十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

寺子屋稲生塾の今年度最終講座と閉講式が行われました

 11月14日、市民文化センターで「寺子屋稲生塾」(小山田久塾長)の今年度最後の講座『「道」の心は武士道の心(書道&茶道体験)』が行われ、終了後に閉講式が行われました。
 稲生塾は、次代を担う人づくりを目的に、講話・体験・交流を通して道徳心などを育むもので、市教育委員会が主催し、今年で6期目となります。
 今年度最終の講座は書道と茶道の体験をしました。書道講座は大山祐子(ゆうこ)講師から「上手に書こうと思わないでください」とアドバイスを受け、伸び伸びとした書道を体験していました。茶道講座は玉掛靖(せい)講師から茶道と武士道の関わりを教わった後に茶道の作法の指導を受け、和菓子とお茶をいただきました。武士道の心を学んできた塾生は礼儀正しい振る舞いで受講していました。
 講座に引き続き、平成27年度第6期寺子屋稲生塾の閉講式が行われました。
 修了証が渡された48人の塾生のうち、皆勤賞は8人で、全6回のうち5回以上の講座に参加した塾生には太素塚の間伐材でつくられた木札が渡されました。
 皆勤賞をもらった南舘咲良(さくら)さん(東小・6年)は「最初は緊張しましたが、次第に友達もでき打ち解けることができました。初めて話す人とも仲良くなれて毎回参加するのが楽しみでした。なかでも思い出深い講座はまち探検です。グループを組んで知らなかった十和田のことを学んで新聞づくりをしたことが勉強になりました。来年も参加したいです。」と受講の感想を述べました。

f0237658_15181009.jpg
全講座を終了し、塾生全員で記念写真です
f0237658_15190354.jpg
思い思いの字を書き進めます(書道体験)
f0237658_15193484.jpg
真剣な表情で色紙に自分の印を書いています(書道体験)
f0237658_15201051.jpg
習った作法を実践しました(茶道体験)
f0237658_15204221.jpg
お茶碗の正面をずらすという作法を教わっています(茶道体験)
[PR]

by towada-city | 2015-11-16 15:23 | 学校・教育委員会 | Comments(0)
<< 建物が動き出す!?プロジェクシ... 進む新庁舎建設!  新庁舎基本... >>