十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

平成28年度のB-1グランプリ 東京の臨海副都心で開催

 6月6日、愛Bリーグ(ご当地ぐるめでまちおこし団体連絡協議会)副会長の畑中宏之さん(十和田バラ焼きゼミナール“舌校長”)が、今年のB-1グランプリが12月にスペシャルバージョンとして、東京都の臨海副都心で開催決定され、バラ焼きゼミナールも同大会に参加することを市長に報告しました。B-1グランプリを臨海副都心で開催することによって、地方の魅力を中央で発信し、地方創生にも役立てようとするのが同大会のねらい。バラ焼きゼミナールはすでにグランプリを獲得して殿堂入りしているため、今回は昨年十和田大会で好評だった、ごみ回収ボランティア「ごみいただき隊」を参加させて大会を盛り立てるといいます。畑中さんは「“ごみいただき隊”が大会運営を手伝うことで、十和田市の“人”をPRできます。また、焼山温泉郷の温泉をタンクローリーで会場に運び、“足湯場”を設けたり、奥入瀬渓流のこけをモチーフにした“苔(こけ)玉”を作ったり、本市への定住希望者には相談コーナーを設けたりすることで十和田市を大いにPRしたい」と意欲を燃やしていました。
f0237658_16135256.jpg
「十和田バラ焼きゼミナールは“十和田市”の名を売ります」と意欲いっぱい
f0237658_16121720.jpg
「市長にもぜひ東京の大会に、ぜひ来ていただきたい」と畑中さん







[PR]

by towada-city | 2016-06-23 16:15 | 報告・受賞・贈呈 | Comments(0)
<< 市民の命を守る消防団 観閲式で... 未来の科学の夢絵画展 文部科学大臣賞 >>