十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

夢は技能五輪日本代表で、世界五輪に挑戦すること

 12月13日、県立十和田工業高校(濵中瑞洋(はまなかみつひろ)校長)電気科3年の斗沢宗弦(そうげん)さんが、第16回高校生ものづくりコンテスト全国大会の電気工事部門で2位に輝き、濵中校長や指導した電気科の沼内史好教諭、山端正智主任と市役所を訪れ、喜びを報告しました。
 大会は北海道ブロックを会場に行われ、電気工事部問は11月13日に各地区の代表者10人が出場して小樽市で行われました。競技は、施工図に従って2時間の制限時間内に作業板に屋内配線工事を行い、正確性などを競うものです。斗沢さんは、東北大会終了後、ほぼ毎日練習し腕を磨きました。
 「1年生の時、3年生の先輩が同部門で全国優勝したので、それに憧れてチャレンジすることにしました」と当時の決意を述べ、「大会当日は、練習の成果が出て、時間制限の5分前に完成しました」と喜びを語る斗沢さん。
 小山田市長は「全国2位は素晴らしい成績です。普段から学んで身に付けた技術が発揮された結果ですね」と斗沢さんを称えます。
 斗沢さんは、「将来、就職先でも技術を磨き、技能五輪で日本代表になり、世界五輪に出たい」と抱負を話すと、小山田市長も「さらに技術を磨いて頑張ってほしい」と期待を込めました。
f0237658_11130284.jpg
受賞の喜びを報告した十和田工高の皆さん。左から沼内教諭、斗沢さん、小山田市長、濵中校長、山端主任
[PR]

by towada-city | 2016-12-21 11:15 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< ミシュラン・グリーンガイド 奥... こそだて応援コーナー(キッズコ... >>