地を飛び立つ白鳥が、羽を休めている国道102号中掫橋下の奥入瀬川から、付近の水田に行って落穂などをついばみ、旅立ちの準備を始めています。よく見ると、体の色は白色と灰色の2種類。白色は大人の白鳥、灰色は子どもの白鳥です。子どもが大人と同じ色になるまで2年ぐらいかかるといいます。
 白鳥は3月に本州各地の越冬地を出発して北海道に渡り、北海道で4月まで過ごした後、サハリン経由でロシア・アムール川下流域で滞在し、その後オホーツク海を越えロシア東部に上陸するといいます。そして内陸部をさらに北上し、5月にロシア・シベリア北東部の繁殖地である湿地帯に到着して、渡りを終えるそうです。奥入瀬川の白鳥も、繁殖地まで無事に飛んでほしいものです。
f0237658_10553823.jpg
       赤沼地区の水田で落穂をついばんだ後、飛び立つ若い白鳥


[PR]

by towada-city | 2017-03-10 10:59 | 散歩 | Comments(0)

春の訪れとともに新たな旅立ち ~北里大学学位記授与式~

 3月9日、市民文化センターで北里大学学位記授与式が行われ、獣医学科、動物資源科学科、生物環境科学科の学部生347人と大学院獣医学系研究科生21人に学位記が手渡されました。
 式で、伊藤智夫(ともお)学長は「北里柴三郎先生や大村智(さとし)特別栄誉教授も人のために働いてきました。皆さんも北里の精神を受け継いで、社会に出てからも人のために活躍してほしい」と式辞を述べました。
 卒業生を代表し、動物資源科学科4年の湯本遙(はるか)さんは「北里柴三郎先生の教えである『開拓』『報恩』『叡智と実践』『不撓不屈』の精神を胸に刻み、社会という荒波の中を果敢に進んでまいります。また、本学で学び、経験したことをこれからも社会で生かし、いつか、支えてもらった方々に恩返しができるよう、日々精進してまいります」と答辞を述べました。
 式終了後には、文化センター前で卒業を祝う在学生が、花束や記念品などを手渡し、卒業生に感謝の言葉を伝える光景が広がりました。
f0237658_09042613.jpg
獣医学科132人、動物資源科学科129人、生物環境科学科86人の学位記を、代表して各科の総代が授与されました
f0237658_09043493.jpg
BGMを交響学部の後輩が演奏し、式に華を添えました
f0237658_09044102.jpg
式辞を述べる伊藤学長
f0237658_09045163.jpg
答辞を述べる湯本さん
f0237658_09050957.jpg
式終了後、文化センター前では記念写真を撮る姿が見受けられました。卒業生の皆さん、社会に出ても北里の精神を忘れず頑張ってください!

[PR]

by towada-city | 2017-03-10 09:05 | イベント | Comments(0)