十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本一目指す法奥小学校 「ふるさとクリーンウォーク」

 5月2日、法奥小学校(蛯名祐一校長)では、市の推進する「日本一を目指した特色ある教育活動」のため、環境教育の「ふるさとクリーンウォーク」を行いました。この活動は、児童が十和田湖国立公園80周年にちなみ、郷土の良さを再認識する機会もかねています。
 1、2年生は学校から用水路沿いの道を1列に並んで、ろまんパークを終点に往復4キロメートル歩き、ごみ拾いをしながら、体力づくり、地域の観察、交通安全を学びました。
 3年生から6年生は、十和田湖の水の役割や郷土の自然と歴史を調べるため、ごみ拾いをしながら、奥入瀬渓流の石ヶ戸から子ノ口までの距離を、各学年に合わせて歩きました。その後、子ノ口から休屋までは遊覧船で移動し、到着した休屋では十和田湖小学校の児童と交流し、ごみ拾いなどの「クリーン作戦」や、体力づくり、見学学習などを行い汗を流しました。
 奥入瀬渓流の石ヶ戸から雲井の滝まで歩いた3年生の村中香音(かのん)さんと白山怜苺(れも)さんは、「ごみを拾いながら歩いてきたが、たばこの吸い殻がちょっとあったぐらいで、あまり汚れていなかった」「渓流沿いで5、6センチのイワナやヤマメの稚魚も放流しました」などと楽しそうに話していました。
 3年生の担任教諭・竹内大樹(ひろき)さんは「法奥小の大きなイベントです。運動会に次ぐ大きな行事なので、毎年みんなが楽しみにして活動しています」と、うれしそうに話し、日本一の教育活動になるよう意欲を燃やしていました。
f0237658_08452343.jpg
全校一斉に清掃活動。3~6年生は奥入瀬渓流沿いを歩き、子ノ口までごみ拾いと自然学習。
f0237658_08452558.jpg
1、2年生は法奥小学校からろまんパークまでごみ拾い。
[PR]

by towada-city | 2016-05-06 08:48 | 学校・教育委員会 | Comments(0)
<< 稲生川沿いを歩こう! 十和田ウ... 春祭りスタート!にぎわう官庁街 >>