十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

現代美術館企画展『地霊(ちれい)』始まる

 1月30日から、市現代美術館で企画展『地霊―呼び覚まされしもの~東川賞(ひがしかわしょう)コレクションより~』が始まりました。
 北海道東川郡東川町は、昭和60年に『写真の町』を宣言し、毎年夏に『東川町フォトフェスタを開催。それに伴い『写真の町東川賞』(以下、東川賞)を制定し、30年以上にわたり国内外の写真作家を表彰し、その作品を展示、収集しています。
 同展は、東川町の協力を得て、国内外の写真家20人の東川賞受賞作品約120点を、土地固有の守護精霊『地霊』をテーマに、第1部『生と死をつなぐもの』、東川町民の生活を映し出した第2部『土地と暮らし』、儀式がテーマの第3部『精霊との交歓』の3部門に分け、展示しています。
 同展ゲストキュレーターで写真評論家の飯沢耕太郎さんは、「親しみやすい写真や、現実と幻想の世界を行き交うような写真などさまざまな写真が展示されています。作品の世界を一人一人味わって楽しんでください」と話しました。
 同展は、5月15日㈰まで開催されます。

同展関連企画
●3月12日㈯ ポートフォリオ・レビュー 講師:飯沢耕太郎
●4月9日㈯ 青森県を代表する写真家・小島一郎について語る
 ゲスト:高橋しげみ(青森県立美術館学芸員)×モデレーター:飯沢耕太郎
●4月23日㈯ 北海道『写真の町』東川町の取り組み
 ゲスト:吉里演子(東川町職員)

お問い合わせ 十和田市現代美術館 ℡0176-20-1127
http://towadaartcenter.com/web/towadaartcenter.html

f0237658_18592621.jpg
f0237658_19015867.jpg


[PR]

by towada-city | 2016-02-01 19:02 | ART | Comments(0)
<< 正しいウォーキングで爽快に! ... 南ミニバススポーツ少年団が2年... >>