十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

青森県解体工事業協会県南支部と「災害時における建築物等の解体撤去に関する協定」調印

 12月13日、市役所で十和田市、(一社)青森県解体工事業協会県南支部の2者が「災害時における建築物等の解体撤去に関する協定」に調印しました。
 これは、本市において、災害が発生した場合や発生する恐れがある場合、相互に協力して行う建築物などの解体や災害廃棄物の撤去を、迅速かつ的確に実施することを目的とするものです。
 調印を終えて、小山田市長は「当市では、東日本大震災以降、これまでに日用品、通信などに関する応援協定を締結しておりますが、本日の協定の締結により、災害時における迅速な応急・復旧活動体勢が、より一層強化されることとなり、市民の安全・安心が確保され、安心して暮らせるまちづくりに大きな成果が得られるものと確信しています」とあいさつしました。
 続いて、同支部の竹田圭三県南支部長が「先の東日本大震災発生時も八戸市との災害協定に基づいて、まっ先に動きだし、がれき置き場の整理、倒壊家屋などの撤去などを行いました。被災家屋はすでにバランスを崩しており、解体にも相当な技術を要します。我々は常日頃から特殊なアタッチメントを装着した重機を操縦する優秀なオペレーターを有し、また解体施工技師会という現場に携わる現場監督たち中心の勉強会も実施しています。我々はその知識や経験を大いに活かし、いざという時には必ずや日頃お世話になっている市民の皆さまのお役に立てることと思っています。」とあいさつしました。
 本市と同支部との「災害時における建築物等の解体撤去に関する協定」は八戸市に次いで2例目の締結となりました。

f0237658_19403738.jpg
取り交わした協定書を披露(左から小山田市長、竹田県南支部長)
f0237658_19410133.jpg
(写真左から)青森県解体工事業協会理事県南支部副支部長赤石政雄、同協会副会長小野智史(ともふみ)、小山田市長、竹田県南支部長、同協会理事県南支部会員夏目正巳(まさみ)、同協会理事県南支部会員高村則夫(のりお)

[PR]

by towada-city | 2016-12-14 19:41 | 防災・消防・震災 | Comments(0)
<< 保育士の高橋美貴恵さん、作田昭... 点灯式で広場が青色の世界に >>