十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

高校生による不思議で楽しい科学体験

 9月17日、三本木高校(長者久保雅仁校長)で、小学生のための科学体験教室「とわだハイスクールフェスティバル」が行われました。この教室は市教育委員会が主催し、同校のほか三本木農業高、十和田工業高、十和田西高の協力で開催されるものです。
 同校ではサイエンスコースの生徒10人が講師となり、市内の小学生23人に、「科学でお絵かき」や「カチャカチャ発電」など、お絵かきや発電機工作で体験学習を提供しました。
 10人の生徒が6班に分かれて児童の傍らに付いて始めた「科学でお絵かき」は、用意された白い紙に児童が透明な液を筆に着けて書くと、字が浮き出て、それにスプレーを吹きかけると消えてしまうというものです。
 峯田駿哉くん(東小6年)は、「字が浮き出て紫色になるのは不思議」と首をかしげていましたが、ほかの児童も同様です。高校生の加藤ゆめみさん(2年生)たち講師が、「どうして色が着いたか、みんなで話し合ってみよう」と促すと、児童は熱心に話し合っていました。高校生から「ヨウ化物イオンやオキシドールでの反応です」と結果を聞くと、児童はいっせいに納得した様子でした。
 このあと、振動で発電する「カチャカチャ発電」工作が行われ、児童は楽しい実験で科学の不思議さを学びました。
f0237658_13305725.jpg
f0237658_13311261.jpg
科学を通して、児童は自分の頭でものを考え、創造していく能力を養う。

[PR]

by towada-city | 2016-09-23 13:31 | 学校・教育委員会 | Comments(0)
<< アッパーズが黒にんにくパワーで... 救急看護師一日救急隊長 >>