十和田市ブログ 「駒の里から」


十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

新しい急速冷凍設備で、いつでもおいしい「十和田湖ひめます」を供給します

 8月5日、十和田湖増殖漁業協同組合の小林義美組合長らが市役所を訪れ、十和田市も支援して導入したヒメマスの急速冷凍設備が6月中旬から順調に稼働していることを小山田市長へ報告しました。
 ヒメマスは十和田湖が誇る特産ですが、漁期が限られ、不漁の時期もある安定供給できない食材でした。このヒメマスを、多くのかたに届けようと、市は同組合の冷蔵設備の更新に支援しました。
 この日、小林組合長らは急速冷凍処理し3週間保存したヒメマスと、当日朝に水揚げしたものを持参しました。冷凍か生かを伏せられた2種類の刺身を食べ比べした小山田市長がより美味しいと選んだのは冷凍保存したものでした。「遜色なく、むしろ食味が良いと感じる」と話し、現在のヒメマスの漁獲量や、1年保存してもおいしいという設備の性能について説明を受けました。
 小林組合長は「首都圏のレストランからも引き合いがあります。おかげさまで、いつでも刺身で味わえるものを提供できるようになります」と話し、販路の拡大に意欲を見せていました。
 今年1月に地域団体商標に登録された『十和田湖ひめます』。7月13日には、同組合をはじめ、市など10団体で「十和田湖ひめますブランド推進協議会」を設立しました。今後、『十和田湖ひめます』のブランド力を高め、十和田湖観光の振興の取り組みを強化していきます。
f0237658_8422062.jpg
説明する小林組合長(右から2人目)と佐々木一郎理事(その隣)
f0237658_8425932.jpg
漁に使用する網目を工夫して、適切なサイズのものを漁獲します。水揚げしてすぐに内臓を処理して急速冷凍されたヒメマスは、氷水で解凍させると良いそうで、家庭でもおいしくいただくことができます
[PR]

by towada-city | 2015-08-10 08:44 | とわだ産品・農業 | Comments(0)
<< 新庁舎建設に関する市民説明会を... きれいな川を守り続けよう~奥入... >>