十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

第一中が修学旅行で十和田市の魅力をPR

 11月21日、第一中学校(新戸部一弘校長)の2年生らが市役所を訪れ、東京都ほかでの修学旅行で本市のPR活動を行ったことを小山田市長に報告しました。
 修学旅行初日の11月9日、同校2年生22人は、都内にある3つの本県アンテナショップ(あおもり北彩館、県特産品センター、北のプレミアムフード店)に分かれ、本市のPR活動「アモーレ十和田湖プロジェクト」を行いました。
 同校は、市の「日本一を目指した特色ある教育活動の推進事業」(平成26~28年度)と県教育委員会の「主体的に学ぶ学力向上推進事業」(平成27~28年度)、「郷土を愛する心を育てる学校支援事業」(平成28~29年度)の3つの指定事業を活用し、1学年からふるさと学習を行っており、2学年の修学旅行PR活動もその一環で行われています。
 生徒は、手作りのPRチラシを入れたポケットティッシュペーパーや観光冊子などを配布しながら、これまで学習してきた十和田湖やヒメマスの宣伝などを行いました。
 北のプレミアムフード店でPR活動を行った金沢未有(みゆう)さんは、「最初は声を掛けるのが怖かったけど、だんだんと笑顔で大きな声でできるようになりました。バラ焼きを食べていただきながら話をしたら、たくさんの人が来てくれてよかったです」と話しました。
 小山田市長は、十和田湖の質問を生徒にしたり、教えたりして「ふるさとについて学習し、工夫を凝らしてPRするという、とても良い経験をしましたね。将来県外に行っても、ふるさとを大事にしてほしい」と期待を込めました。
 同校では、ふるさと学習を継続し、2月に行われる立志式で未来のふるさとへの提言を行う予定です。
f0237658_16540923.jpg
小山田市長に手作りのポケットティッシュペーパーを見せて、PR活動の様子を説明しました
f0237658_16540537.jpg
市ホームページから好きな画像を申請入手し、生徒一人一人が考えたオリジナルのキャッチフレーズを付けたPRチラシをポケットティッシュペーパーに挟み込みました。一人20個計440個を配布しました
f0237658_16540147.jpg
(写真左から)中里雄太教諭、県特産品センターグループ代表の戸舘悠斗さん、小山田市長、あおもり北彩館グループ代表の折田瑛菜(あきな)さん、北のプレミアムフード店グループ代表の金沢未有(みゆう)さん

[PR]

by towada-city | 2016-11-21 16:55 | Comments(0)
<< 認知症の知識と日常生活をコミカ... 三本木小がふるさとの歌「たから... >>