十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

栃木県真岡市と「災害時における相互応援に関する協定」調印

 11月11日、十和田市役所で十和田市、栃木県真岡市(もおかし)の2市が「災害時における相互応援に関する協定」に調印しました。
 これは、両市において、災害が発生した場合、相互協力の友愛精神に基づき、相互に応援することを目的とするもので、当市にとって応急措置等を円滑に遂行することにつながります。
 今回の協定に至った両市のつながりは、少年サッカーにおける交流で、約30年前から両市で開催されている大会にホームステイも含めた試合への参加が行われていたということがあります。
 調印を終えて、小山田市長は「距離的にも離れているため、災害時に同時に被害を受けることは少ないと思われ、助け合えるため、両市民の安全・安心な生活につながると思います」とあいさつしました。
 続いて、井田隆一真岡市長が「平成23年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受けた時に、当時災害時の応援協定を結んでいた埼玉県桶川市と新潟県阿賀野市が、いち早く救援物資を持ってきてくれました。あの当時のことを思い出すと感極まります。災害にあったときに協定を結んでいる自治体から手を差しのべてもらえることは嬉しいことです。こうした災害時の応援協定を十和田市と結ぶことができて嬉しく思います。距離は遠いですが、遠ければ遠いほど協定を結んだ市のことを常に気にかけていくことができます。これからもよろしくお願いします」とあいさつしました。
 協定締結を機に、今後とも両市の友好を深め、有事には相互に応援し、連携を深める体制の構築をしていくことになります。
f0237658_08441256.jpg
取り交わした協定書を披露(左から小山田市長、井田真岡市長)
f0237658_08442121.jpg
調印後握手する両市長
[PR]

by towada-city | 2016-11-14 08:44 | 市政の動き | Comments(0)
<< 三本木小がふるさとの歌「たから... 文化でまちづくり 第47回十和... >>