十和田市ブログ 「駒の里から」


「感動・創造都市」十和田市から生活や風習、イベント情報を発信します。
by towada-city
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
返信が遅れて申し訳ありま..
by towada-city at 13:53
大変失礼いたしました。修..
by towada-city at 14:51
第1回全国パークゴルフ十..
by ka2(カツ) at 10:40
官庁街の花壇(?)に花が..
by かけはしコロちゃん at 08:56
オリンピック選手目指して..
by 桜田ひろゆき at 18:16
十和田市公式サイト
十和田市公式サイト
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

上北建設と田中建設企業グループが寄附

 7月28日、上北建設㈱の田島一史(かずし)代表取締役社長らが市役所を訪れ、少年少女発明クラブの創作活動費に活用してほしいと現金10万円を寄附しました。
 この寄附は、上北建設の発明品である道路工事や交通規制などで活躍する体感マット「ピタリング」の売り上げから行われました。
 田島代表取締役社長は「特許をとる子どもたちが増えるといいですね」と、少年少女発明クラブの子どもらにエールを送りました。
 また、同日、田中建設㈱の田中大文(だいぶん)代表取締役専務らが市役所を訪れ、十和田市子ども夢チャレンジ基金に活用してほしいと現金337,400円を寄附しました。
 この寄附は、田中建設企業グループ(田中陽一会長)がチャリティーゴルフコンペの参加者から寄附を募ったものです。
 田中代表取締役専務は、市内の子供らがスポーツや文化の大会で目覚ましい活躍をしていることに触れ「今後もさまざまなかたちで地元に貢献していきたい」と話しました。
 小山田市長は「大事に使わせていただきます」と、両団体にお礼を述べました。
f0237658_16075592.jpg
田島代表取締役社長(写真左)、小山田市長、十和田市少年少女発明クラブ佐々木忠一会長(写真右)
f0237658_16080209.jpg
小山田市長に目録を手渡す田中代表取締役専務

[PR]

by towada-city | 2015-07-28 16:08 | 寄附 | Comments(0)
<< 互いに学習しながら交流を結ぼう... 下切田小学校の児童らが「第50... >>