十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

市文化協会、市民文化祭実行委員会 熊本地震災害義援金を日本赤十字社へ寄附

 6月1日、市文化協会(川崎富康会長)と市民文化祭実行委員会(田中信会長)は熊本地震災害への義援金として、5万円を日本赤十字社(青森県支部十和田市地区区長・小山田市長)へ寄附しました。

市文化協会は、10個人、46団体1,322人で構成され、文化と芸能を志して活動している団体で、主に市民文化祭での学習成果の発表や、官庁街通りの野外芸術館事業(短歌、俳句、川柳161基の石彫板埋設)を行っています。また、市民文化祭実行委員会は、市民文化祭をこれまで27回開催し市の文化向上と活性化に尽力している団体です。

今回の義援金は両団体が東日本大震災時に義援金を受けた経緯があるため、年度初めの総会で参加者から募ったものです。

同協会と同実行委員会の事務局長日野口茂さんと同次長の奥山紘さんは、義援金を市長に受け渡した後、「今年度の市民文化祭は日程の都合で3日間から2日間に短縮されますが、精一杯取り組みたい」と文化祭の日程を話すと、市長は寄付のお礼とともに、「短い期間でも工夫して文化祭に取り組んでほしい。北里大学獣医学部の学生も大勢参加させてほしい」と激励しました。

f0237658_09574148.jpg

「総会で熊本地震災害への義援金を集めました」と日野口事務局長(中)と奥山事務局次長(左)





[PR]

by towada-city | 2016-06-06 11:31 | 寄付 | Comments(0)
<< 武士道のこころ学ぶ 寺子屋稲生... 日本一本好きの子どもがあふれる... >>