十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

“スタートは気付きから“発達障害の可能性のある児童らに対する支援のパンフレットができました

 4月14日、『発達障害の可能性のある児童生徒に対する早期支援研究事業運営協議会』の高木守雄副会長(ちとせ小学校校長)と高松純一副会長(西小学校校長)が教育委員会を訪れ、『通常学級に在籍する発達障害の可能性のある児童生徒に対する早期支援のためのパンフレット』が完成したことを米田教育長に報告し、パンフレット500部を贈呈しました。
 このパンフレットは、文部科学省の委託を受け、平成26年から27年の2年間、ちとせ小学校、西小学校、甲東中学校を指定校とし、通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある児童生徒の学校生活での困難を軽減・解消していくためにどのような支援が必要なのかを明らかにしていくことを目的に行われた研究事業の成果品で、日々忙しく仕事をしている先生方にも目を通していただくために、研究成果を絞り、重要な項目を厳選してまとめています。
 高木副会長らは「先生方は研修などを積んでいますが、実務では戸惑いも多くあります。この研究事業を通して、専門アドバイザーからアドバイスを受けたり、直接、発達障害の方々と話したりして、どう悩んでいるか、つまずきの発見など、発達障害に対し理解を深めることができました。大変いい機会となりました」と話しました。
 米田教育長は、「とても分かりやすく、素晴らしいパンフレットをありがとうございました。市内小中学校の全教員に配布し、発達障害への理解を深め、日頃の指導に反映していきたい」と期待を寄せました。
 このパンフレットは、各学校や幼稚園、保育園の先生がたへ配布する予定です。関心のある方はお問い合わせください。
 お問い合わせ先 十和田市教育委員会指導課 ☎0176-72-2309
f0237658_18031342.jpg
 パンフレットを贈呈した高木副会長(ちとせ小学校校長・写真左)と米田教育長(写真右)
f0237658_18030910.jpg
 このパンフレットは、5つの項目で構成しています。
①発達障害の理解
②発達障害の可能性のある児童生徒の早期発見から支援までの校内支援体制
③通常学級での支援を 教室環境の工夫・授業の工夫・学級経営の工夫 の3つの視点で構成
④保護者への支援のあり方
⑤一貫した支援を行っていくための『個別の教育支援プラン』作成のすすめ

[PR]

by towada-city | 2016-04-15 18:03 | 学校・教育委員会 | Comments(0)
<< 湖上から新緑を楽しむ~十和田湖... 「あなたも参加 わたしもやりま... >>