十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『がっこう⇔ゲンビ おでかけバス』出発!

 2月10日、市現代美術館で『がっこう⇔ゲンビ おでかけバス』が開催され、西小学校(高松純一校長)4年生が同館を訪れ、鑑賞と創作のワークショップに参加しました。
 これは、同館の活動に賛同した一般の個人・法人による『十和田市現代美術館パートナーズ』が主催し、同会会員の会費により行われる事業で、同館を活用して仲間とともに鑑賞を深める楽しさや創作の喜びを体験することを目的に行われています。
 西小学校4年生30人は、同館が手配したバスで到着。案内してくれる同館職員に「お願いします!」と元気にあいさつをして入館しました。
 作品鑑賞で、児童らは、スタンディング・ウーマン(ロン・ミュエク作)を見上げ、「おーっ!」と歓声を上げました。そして「このおばちゃんは何歳かなぁ?」、「足は僕の4倍はあるよ」、「きっとずっと立ったままで疲れてるんじゃないかな?」などと想像を広げました。
 その後は、透明の傘にビニールテープを貼り、オリジナルの傘を作成するワークショップを行いました。個性的な作品が出来上がり、児童らは大満足。互いに作品を見せ合いました。
 杉山翼くんは「でっかいおばさんの顔とか体をじっくり見ることができて楽しかったです。傘も上手にできました。今度は家族と来たいです」と話しました。
f0237658_17041212.jpg
作品(スタンディング・ウーマン)を見上げ、じっくりと鑑賞します
f0237658_17041352.jpg
「おっきな足だなー」
f0237658_17042214.jpg
「私の手の何倍?」興味津々です
f0237658_17041790.jpg
ワークショップの様子
f0237658_17041569.jpg
自分の名前を入れたり、好きな模様を付けたり、作業に集中します
f0237658_17042124.jpg
水尻莞颯(いぶき)くんの力作『さくら』です。春はもうすぐですね

[PR]

by towada-city | 2016-02-12 17:06 | ART | Comments(0)
<< 細田美帆さんらが「東北小学生イ... 平成27年度十和田市体育、スポ... >>