十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

西小学校児童「沼袋の水」に学ぶ

 6月28日、市名水保全対策協議会(竹島勝昭会長)と名水地を守る赤沼町内会、西小学校(高松純一校長)が、西小学校3・4年生を対象に「平成の名水百選『沼袋の水』次世代に引き継ぐための自然環境体験学習」を行いました。
 講師に北里大学生物環境科学科講師の柿野亘(わたる)さんを迎え、最初に教室でプリントを使って「沼袋の水」に生息する生物や環境について学びました。町内会のかたがたが、「沼袋の水」は、昔はもっと水が豊富で、クレソンを取りに行くと「トゲッチョ(トミヨ属淡水型の魚)」がたくさんいたこと、古くからお祈りする場所として地域の人に敬われていたことなどを話すと、児童は感心した様子を見せました。
 その後、実際に「沼袋の水」に向かい、3年生は網を使って水生生物を採取、4年生は水質を調査するフィールドワークを行いました。
 3年生は、「うわっ!大きなトゲッチョ」、「沼袋に貝があるなんてすごい!」とあちらこちらで声を上げ、網に入った水生生物に目を輝かせました。4年生は、水質を科学的に分析して酸素の大事さを学んだあと、水生生物の採取を行いました。宮本日和(ひより)さん(4年生)は、「雄雌の見分け方や、沼の中の植物を知ることができてうれしかったです。沼袋の水はきれいだと感じました」と感想を話し、自分たちの地域で守り続けている「沼袋の水」を通して、生物の多様性や水資源環境保全の大切さなどを学びました。 
f0237658_10222404.jpg
3年生のフィールドワークの様子
f0237658_10222700.jpg
「入っているかな~?」
f0237658_10221929.jpg
珍しいトウホクサンショウウオが採れて、3年生は大興奮
f0237658_10222999.jpg
4年生のフィールドワークの様子
f0237658_10221742.jpg
水を採取してPHをはかりました
f0237658_10222204.jpg
青森県に多く生息するヤマアカガエルの解説に児童は興味津々です。
この日、生徒らが採取した水生生物は、全て沼に戻しました

[PR]

by towada-city | 2016-06-29 10:34 | 学校・教育委員会 | Comments(0)
<< 晴れやかに開催~とわだストリー... 南小6年生が修学旅行でとわだ産... >>