十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

下切田小の全児童が田植えを行いました

 5月31日に、市立下切田小学校(成田和雄校長)の全児童14人が小学校近くの田んぼで、平成15年度から続く毎年恒例の田植えを行いました。
 この田植えを行う田んぼは、角田博さん・ヨシ子さん夫婦(切田字下切田)が場所を提供しているものです。田植えは、児童の保護者らが作業補助をするという形で、地域全体に支えられ、続けられてきました。
 15年間児童の田植えを見続けてきた角田さんは、「田植えを終えた後、登下校時に生育が気になって田んぼに稲を見に来る子どもたちの姿を見るのがうれしい。学校から協力の依頼がある限り協力していきたい」と笑顔で話していました。
 田植えを終えて、久保優香(ゆうか)さん(6年)は、「昨年よりも上手に植えることができました。協力してくれた角田さんや地域の人たちに感謝しています。今から収穫が楽しみです」と話し期待に胸を躍らせました。
 今後児童は、刈り取り、脱穀、もちつきなどの体験を1年を通して行っていきます。
f0237658_17045298.jpg
張られた紐(ひも)に沿って、規則正しく苗を植えていきます。
f0237658_17051033.jpg
3~5本の苗を3本の指でつまむというコツを講師の豊川恒雄さんから指導してもらう低学年の児童
f0237658_17052642.jpg
先生に苗を要求する児童。投げられた苗をキャッチできずに、田んぼに落として泥だらけになる児童もいました。
f0237658_17054493.jpg
田んぼに足をとられて転びそうになる児童もいました。
f0237658_17055784.jpg
田植えはあともう少しで終わりです。
f0237658_17061453.jpg
田植え後には、角田ヨシ子さんらが作った赤飯のおにぎりと漬物を、みんなで食べて楽しい時間を過ごしました。
[PR]

by towada-city | 2017-06-02 17:08 | 学校・教育委員会 | Comments(0)
<< 三浦道子さん、章志さん夫婦が市... 市民交流プラザ「トワーレ」来館... >>