十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

三本木中学校、建設準備中

 6月5日、三本木中学校(伊藤宏校長)の新校舎建設による準備のため、図書館や中庭の池などの解体工事が始まることから、全校生徒442人が図書館や、45年前に卒業生が製作した大きな十和田湖形の池に別れを告げる「お別れ会」を行いました。
 生徒たちは、樹木の間に貼った数本のビニールテープに、思い思いの言葉を短冊に書いて下げ、同校シンボルの“明けの鐘”を鳴らして、これまでの歴史に感謝しました。生徒を代表して生徒会長の沼畑優弥(ゆうや)さん(3年)は、「先輩たちから引き継いできた池や庭ですが、これまでの歴史を大切にし、これからの歴史につないでいきます」と別れの言葉を述べました。
 中庭北側にはクジャク1匹が、同校「クジャククラブ」に飼われていましたが、飼育小屋も工事現場となることから、クジャクを飼っている社会福祉法人至誠会救護施設まことホーム(菅原学(すがわらまなぶ)寮長)に引っ越すことになり、5月23日、同クラブ35人でお別れ会を行いました。
 エサやり係の佐藤彩希(あき)さん(3年)と工藤伶虹(れいな)さん(3年)は、「いつも元気に鳴いてくれていたのに、いなくなるとさみしい。たくさんエサを食べて大きくなってほしい」とクジャクの成長を願っていました。
 三本木中学校の新校舎は、平成31年度に完成し引っ越しを終えて、翌年度の新学期からスタートし、旧校舎の解体も始まります。

f0237658_13023979.jpg

     45年前の卒業生が十和田湖をモチーフに製作した大きな池

f0237658_10503511.jpg
        飼育されていたクジャクも新天地に引っ越しました



[PR]

by towada-city | 2017-06-13 13:15 | 学校・教育委員会 | Comments(0)
<< 十和田支援会が中央病院に血圧計を寄贈 安全で安心な暮らしを守るため ... >>